「Abe, you killed Haruna!…Don't let Abe also kill me」後藤健二さん 日本語訳全文

Abe, you killed Haruna! 
150125_isis.png

画像が見えないようにYoutubeを小さくしてみました。
↓ ▷をクリックすると音声が聞こえます。





【湯川遥菜さん殺害か】後藤健二さんとみられる男性の声明全文
The Huffington Post  2015年01月25日 03時50分

私は後藤健二。
お前たちが見ているのは、私と共に拘束された遥菜がイスラムのカリフが支配する地で無残に殺された写真だ。

お前たちは警告を受け、期限を与えられ、人質には言葉通りの決定が下された。

安倍、お前は遥菜を殺した。
お前は人質への脅迫を真剣に受け止めなかった。
そしてお前は72時間以内に行動しなかった。

妻よ、愛している。
2人の娘に会えず寂しい。どうか、安倍に私の場合にも同じことをさせないでほしい。
あきらめないでほしい。
あなたは家族、友人、そしてインデペンデント・プレスにいる私の仲間たちと共にいる。
我々の政府に圧力をかけ続けなければいけない。

彼らの要求はより簡単になった。
彼らは今も公平だ。彼らは金を求めていない。だからテロリストに資金を渡す心配をする必要はない。
彼らが望んでいるのはだだひとつ、収容されているシスター、サジダ・アル・リシャウィの解放だ。

簡単なことだ。
お前たちは彼らにサジダを引き渡せば、私は解放される。今こそ可能なのだ。
そして我々の政府の人間は実際に目と鼻の先にいる。どんなふうに? 
我々の政府の代表が皮肉にもヨルダンにいる。
この場所はシスターのサジダがヨルダン政府によって囚われの身となっている。

もう一度言おう。
強調したいのは、私の命を救うことがいかに簡単か、ということだ。
お前たちがシスターをヨルダン政府から彼らに戻せば、私は即座に解放される。
彼女のために私がいる。

妻よ、これはおそらく私のこの世で最後の時間となるかもしれない。
そして、私は死者となるだろう。
これをあなたが聞く私の最後の言葉にしないでほしい。私も安倍に殺させないでほしい。





関連記事

コメント

非公開コメント

この録音後藤健二さんの声だとは思わないです。
外国人の英語の発音のよう思います。

為替感覚少し鈍くなっているので2億$・・300億円足らずかと、実際はこの間エジプトヨルダンイスラエル等々に3000億円渡していて、事に及んで慌てて人道援助だと取り繕っていますが、外遊に武器三原則を利権で取り払い国内の武器生産取扱業者を50程度を引き連れているとは、既にイスラム情報収集にバレバレでしょうから。急遽本部長に派遣したのがイスラエル有効議員団の中川らしい、イスラム側からすると敵対勢力です、高村副総裁というアホも早々と金なんか払わんと敵愾心丸出し発言で、こういう場合の交渉心得など無知だということに、心底呆れました。

うっかり国際線どころか国内線の飛行機にも搭乗する気持ちになんかなれません。アベやこんな連中に命も財産も家族も預けることなど出来ませんよ。こんなの選んだ選挙民だけで被害を負担する社会システムのアイデアってないんでしょうかね。

日米安全保障協議委員会(「2+2」)とか日米ナンとか委員会とかでこういう場合はこうで原発はああで沖縄は其れでとか決めているのでしょうが、日本人の権利は蚊帳の外だと視ていますが、これはもう早く日本人は国民をやめて人民に成長発展する手立てを取らないとますます奴隷かなんぞ扱いが強まる昨今だと考えています。

フォント大きくして頂いて最近はご努力を読みやすくなっています。どうも。

https://www.youtube.com/watch?v=dFZ_ugth3ZU
このユーチュブ見て集団的自衛権がこのテロ事件でで本当に通りそうだなと思いました。

ISIS=Islaeri Secret Intelligence Serviceであるのは相当知れ渡ってきましたが、中東にISISが独立国家を作ろうとしている.....ISISが中東に広域にわたる国家をでっち上げた後に、米・イスラエルが本格的に軍事介入してISISを殲滅、乗っ取る。「民主国家」を標榜した統合国家がねつ造される。イラク・アフガン乗っ取り方式ですね。
その名は.....「大イスラエル」。ISIS=大イスラエル計画だったんですね。ユダヤ人たちが、今、着々と進めている大イスラエル帝国の建設
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_133.html

後藤さん、無事にお帰りになると良いですね。
湯川さんは、本当にお亡くなりになっているのでしょうか?
ご遺体が家族に確認されるか、日本に帰ってくるまでは、生きていることを前提にしたいです。
昔日本人が海外で誘拐され、指が切り落とされたとする写真が出ました。
でも、彼が解放された時、ちゃんと全部の指が有りました。
その誘拐事件は、凄く怖かったけれど、指が無事なのを見て、アー良かったと安心した覚えがります。
安倍首相や政府の方々は、湯川さんが亡くなられているかのような態度行動をとっているように垣間見えます。
最後まで自国民を保護する気合と胆力を見せて欲しいです。
すぐに諦めて、自衛隊~~~って、戦車に乗って喜んでいた写真を思い出し、軍事ごっこがしたいように見えて、残念です。
それにしても、アラブ・イスラムから好感をもたれていた日本が、どうしてこうなってしまったのでしょう。