スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県柏市甲状腺検査「173人中、B判定6人とC判定11人で1割になる異常な数字」11/6原子力規制庁前抗議(文字起こし)

2015年11月6日 原子力規制庁前抗議
フクロウFoEチャンネル<FFTV>



34:07
柏の甲状腺の話はどうですか?

柏市甲状腺1
34:14
柏市のホームページだけに公表されていたんですけれども、柏市が平成24年までに生まれた子供で2011年の原発事故の時に柏市民だった人を対象に甲状腺エコー検査の助成をしますということで400人ぐらい。
最初は300人ぐらいの枠だったんだけど、少ないということで400人まで広げてもらって、380人の人が申し込んでいるという話でして。
そのうちまだ受けていない人もいるんですけれども、173人分の検査の結果が出たということで、途中経過の報告がホームページに上がっていて、B判定が6名C判定が11名の数字が出ていて。
今回発表されている173人の中で考えると、B・Cで1割もいるということ自体がちょっと異常な数字なので。

Bは、結節(5.1ミリメートル以上)およびのう胞(20.1ミリメートル以上)が確認された人ということで、
C判定は、甲状腺そのものになんらかの異常があるのでもう一度検査をしなくちゃいけないですよということを言われた人です。

で、その人たちが1割もいるっていうことで、ちょっと福島でも考えられない割合だし、この間、2ヶ月ぐらい前に●で3人の人が甲状腺癌だということが分かった時も、検査された母数が4000人近くいるんですよね。
なので、あまりにも割合が異常なのでビックリして柏の保健所に電話をしてみました。

そうすると、「そのC判定を受けた人は、なんの病気かというのはこの検査ではわからないので、これから他の検査をしないと病名が分からない」と。
「ま、一般的な甲状腺の疾病も含まれているんでしょ」と市の職員が言っていたので、
「例えばどんな病気があるんですか?」って聞いたら、
「例えばバセドウ病とか橋本病とか、そのひとたちがその病気の可能性もある」というふうに言われたので、
「そういう病気は一般的には大人の人がかかる病気で、若い人はあまりかからない病気なんじゃないですか?」っていうふうにもう一度聞いたら、市の職員が、
「あ、そうなんですか?」って。


ーー:えーっ!!

「ダメだこの人に聞いても」って感じだったんですけど。
何れにしても今回こういう結果ですということで、その時は私もそれ以上の知識がないので突っ込んだ質問ができなかったんですが、
「福島の県立医大と同じ手法で検査をしている」と言っている割には、その判定の基準が違うっていうことだと思うんですよね。
でもその違う基準がどういうふうなものなのか?ということはちょっとその職員と話していてわからなかったので、また週明けに電話してみようかなとは思っていますけれども。

隣の松戸市でもこんな数字は出ていないし、もしこれがなんらかの、例えば甲状腺癌だとかの結果が出たりすると、その当時、その対象になる人のおおよその人数が6万9000人位だとその人は言っていたので、たくさんの市民の方が申し込んでいないことになりまして。
もしも6万9000人の人たちみんなを調べるということになったら、いったいどんな数字が出てくるのかと思うと、ちょっと末恐ろしい感じがするんですよね。

なので、福島県で壁ができて放射能が出てこなかったわけでもなんでもないので、北茨城市が近いからという話じゃなくて、当時どういうふうに放射性物質が流れてきたか?ということをもうちょっと告知していかなければいけないんじゃないかなというふうに思いました。

で、ちょっとこれは。
まだ申し込んでいても検査をしていない人たちもいるので、半数ぐらいいるので、その人たちは当然受けるように追加をしてくださいということと、
「まだ申し込んでいない人たちもいっぱいいるけれども、どういう広報をしたんですか?」って聞いたら、
「柏市立の保育園なんかには言ったけど、小学校中学校なんかには広報していない」ということなので、
「そういうところにもちゃんと広報しないと誰もわからないんじゃないですか?こんな結果が出ているんだからきちんとみなさんが受けられるように広報してください」っていうことはお伝えしました。
なのでこれからも注視していく必要があるかと思います。


41:28
はい、ありがとうございます。
これからですね。
松戸の結果と随分違うので、これからも注目していきたいと思います。




ー参考ー


柏市甲状腺超音波(エコー)検査判定結果 更新日 2015年10月30日(金曜日)

柏市では、平成27年7月より、甲状腺超音波(エコー)検査による費用の一部を助成しています。これまでに測定を受けた方の結果をお知らせします。
柏市甲状腺2

甲状腺超音波(エコー)検査測定結果(平成27年7月1日~平成27年9月30日)
判定 内容 今後の対応 人数
A1 結節(しこり)やのう胞(液体が入っている袋のようなもの)は認められませんでした。
経過観察不要 61人

A2 結節(5.0ミリメートル以下)またはのう胞(20.0ミリメートル以下)を認めましたが、日常生活に支障はありません。
経過観察不要 95人

B 結節(5.1ミリメートル以上)またはのう胞(20.1ミリメートル以上)を認めたもの
経過観察 6人

C 甲状腺の状態などから判断して、二次検査が必要なもの
経過観察又は専門病院紹介 11人

合計 173人
(補足)C判定については、結節やのう胞に限らず、比較的よく見られる甲状腺の疾患が疑われる場合も含まれます。



松戸市甲状腺超音波検査判定結果 更新日:2015年11月2日
 
松戸市では、平成26年6月より甲状腺超音波検査を実施し、その費用の一部助成をしています。これまでに検査を受けた方の判定結果をお知らせします。
松戸市甲状腺

甲状腺超音波検査判定結果(平成26年6月1日から平成27年10月31日)単位:人
判定 判定内容 判定結果 人数
A1 結節(しこり)やのう胞(液体が入っている袋のようなもの)は認められなかったもの
経過観察不要 46人

A2 結節(5.0mm以下)またはのう胞(20.0mm以下)を認めたもの
経過観察不要 152人

B 結節(5.1mm以上)またはのう胞(20.1mm以上)を認めたもの
経過観察 2人

C 甲状腺の状態などから判断して、二次検査が必要なもの
専門病院を紹介 1人

合計 201人





<甲状腺検査>北茨城市平成26年度の結果 3593人中3人が甲状腺ガン〜「放射線の影響は考えにくい」

<甲状腺検査結果>福島県と福島県以外〜2015年3月31日現在〜A1,A2,B,C

千葉県松戸市の甲状腺検査〜2015年7月末までの結果



ヨウ素131拡散シミュレーション(3月12日~3月24日)





セシウム137拡散予測動画【NILU】(3月16日〜4月8日)






関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。