スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<東日本大震災の1週間前と同じ!>茨城県海岸にカズハゴンドウというイルカが大量に打ち上げられる

今日

イルカ150頭以上、海岸に打ち上げられる 茨城(15/04/10)

ANNnewsCH

茨城・鉾田市の海岸にイルカ150頭以上が打ち上げられる。

 
茨城・鉾田の海岸にイルカ打ち上げ、100頭以上か
TBS 2015年4月10日

茨城県鉾田市の海岸で、イルカが多数、打ち上げられているのが見つかりました。その数は100頭以上にも上るとみられています。

午前6時15分ごろ、鉾田市の海岸で、「イルカが100頭以上打ち上げられている」「生きているので救助してほしい」といった内容の通報が相次ぎました。

警察や水族館によりますと、鉾田市上沢地区の砂浜で、数キロにわたりイルカが打ち上げられていて、その数は100頭以上に上るとみられています。原因はまだ分からないということです。

「大体100頭ぐらいのイルカがいる。写真を見るかぎりカズハゴンドウという種類と思われる」(大洗水族館の担当者)

水族館はスタッフ5人を派遣していて、衰弱しているものは安楽死させ、元気なイルカは海に帰すなど、救出作業にあたるということです。(10日09:32)



怖い><;
東日本大震災の7日前にも
茨城県に同じ種類のイルカが大量に打ち上げられている!!!


2011年3月5日
海岸にイルカ約50頭打ち上げられる 茨城・鹿嶋(11/03/05)

ANNnewsCH  2011年3月5日
茨城県鹿嶋市の砂浜に約50頭のイルカが打ち上げられているのが見つかりました。
昨日(3月4日)夜、鹿嶋市下津海岸で通行人の男性から「イルカがたくさん打ち上げられている」と110番通報がありました。
打ち上げられたのは体調2m~3mの「カズハゴンドウ」というイルカで、
およそ50頭のうち20頭あまりがまだ生きていて、地元住民らが現在も延命活動を続けています。
死んだイルカは砂浜に埋められるということです。

近くの茨城県大洗の水族館は、
「周辺の海は遠浅で、イルカが方向感覚を失った可能性が高い」としています。


ーーー



大変だ…
水買ってこようっと…




ー追記ー

イルカ大量漂着「冷水域でパニックか」 国立科学博物館
朝日新聞デジタル 4月11日(土)15時56分配信によると、
全国の博物館や大学研究室などの研究者約30人が現地で17頭の解剖をした結果、
国立科学博物館の田島木綿子・研究員はこう語っている。
17頭の大半の肺が真っ白で虚血状態だったが、内臓は全体的にきれいで病気や感染症の兆候は見られなかった」
肺が真っ白な状態は、これまで見たことがないらしい。





関連記事

コメント

非公開コメント

■人工地震 警報

イルカ・クジラの大量打ち上げ=(核弾頭付きバンカーバスター弾を発射する、米潜水艦のソナーの犠牲者)
ttp://richardkoshimizu.at.webry.info/201103/article_46.html

不自然な気温低下・突風も兆候の1つ。

「憲法違反内乱罪司法公務員テロリスト」

以下の実写動画をご覧になれば、日本の奇形司法裁判官がいかに憲法も法律も知らない有害無益な税金泥棒反社会テロリストであるか如実におわかりになると思います。

「テレビ劇場総務省NHK不正架空捏造選挙」

Lawsuits: Rigged Elections in Japan (1) 不正選挙裁判 2015

https://youtu.be/UZBF5WIDWfE (10分)

Lawsuits: Rigged Elections in Japan (2) 不正選挙裁判 2015

https://youtu.be/pgLCwQQXlSs (10分)


戦後日本政府をすべて乗っ取ったイスラエルアメリカナチスユダヤ人フリーメーソンのスパイ似非日本人総務省所管NHKと電通が制作編集した日本のカラーテレビで放送される内容は、120%嘘八百ですからねw

テレビの中だけで実施されたと称する選挙も閣議も全部、現実には100%実施されていません。テレビで絶対に放送しない不正選挙裁判や辺野古の憲法違反内乱罪政府弾圧移設工事強制執行などは、100%現実に行われていますけど。

こうやってテレビの中だけで憲法違反棄民政治が遂行できると考えているのが、悪魔の猿智慧の浅はかなところです。NHK受信料を詐取しながらねw

★大量死イルカを解剖したら「【肺が真っ白で虚血状態】」だった!

【放射能問題】大事件、茨城県の海岸で150頭大量死亡し漂着したイルカ(哺乳類)を解剖したら「【肺が真っ白で虚血状態】」だった!
☆イルカ大量漂着「冷水域でパニックか」国立科学博物館(朝日新聞2015年4月11日)調査を指揮した国立科学博物館の田島木綿子・研究員は「17頭の大半の肺が真っ白で虚血状態だったが、内臓は全体的にきれいで【病気や感染症の兆候は見られなかった!!】」と述べた。肺が真っ白な状態は【これまで見たことがない!!】という。

(ご意見)肺が真っ白とは。血液が来ていないということか。【心不全の可能性】がある。【放射能】として一斉に心不全を起こす?
(ご意見)津波遺体の検死をした歯科Drの先生がその後、肺線維症を発症し、52歳?だったかで亡くなってる。
(ご意見)あ、肺線維症→心不全だから心不全で死亡に賛成です。肺繊維症や肺気腫は肺の剖検でわかるけど(死後CTでも)、【心臓のセシウム量】は調べないとわからないかも。
(朝日を紹介したはなゆーブログ2015年4月12日)
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2015/04/blog-post_59.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。