FC2ブログ

原発の怖さ・・・それは・・・何十年後かに見えてくるところ・・・

原発を推進してきた日本では原発に異議を唱えにくい状況でした。
放射能で遺伝子が変わる怖さがここにあります

地震直後に海外で見付けた映像ですが
ブログに載せてもいいものか悩みました

世界中にはものすごく沢山の原発があります
でも、日本はこの狭い国土の中にアメリカの半分以上の原発を所有しています



下記、続きを読むにこのyoutubeを作った人の説明があります。
パソコンでの翻訳ですので日本語的に意味不明なところがありますが
ご理解いただきたく思います

12 March 2011 Last updated at 04:58 ET VERY SAD NEWS
A massive explosion has struck a Japanese nuclear power plant after Friday's devastating earthquake.
A huge pall of smoke was seen coming from the plant at Fukushima and several workers were injured.
Japanese officials fear a meltdown at one of the plant's reactors after radioactive material was detected outside it.
A huge relief operation is under way after the 8.9-magnitude earthquake and tsunami, which killed more than 600.
Hundreds more people are missing and it is feared about 1,300 may have died.
the offshore earthquake triggered a tsunami which wreaked havoc on Japan's north-east coast, sweeping far inland and devastating a number of towns and villages.
Continue reading the main story
Analysis
image of Richard Black Richard Black Environment correspondent, BBC News
The term "meltdown" raises associations with two nuclear accidents in living memory: Three Mile Island in the US in 1979, and Chernobyl in Ukraine in 1986.
In both, excess heat in the reactor caused the metallic core to melt. The question is whether the same thing has happened in Fukushima.
It appears that the reactor was shut down well before any melting occurred, which should reduce considerably the risk of radioactive materials entering the environment.
However, the detection of caesium isotopes outside the power station buildings could imply that the core has been exposed to the air.
Although Japan has a long and largely successful nuclear power programme, officials have been less than honest about some incidents in the past, meaning that official re-assurances are unlikely to convince everyone this time round.
Japan's Prime Minister Naoto Kan declared a state of emergency at the Fukushima 1 and 2 power plants as engineers try to confirm whether a reactor at one of the stations has gone into meltdown.
It is an automatic procedure after nuclear reactors shut down in the event of an earthquake, allowing officials to take rapid action.
Cooling system failure
Television pictures showed a massive blast at one of the buildings of the Fukushima 1 plant, about 250km (160 miles) north-east of Tokyo.
A huge cloud of smoke billows out and large bits of debris are flung far from the building.
Japan's NHK TV showed before and after pictures of the plant. They appeared to show that the outer structure of one of four buildings at the plant had collapsed after the explosion.
The Tokyo Electric Power Co, the plant's operator, said four workers had been injured.
It is not yet clear in exactly what part of the plant the explosion occurred or what caused it.
Chief Cabinet Secretary Yukio Edano said experts were trying to determine the level of radiation at the site.
Cooling systems inside several reactors at both the Fukushima plants stopped working after Friday's earthquake cut the power supply.
Japan's nuclear agency said on Saturday that radioactive caesium and iodine had been detected near the number one reactor of the Fukushima 1 plant.
The agency said this may indicate that containers of uranium fuel inside the reactor may have begun melting.
Air and steam, with some level of radioactivity, has been released from several of the reactors at both plants in an effort to relieve the huge amount of pressure building up inside.
Mr Kan said the amount of radiation released was "tiny".
Thousands of people have been ordered to evacuate the area within a 10-km radius of the plant. BBC correspondent Nick Ravenscroft said police stopped him 60km from the Fukushima 1 plant.
Analysts say a meltdown would not necessarily lead to a major disaster because light-water reactors would not explode even if they overheated.
But Walt Patterson, of the London research institute Chatham House, said "this is starting to look a lot like Chernobyl".
He said it was too early to tell if the explosion's aftermath would result in the same extreme level of radioactive contamination that occurred at Chernobyl.
The explosion was most likely caused by melting fuel coming into contact with water, he told the BBC.
The 8.9-magnitude tremor struck in the afternoon local time on Friday off the coast of Honshu island at a depth of about 24km, 400km (250 miles) north-east of Tokyo.
It was nearly 8,000 times stronger than last month's quake in New Zealand that devastated the city of Christchurch, scientists said.
Some of the same search and rescue teams from around the world that helped in that disaster are now on their way to Japan.


