スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<台湾の原子力発電所と核廃棄物処理場>日本から見れば沖縄の地震だけど、世界的には台湾の地震

2015年4月20日、沖縄で津波の心配のある大きな地震が起きた。
日本のテレビでは、震源地が沖縄の与那国島近海ということになっている。
私は気象庁の地震情報を見て、「あっ」と思った。
「台湾のすぐそばだ!」

日本から見れば、沖縄の地震
気象庁

世界から見れば台湾の地震
台湾震源地

台湾から見た新地震
世界の地震

台湾には原子力発電所がある
台湾の原発

また、台湾の蘭嶼島には核廃棄物保管所がある。

台湾南東部のとても美しい蘭嶼島が台湾電力の放射性廃棄物で汚された/毎時67マイクロシーベルトより
台湾南東部の蘭嶼島ってどこ?
核廃棄物保管所
蘭嶼島のどこに放射性廃棄物施設が?
台湾の島jpg




蘭嶼島の核廃棄物処理場の放射性物質の入ったドラム缶は腐っている

台湾・先住民の島に放射性廃棄物 見過ごされた危機 台湾の孤島で11/24報道特集(動画・内容書き出し)
より一部抜粋
貯蔵庫の高さは1.5m
地下は3m掘られ、1996年に搬入中止となるまでの14年間で、
10万個に及ぶドラム缶が積み上げられた。
201211251118421f1s_20150420122009250.jpg

20121125111842f85s_20150420122011588.jpg
多くのドラム缶が錆び、中身が出てしまったものもある。
30年に及ぶ保管でドラム缶が破損していたのだ。

蘭嶼島に大きな津波が来る可能性があり、この貯蔵施設ごと破壊され、
ドラム缶から放射性物質が海に流れていくのではないか。
台湾から日本海へ
そして台湾方面からの黒潮に乗って、日本近海へ汚染が広がるのではないかと問題提起したのだ。



日本海側の海が汚れてしまったら、もう日本の海の幸は全滅><;

台湾側に対する注意もしばらくの間必要だと思う。



台湾の地震と関係ある?日本海側の地域の放射線量がまとめて上昇中!北海道も!!

<台湾の原子力発電>
〜もし台湾で原発事故が起きたら〜小出裕章氏3/21石垣島講演(文字起こし)


<台湾で輸入規制強化>
産地偽装がバレた!海外が輸入を規制しているものは日本人も食べないほうがいいと思う



台湾第2原発で原子炉にボルト落下、「チェルノブイリの悲劇再演」の懸念も
―中国メディア 
Focus-Asia 2015年04月14日

台湾新北市万里区にある台湾第2原子力発電所で昨年9月に2号機の大規模改修を行った際、ボルト1本が原子炉に落下し、いまだに見つかっていないことが分かった。14日付で観察者網が伝えた。

これについて、台湾の原発専門家は「最悪の場合はチェルノブイリの悲劇が台湾で繰り返される」との懸念を示している。一方、台湾原子力エネルギー科技協会の欧陽敏盛・董事長は「過度に緊張する必要はない」との見方を示した。

昨年9月20日に2号機の大規模改修が始まり、同27日にボルト3本が原子炉に落下したことが発覚。数日後にそのうちの2本は見つかったが、最後の1本がいまだに見つかっていない。今のところ、2号機は正常に稼働しているという。

(編集翻訳 小豆沢紀子)





関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。