プルトニウム輸送船が茨城・東海村に到着

プルトニウム輸送船が茨城・東海村に到着
2016年3月21日 TBS

1_201603211847213e7.png

 日本に保管されているプルトニウム300キロ余りをアメリカに輸送するため、21日朝、茨城県東海村の港に専用の船が到着しました。輸送されるプルトニウムは核兵器40発分に相当します。

2_201603211847207d4.png

 午前8時前、茨城県東海村の港に、プルトニウムを運ぶ専用の輸送船が到着しました。この船はイギリス船籍の「パシフィック・イグレット」で、今後、もう一隻の船とともに、港に隣接する日本原子力研究開発機構の高速炉臨界実験装置で保管されているプルトニウム331キロをアメリカに輸送する予定です。

3_20160321184721b26.png

 このプルトニウムは軍事利用も可能な高濃度のもので、核兵器40発分に相当する量だということです。輸送されるプルトニウムは、核分裂反応についての基礎研究を行うため、1970年代にアメリカ、イギリス、フランスから購入したもので、おととしの核安全保障サミットでアメリカに「返還」することで日米が合意していました。

 警察は、厳重な警備態勢を敷いて警戒にあたっています。(21日11:07)

関連記事

コメント

非公開コメント