スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県富岡町

汚染土壌の一時保管地区(福島県富岡町)   ドローンでの空撮


Ruptly 2015/04/17 に公開


1
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

海岸が近いですね。また地震がきて、この場所が津波に襲われたら、これらの汚染物は…

★(基礎知識)「移住」の方が「除染の20分の1の費用」ですむ

★(基礎知識)「移住」の方が「除染の20分の1の費用」ですむ
・・・・なるほど、専門家は【除染は不可能+移住の方が何十分の1の費用ですむ】と何十回も言ってきたんですけどね、どうしてわからないんでしょうか?
(1)国際常識で除染は不可能、実は移住の方が除染の20分の1の費用ですむ!!
(2)それなのに国は除染・解除したがる。このことによって得られる結果①補償金を出さなくて済む+②ゼネコンが儲かる+③住民は被爆する→それは補償しない。
(3)しかもなんと、その除染費数百兆円は東電でなくすべて血税とは!!正気か「自民党」!!
(4)国民はOKしてないぞ!「20分の1の費用ですむ移住」へ転換しろ
【(世界的常識)除染は 絶対 不可能 】
【1】もともと世界的常識で除染は不可能と証明されていた。
(1)チェルノブイリのときのロシア、ベラルーシでも除染は不可能だった。
(2)「チェルノブイリ、まだ被害渦中」(朝日2012年5月3日)http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201205020147.html 
(3)ノーベル物理学賞受賞学者 江崎玲於奈氏提言「除染費用1兆円を被災者に渡しては」と(週刊ポスト2012年1月13・20日号)
http://www.news-postseven.com/archives/20120107_78749.html
(4)除染は一時的(ものすごく線量の高い状態から少し低くできるだけ)。
●世界的常識で、放射性物質は広大な国土の山々に拡散し、山からぼぼ半永久的に放射性物質が流出し「除染は不可能」と世界的に何度も証明されている。
●山や森にほぼ無限に蓄積されたものが、長期にわたり、里に下りてくる。除染なんか完了するわけない!
●・・・こんなこと、「幼稚園児の知能でわかるようなハナシ」が、この日本国では、イイ大人がわからない。
【2】東電は【除染は不可能】と公式に発表している!!
★【時事2014年4月7日】「除染は不可能」原発訴訟 東電開き直りの主張!コスト安自ら否定・・・原発事故の後始末に背を向け、再稼働に腐心する。東電のあまりの無責任な態度に反発が相次いでいる!
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html#c567
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html#c610
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/7620312.html
【3】前民主党政権も、除染はムリという結論を出していた。(1)平野復興相「除染に限界」モデル事業(朝日2012年6月17日)。(2)「除染効果、一定時間で限界」平野復興相が自治体に説明(産経2012年6月17日)。(3)(NHK2012年6月17日)。(4)「除染の限界」に苦悩する福島市の住民(東京新聞「こちら特報部」2012年11月26日)。(5)「今でも避難したい!」福島市民の34%市調査(朝日2012年9月17日)。
【4】自民党政権も、除染は1度だけで、打ち切る。
★安倍自民が、移住の方が20分の1の費用ですむのに、事実上不可能な除染をあくまでやる理由
(理由1)=「国民の血税からゼネコンへ巨額の所得移転のため」
(理由2)=「再稼働のため安全神話復活が必要なため」
●(結論)もちろん国民は「人柱」である。
【5】除染に何兆円もかけるより国が買い上げ(長期借り上げ)移住促進の方が安く、治療不可能な健康被害をくい止められると有識者が何遍も通告しているのにゼネコン利権の方が大切らしい!
(選択A)「汚染地域の子供の移住の支援に税金を使う」のに、国民は賛成!
(選択B)「食べて応援で全国民被爆させる」のと「キチガイじみた安全神話を押しつける」のに、国民は反対!
選択Aの予算より、選択Bの最終コスト=国民が癌奇形になる方が遙かに大きい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。