スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州で放射性ヨウ素量が急増!発生源不明


放射性物資の「ヨウ素131」、欧州全域で突然検出量が増加・発生源は不明
Newsln World Posted 2 days ago(2017年2月22日)

201702211052460000w.jpg
Particulate Iodine-131 (value +/- uncertainty) in the atmosphere(µBq/m3) Source: IRSN


半減期は8日の放射性物質のヨウ素131(Iodine-131)が先月から欧州全域で検出される状況となっていることが、フランス国営の放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)の発表で明らかとなった。

このヨウ素131の発生源については不明となっているが、北欧かロシアで運営されている原発から漏れ出てきたものではなないかといった観測も生じている。

現状、欧州各国で検出されているヨウ素131の放射線量は、健康に影響を及ぼすレベルには達してはいないが、先週になってから突然、米空軍が運用している放射線検出用の専用機「WC-135」がイギリスのRAF Mildenhall基地に飛来してきたことが、theaviationist.comの記事で明らかとなっており、WC-135の欧州配備は、先月以来、欧州各国で検出されているヨウ素131と何らかの関係があるとの見方を誘っている。

欧州では2011年にもヨウ素131の検出量が突然、増加するという現象が発生。2011年の事象に関してはその後の調査により、ハンガリーにある医療用放射性物質の生産企業(Institute of Isotopes Ltd)が流出源である可能性が高いことが判っていた。




米空軍が運用している放射線検出用の専用機「WC-135」がイギリスのRAF Mildenhall基地に飛来してきたことが書いてあるtheaviationist.comの記事


米空軍、WC-135核スニファー機を英国に配備、欧州で放射性ヨウ素量の急増が検出される
Feb 19 2017 - 81 Comments

Constant-Phoenix-deploy-to-Europe.jpg
David Cenciotti

USAF WC-135C Constant Phoenixは、ノルウェーの放射能レベルの急増を調査している可能性があります。この放射性核種の放出は、ロシアの核実験の影響であろうと推測している。
2017年2月17日、米国空軍WC-135C Constant Phoenix核爆発 "盗聴器"、シリアルナンバー62-3582、イギリスのRAF Mildenhallに配備された無線呼び出し音「Cobra 55」を使用。

すでに報告したように、WC-135はボーイングC-135の輸送とサポートの派生品です。これらの航空機のうち2機は、1963年以来操縦していた10例のうち、現在使用されています。飛行機は、Offutt Air Force Baseの第45偵察隊から飛行し、空軍技術応用センターのDetachment 1に任命されます。

WC-135は乗組員の「スニファ」または「天気の鳥」として知られており、最大33人の人員を運ぶことができます。しかし、放射能暴露のレベルを減らすために、乗組員の賞賛はミッションフライト中に最小限に抑えられています。

流出ガスは、胴体の側面にある2つのスクープによって集められ、落下した粒子をフィルターに捕捉します。ミッションクルーは、落下した残留物をリアルタイムで分析して、核の落下の存在を確認し、おそらく関与する弾頭の特性を決定することができます。


核実験の監視に加えて、WC-135は、1986年のソ連におけるチェルノブイリ原子力発電所の災害と2011年の福島事故の後に起こった放射能活動を追跡するために使用されています。

これらの航空機の一つは、金正恩のを見越して、北朝鮮の近くに配備されたロケット打ち上げ後、2013年8月の立ち上げにイギリスの領空を通過発見されたそれはシリアで使用された憶測、攻撃エリアの日から風を化学物質をダウン検出する能力のおかげでまたはそれらが分散された後の数週間。

彼らは今やヨーロッパの空域を横切っていますが、旧大陸での展開はなかなか稀です。現在のところ、核兵器が核兵器に配備された理由について、米軍からの公式声明はない。しかし、多くの情報筋によると、この航空機には、1月初めから北ヨーロッパで検出されたヨウ素濃度の急増を調べる任務があることが示唆されている。

人為起源の放射性核種であるヨウ素131(131I)は、最近、ヨーロッパの地上大気中の微量で検出されている。予備報告によれば、ノルウェー北部の2017年1月2日に最初に発見されたとの報告がある。1月末まで、フィンランド、ポーランド、チェコ、ドイツ、フランス、スペインでもヨウ素131が検出された。

しかし、誰も放出されたヨウ素131の背後にある理由を知っているようではない。同位体は原子力発電所と並んで医学分野でも広く使用されており、大気中に存在することは数種類の事故の影響を受ける可能性があります。

あるいは、ある人が推測しているように、ロシアの新しい核弾頭のテストの副作用であった可能性があります。(衛星や地震探知器による核実験の検出能力と考えられます)核実験禁止条約の違反。

多分、WC-135は当局がヨウ素131の起源を知るのを助けるでしょう。




「欧州では2011年にもヨウ素131の検出量が突然、増加」↓
欧州各地で放射性ヨウ素検出・・・発生源不明
フランスでも微量の放射性ヨウ素を検出、発生源は不明 2011年11月16日 14:09
 
関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うっわw放射脳のブログかよw放射能が嫌なら地球から出てったら?まあ、宇宙は放射能だらけなんだけどねw
取り敢えずここの管理人はレントゲン一生撮るなよ?分かった?

そんなに放射能嫌なら死んどけ

認証制にして都合悪いコメントは載せない方針かw
ブログ辞めろや放射脳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。