スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球規模での大気中の放射性リリースの分散モデル化

福島の原発から漏れている放射能の行方

ドイツで作られたものです。
日本の気象庁は何故???早急にみんなが見られるように作ってくれないのでしょう。
これを見て慌てるのではなく
これを見るから冷静に判断が出来るってこともあると思います






放射能が世界に広がる様子ですが、
何処まで真実性があるのかはわかりません





投稿者: jmzba | 作成日: 2011/03/20

Modeling the dispersion of radioactive releases into the atmosphere on a global scale.

According to this simulation, the cloud would now reached the north-eastern Siberia, the United States and western Atlantic. It should reach France from 23 or 24 March.

Merger expected to run from this model could be of the order of 0,001 Bq / m 3 in France and the overseas departments of the northern hemisphere. As expected, the southern hemisphere is not significantly affected by this large-scale dispersal.


(PCで翻訳)


地球規模での大気中の放射性リリースの分散モデル化

このシミュレーションによると、雲が北東シベリア、米国、西部大西洋に達するだろう。 これは、23または24月からフランスに到達する必要があります。

合併は、このモデルは、フランスで0001ベクレル/ m 3の北半球の海外部門のためのことができるから実行すると予想。 予想通り、南半球が大幅にこの大規模な分散による影響を受けません。





関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。