スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<後藤さん拘束>「選挙に影響が…」外務省が口止め!・遺体引き取りまで拒否&外務省が「渡航中止を要請していた」だって?

後藤健二さん 外務省が妻にしていた「総選挙12日前の口止め工作」
女性自身 2月3日(火)0時0分配信

 テロ組織『イスラム国』に人質となっていたジャーナリスト・後藤健二さん(47)の殺害が公表された。 イスラム国を訪れたこともあるジャーナリスト・常岡浩介氏が言う。

「遺体の返還はこれまで例がありません。イスラム国は、遺体に“身代金”を払うよう要求してきたこともあります」

 殺害を受け、後藤さんの妻は、夫を「誇りに思う」との声明を発表した。妻は、幼児2人を抱えながら独立行政法人で働く、東大大学院修了のキャリア女性だ。12月2日に夫の拘束をイスラム国からのメールで知って以来、彼女は苦難の日々を過ごしてきた。だが、常岡さんは重大な情報を本誌に明かす。

「この12月2日という日は、衆議院総選挙の告示日でした。12月14日が投票日ですから、その12日前という状況です。じつはこのとき、外務省が後藤さんの奥さんとシリア人の現地ガイドに、厳重に“口止め”をしていたのです」

 選挙直前に“日本人人質事件”が発覚すれば、選挙に影響が――。万一にも事件が表沙汰にならないよう、外務省が口止めをしていたというのだ。

「奥さんは子供を守るため、もともとメディアにさらされたくないとは思っておられましたが、外務省からの“口止め工作”について、現地ガイドがはっきりと証言しています。外務省は『後藤さんを守るためだ』と言ってきたそうですが、選挙前にこの話が出たら、安倍首相にプラスにはなりません。譲歩して助けても、助けられなくても批判されますから。でも、選挙前に拘束の事実が明らかになっていたら、日本政府はもっとまじめに助けていたかもしれませんね」

 政府による後藤さんの救出活動に問題はなかったのか。これからその検証が始まるーー。









酷すぎる!
日本政府は遺体引き取りについてまでも拒否!



後藤さんら遺体引き取り「困難」…菅官房長官
読売新聞 2月2日(月)22時42分配信

 菅官房長官は2日の記者会見で、イスラム国に殺害されたとみられる後藤健二さん(47)と湯川遥菜(はるな)さん(42)の遺体の引き取りは困難との見方を示した。

 菅氏は会見で「イスラム国はテロ組織で、話の通じる集団ではない。他国だって(遺体の引き取りが)出来ていない」と語った。

最終更新:2月2日(月)22時42分読売新聞





突然今日から報道され始めた
外務省が3回にわたって渡航中止要請?



後藤健二さん:世耕氏「外務省が計3回、渡航中止を要請」
毎日新聞 2015年02月02日 23時08分(最終更新 02月03日 10時39分)

 ◇BSフジで明らかに

世耕弘成官房副長官は2日、BSフジの番組で、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)に殺害されたとみられる後藤健二さんに対し、外務省が昨年9〜10月に計3回、シリアへの渡航をやめるよう要請していたことを明らかにした。

政府関係者によると、後藤さんの渡航計画を把握した同省は電話で2回、直接面会して1回、渡航中止を求めたという。しかし、後藤さんは10月末にシリアに入国した後、行方不明になった。これに関連し、世耕氏は「命を守れなかったのは政府の責任だ。自己責任論には立たない」と述べた。【高橋克哉】






真実はどこに?

と、…あなたは思いますか?




<外務省とNHK>後藤健二さんはNHKのイスラム国への潜入取材直後に拘束されていた。
予めイスラム国側と打ち合わせて準備が整っていて、複数の支援者がチームで動き、何から何までお膳立てができていなくては、とても時間内にこなせない作業であり、行き当たりばったりの単独行動で消化できる仕事量ではない。当然、後藤健二にミッションを依頼した者が、巨額のカネを出し、イスラム国側と綿密なネゴをし、全体のプランを組んで組織的にプロジェクトを動かしていたと考えられる。後藤健二は、その組織的な動きの実行要員であり、任務を請け負って派遣された者(政府工作員)なのだ。
このプロジェクトを企画して後藤健二を潜入させたのは、外務省であり、外務省とNHKの大がかりな共同事業だったと私は推測する。





関連記事

コメント

非公開コメント

そうなんですよね、外務省が渡航中止を要請ってあまりに突然出てきてびっくりしました。外務省、政府は何もしてないわけじゃありませんという言い訳と自己責任論へ誘導したいだけだと思います。

安倍のブッシュ並みの反応や高村の冷血ぶり見て何とも悲しくなりました。

亡くなられた人間に対して、
生きている人間は
何とでも
言えますよね。

この日本で、
あまりにも命が軽視されている。
これが今の安倍政権。

遺体引き取り拒否って????
昔のものを読んでいると、遺体を動かせない場合、遺髪だけでも持ち帰ると言うようなことが描かれている。
遺体引き取り拒否とは、日本人の心情としてあまりにも異常なことである。
遺体返還を要請しないと言うことは、湯川さん後藤さんは生きているとも、推測される。
整形し、別の名前と戸籍を用意され、官房機密費から億の金を渡される・・・。
スパイ小説の読みすぎではない。
東洋のマタハリは死刑になったとなっているが、遺体は別人だったとの説は私の目に入るほど強い。
そもそも、事実は小説より奇なり。あまりに突拍子もなく普通に暮らす人には信じてもらえないので、普通の人が信じられるくらいに事実を緩めて書いているのが、小説と言えるくらいだ。
原発事故当初、炉心溶融していないと、マスコミ・学者が言いつのっていたことを、私ははっきり覚えている。
それ以来、マスコミ・コメンテーターへの信頼は無くなった。
連中は平気でうそを吐く。
遺体を引き取らないと言った時点で、私はこの事件に胡散臭さを、はっきりと感じ取った。

人質になる危険がある国にあえて行き、何を報道したかったのか。氏のこの軽率な行動が日本にもたらしたもののほうが彼の死より重い。人のいい日本国民は氏が殺害されたことによって受けた衝撃のみをもって命の尊さなどと陳腐な発言を平気でするが、氏の目指したものがたとえすぐれていたとしても今回の行動は氏の落ち度であり、日本国をテロの標的にされたことは、彼らの責任であり、安部の人道支援金である。
氏の人格と今回の事件は切り離して考えるべきだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。