<肝内胆管がん>ヒトにおける内部被ばく誘発癌



ヒトにおける内部被ばく誘発癌のモデル
トロトラスト症肝癌は肝内胆管癌(ICC)が多いとされている
放射線に対する生物学的な反応の結果、がんが誘発される

セミナー:放射線医療国際コンソーシアムセミナー
内部被ばくによるヒト放射線誘発がんの分子機構―トロトラスト症から

福本 学 東北大学 加齢医学研究所

被爆者に癌の発症が増加することが知られており、放射線が発がんの一因であることは確実である。原子力発電の結果生じる放射性廃棄物は増加一途をたどり、劣化ウラン弾など所謂「汚い核兵器」による被ばくの可能性も高まる一方である。しかし、放射線発がん、特に内部被ばくによる発がんの分子機構の解明は未だしである。発がんが、体細胞の癌関連遺伝子の異常の積み重ねの結果であることが明らかになった。また、変異ばかりでなく、癌関連遺伝子の発現調節の異常も発がんに関与していることも明らかとなった。

第二次大戦中に用いられた血管造影剤である、トロトラスト(ト)はα線放射性物質であり肝に沈着し、注射後数十年して肝腫瘍の発生をみるため、ヒトにおける内部被ばく誘発癌のモデルとして貴重である。ト症肝癌は肝内胆管癌(ICC)が多いとされている。そのためト症肝癌の発生母地細胞を明らかにすべく、癌抑制遺伝子の不活性化を表す、ヘテロ接合性消失(LOH)をマイクロサテライト(MS)マーカーを用いて解析した。非ト症肝細胞癌(HCC)とICCについて包括的解析を行い、LOH頻度から両者を鑑別するために46ローカスを選択し、ト症ICCにおいて検討した。ト症ICCは肝細胞と転換上皮へ分化し得る幹細胞由来と考えられた。LOH頻度はMS不安定性陽性例と、高分化型に高い傾向がみられたが、有意ではなかった。LOH頻度は発癌までの期間や総被ばく線量とは無関係であった。

さらに血管肉腫(AS)は放射線誘発腫瘍として特徴的であるため、ト症ASの網羅的LOH解析を行った。その結果、LOH頻度は染色体の長さに比例することからAS誘発には放射線の直接被ばくの効果が大きいと考えられた。ト症ICCとト症ASに共通してLOH頻度の高い5ローカスを見出した。組織学的にトはマクロファージに貪食されていること、ICCとASでは潜伏期間、沈着量に差がないにも拘わらず、オートラジオグラフィーではASよりもICCにαトラック数が多いことも明らかとなった。

以上の結果から、放射線発がんが、単に放射線によって起こったDNA二重鎖切断の修復時に起こった突然変異である、遺伝子の傷がDNA複製とともに固定されて、その積み重ねが発がんにつながる、という単純なものではなく、放射線に対する生物学的な反応の結果、がんが誘発されることを説明する。
胆管癌



http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/41554/1/kaken-14390006.pdf
トロトラスト被注入例の解析を中心としたα線発がんの分子機構の解析(14390006)
平成14年度~16年度科学研究費補助金(基盤研究(B) (2) )研究成果報告書

平成17年3月 研究代表者 福本 学(東北大学加齢医学研究所)
    ↑
P7から詳しい説明があります


川島なお美さんが昨夜お亡くなりになった。
肝内胆管癌はワインの飲みすぎではなく内部被曝の可能性が高いのではないか?
ご冥福を心からお祈りいたします。

川島なお美さん死去 昨年胆管がん手術 54歳若すぎる…
スポニチアネックス 9月24日(木)23時8分配信

20150924-00000157-spnannex-000-16-view.jpg
川島なお美さん
 女優の川島なお美(かわしま・なおみ、本名・鎧塚 なお美=よろいづか)さんが24日午後7時55分、胆管がんのため、都内の病院で亡くなった。54歳だった。愛知県出身。



川島なお美がワイン再開 手術から7カ月
2014年8月13日19時50分 日刊スポーツ

 肝内胆管がんの手術を受けてから“ワイン断ち”していた女優の川島なお美(53)が13日、最近アルコールの摂取を再開したことをブログで報告した。

 川島は今年1月に肝内胆管がんの手術を受けて以来、禁酒していた。しかし、ついに8月13日、「ずっと禁酒してますが最近なめる程度にたしなんでおります」と飲酒再開を発表した。夫でパティシエの鎧塚俊彦氏と笑顔でワイングラスを傾ける写真を公開し、「弱くなりました~ひとくちでもうぽわんぽわん」と語っている。
 [2014年8月13日19時50分]






2011年6月事故からまだ5ヶ月しか経っていない時期に福島へ

がんばっぺ福島!
2011-06-26 06:49:32

700人の方々が暮らす避難所、ビッグパレット福島にやってきました
川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」by Ameba-DVC00214.jpg
原発の影響で、安全にもかかわらず売れなくなってしまった地元の野菜たち
トマトはジューシーで甘くてめちゃ美味しいです
胡瓜も地元のもろ味噌をつけていただきました(ふだん胡瓜食べられない私が)

t02200367_0768128011313084992.jpg

マスコミを通して安全性をアピール

ー略ー



2012年5月 骨折

肋骨骨折川島なお美に、夫「あっそ」
2012年5月25日23時25分 日刊スポーツ

 タレント川島なお美(51)が肋骨(ろっこつ)を骨折していたことを25日のブログで明かした。
 5月5日、出演ミュージカルのレッスン中にポールダンス用のポールで逆上がりを練習中、胸を強打し、骨折したという。
 それでも痛みを我慢し、翌6日もバレエのレッスンを受け、7日もゴルフへ出かけた。ところが痛みが尋常ではなく、ハーフラウンドで終え、同日夕方に病院へ向かった。診断の結果、肋骨にひびが入っていたという。
 現在でも入浴時以外は常にコルセットを装着し、6月13日のミュージカル初日へ備えているという。
 それでも一番のショックはパティシエの夫鎧塚俊彦氏(46)に骨折を伝えたところ、「あっそ」とだけ返されたことだという。
 川島は「なんも心配してくれない! まるで目にごみ入ったくらいのもん。そっちのほうがショックだっつーの」とつづっている。

 [2012年5月25日23時25分]








関連記事

コメント

非公開コメント