3月12日、2011年最後に更新さ 4時58分 東部非常に悲しいニュース
大規模な爆発は、金曜日の壊滅的な地震後の日本の原子力発電所を結んでいる。
煙の巨大な棺は、福島工場から来て見られたいくつかの労働者が負傷した。
放射性物質はその外検出された後、日本の当局者は、植物の原子炉の1つでメルトダウンを恐れている。
巨大な救援活動は、8.9の地震、津波、600人以上が死亡後に進められている。
さらに数百人が不足している、それが死亡している可能性があります1300について懸念されている。
沖地震は、内陸掃除や町や村の数を壊滅的な日本の北東の海岸に大きな混乱を引き起こした津波を引き起こした。
メインストーリーの続きを読む
分析
リチャードブラックリチャードブラック環境特派員、BBCのニュースの画像
用語"メルトダウン"はメモリを生体内で2つの核事故との関連付けを発生させます:スリーマイル島原子力発電所を米国で1979年、1986年にウクライナのチェルノブイリ。
両方で、反応器内の過剰な熱は、金属コアが溶融していました。 問題は、同じことが福島県で起こっているかどうかということです。
これは、原子炉は、任意の融点は、かなり環境を入力して、放射性物質のリスクを軽減する必要が発生し、また前にシャットダウンされたことが表示されます。
ただし、発電所の建物の外セシウム同位体の検出は、コアが空気にさらされていることを意味する可能性があります。
日本の大部分は正常に長い原子力発電計画を持っていますが、当局がその職員の再保証は、この時間のラウンドみんなを説得しにくいつまり、過去にいくつかの事件については正直を下回っている。
エンジニアは、駅の1つで原子炉はメルトダウンに行っているかどうかを確認しようとする日本の総理大臣菅直人、福島1および2発電所の非常事態を宣言した。
原子炉は、当局が迅速な行動を取るので、地震が発生した場合にシャットダウンした後は、自動プロシージャです。
冷却システムの障害
テレビの写真は福島1工場、約(160マイル)北東京の東250キロの建物の一つで大規模な爆発を示した。
煙大波アウトし、破片の大ビットの巨大な雲は、建物から遠く投げている。
日本のNHKテレビの前に、植物の写真の後に示した。 彼らは工場で4つの建物のいずれかの外側の構造は、爆発の後に崩壊していたことを示すために登場しました。
東京電力は、工場のオペレーター、4人の労働者が負傷していたと述べた。
これは、爆発が発生したか、何が原因となった植物のまさに一部ではまだ明らかではない。
官房長官幸男は、専門家は、サイトでの放射線レベルを決定しようとしていたと述べた。
両方の福島工場で、いくつかの原子炉内の冷却システムは、金曜日の地震は、電源を切った後に動作を停止。
日本の原子力庁は、放射性セシウムおよびヨウ素は、福島1工場の数は一原子炉の近くに検出されていたことが土曜日に語った。
代理店は、これは原子炉内でウラン燃料の容器は溶融を開始していることを示しているかもしれないと言いました。
空気は、蒸気、放射能のいくつかのレベルでは、内部に構築する圧力の膨大な量を軽減するための努力の両方の工場で炉のいくつかから発売されている。
氏は菅氏はリリースの放射線量は"小さい"と述べた。
何千人もの人は、植物の10キロの半径内の領域を避難させるために命じられている。 BBCの特派員ニックレイブンスクロフト警察は彼が福島1工場から60キロ停止と述べた。
アナリストらは、彼らが過熱している場合軽水炉もを爆発しないのでメルトダウンは、必ずしも大規模な災害につながるだろうと言う。
しかし、ロンドン研究所チャタムハウスのウォルトPatterson氏は、"これはチェルノブイリのように見えますし始めている"と述べた。
彼は、それがあまりにも爆発の余波は、チェルノブイリで発生した放射性汚染のと同じ極端なレベルになるかどうか早期に述べた。
爆発が最も可能性の高い水と接触する燃料を融解することにより引き起こされた、彼はBBCにこう語った。
8.9大きさの揺れは約24キロの深さで本州沖の金曜日の午後、現地時間に打た400キロ(250マイル)北東京の東側。
それはほぼ8,000回クライストチャーチの街を荒廃させたニュージーランドで先月の地震よりも強かった、科学者たちは言った。
その災害に役立って、世界中から同じ捜索救助チームの中には、日本に向かう途中になりました。

関連記事