スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島県立医大>くも膜下出血で脳死の40代女性臓器提供




県立医大で40代女性が脳死判定 臓器の摘出手術行われる
FNNLocal (福島15/07/10)

脳死1

県立医大病院で、40代の女性が「脳死」と判定され、家族の承諾を受けて、臓器の摘出­手術が行われた。

脳死2

日本臓器移植ネットワークによると、脳死と判定されたのは、くも膜下出血で、県立医大­病院に入院していた40代の女性。

臓器提供1

法律に基づき、脳死と判定された女性は、臓器提供の意思を示していなかったが、家族の­承諾を受けて、臓器の摘出手術が行われた。

摘出された臓器は、大阪や京都などの病院に運ばれたほか、県立医大病院でも、腎臓の移­植手術が行われる。

臓器提供2

2010年の臓器移植法の改正で、家族の承諾があれば、臓器の提供が可能となり、

臓器提供3

県内­で脳死による臓器の提供は、3例目となる。






くも膜下出血。
40代で脳死。





関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。