「完全に制御不能です」ヘレン・カルディコット博士

ヘレン・カルディコット博士 カナダでの記者会見
「核戦争の危険」2011・3・18



ますこの本の紹介をします
NY科学アカデミーの出版です
チェルノブイリの報告書でネットにも上がっています
今回初めてロシアの文献5000点が英語で紹介されました
チェルノブイリの事故により100万人近くがすでに亡くなったようです
WHOとIAEAの話しは違いますがね
医学の歴史におけるもっとも悪辣な隠ぺい工作の一つです
誰もがそれを知っておくべきです
そこから日本を推察してみます

日本での事故の規模はチェルノブイリの何倍も膨大です
原子炉6つが危険にあるなどわたしも人生で初めて見ます
これらマークⅠ型原子炉の設計にかかわったGEの技術者3人は
危険性を知っていて辞任しました

日本はそれらを断層の上に建てました
原子炉は部分的には地震に耐えましたが
津波が・・外部電源が入らなくなりました
外部電源で各原子炉に毎分数100万ガロンの冷却水を供給している
これが止まると水位は下がり
超高温の炉心が溶けます
スリーマイル島事故やチェルノブイリと同じようにね
家ほどの大きさの非常用ディーゼル発電機も津波で壊れました
原子炉に水を循環させる方法が完全に消えた

しかも格納容器内ではなく原子炉のふたの上には冷却用プールがある
そこに毎年30トンずつ移される燃料棒には 想像を絶する放射性物質があります
各燃料棒は12フィート×0,5インチで
すさまじい量の放射性物質が出ているので 横に数分立っているだけで死にます

でも即死じゃない
プルトニウムを盛られたロシア人リトビネンコみたいに
ああいう死に方です
毛が抜け体は出血 最後はエイズのように感染症でね

使用済み燃料は冷やし続けなければならない
その冷却プールには蓋がありません

これまで3度起きた水素爆発によって

炉心が入った格納容器ではないが建屋の屋根が吹っ飛び
プールは吹きっさらしになった
2つのプールはカラカラです 水無しです
つまり何か
燃料棒はジルコニウムというもので覆われています
燃焼部分に露出すると発火しますので
いま使用済み燃料プール2つが燃焼中です

使用済み燃料プール内の放射性物質というのは
炉心に比べて10~20倍です
各炉心の放射性物質が出続けると 広島型原爆1千個分ぐらいになる

我々は極悪非道のエネルギーを扱っているのです
これは核爆弾を破裂させるエネルギーです

アインシュタインは言いました
「原発は地獄の湯沸かし器だ」と

原子力とはそういうものです
膨大な熱で湯を沸かして蒸気にし発電用タービンに送る仕組みです

ウランからは200の新物質が生成されます
ウランも人体に有害ですが
それらは元を遥かに超える猛毒です

米軍はイラクのファルージャとバグダットでウランを使った
ファルージャの新生児の8割には重い身体障害があります
脳がなかったり、片目だったり、腕がなかったり
医師たちは女性に出産を止めるよう言った
小児がんの事例は12倍上昇しました
これは虐殺です
イラクでは核戦争が行われています

使われたウランは45億年以上残ります
文明のゆりかごである場所を汚染しているのです 多国籍軍がね

原発の中には数秒で消えるものから数100万年残るものまで
200種類の膨大な量の放射性物質があります
放射性ヨウ素は6週間残り 甲状腺がんの原因となる
ヨウ素剤を飲んでおけというのはそのためです
甲状腺に放射性ヨウ素が入るのを阻止できるからです
チェルノブイリでは2万5千人以上が甲状腺がんになりました

甲状腺摘出手術をして 毎日ホルモン剤を服用しないと死にます

ストロンチウム90は放出後600年間残ります
そして骨にいき 骨のがんや白血病を引き起こす

セシウムも600年間残ります
欧州の4割がいまだ汚染されています

トルコの食品の汚染は激しい
トルコ産乾燥アンズを買ってはダメ
トルコ産ヘーゼルナッツもアウト
トルコ人はロシア人に激怒していました
茶葉も全てチェルノブイリの放射能にまみれたと

欧州の4割がいまだ汚染
英国の農地もセシウムまみれで売れない・・・
欧州の物を食べてはいけません

でも、現在の事態に比べれば何でもないですよ

もっとも殺人的なのはプルトニウム
黄泉の国の王プルトからとった名前です

100万分の1グラム吸入するだけで癌になります
悲しい事に450グラム均一にばらまかれれば地球上すべての人が癌になりうる

各原子炉には250kgのプルトニウムが入っています
たった2,5kgで爆弾1つ分です
プルトニウムは爆弾の材料で原子炉がある国しかできない

あなた方の国カナダは世界最大のウラン輸出国です
カナダが売るものは二つ
生きるための小麦と
そして 死のためのウラン

おわかり?

これからプルトニウムが北半球全体を覆うでしょう
今現在北米に向かっています
それから半減期1700万年のヨウ素129
ストロンチウム セシウム トリチウム 限りなく挙げられます
雨とともに放射性物質が降り食物の中で濃縮されます
海に入ると生体濃縮されます
数100倍ずつです
甲殻類 小魚 大きい魚そして・・ 人間は食物連鎖の頂点にいる

悲しいかな 放射性物質には味も色もにおいもないのです

人体に入ってもパタンと即死はしません
5~6年かかってがんになり
肺がんや乳がんになっても
「ああ、20年前に食べた魚の中のストロンチウムが」とは言えない

全ての放射性物質は有害です
蓄積されます
がんのリスクを高めます

アメリシウムなんてプルトニウムより有害ですし
放射性物質が雨で降り注ぐので
600年は作物を育てても食べてもダメ
放射性物質の地中埋蔵は嘘っぱちの考えです
漏れ出して数100万年残る
水にも食物連鎖にも入りこむ

放射線廃棄物はその後永遠に がんや白血病遺伝疾患を大増加させます
日々存在する核戦争歩脅威を除いて 史上最大の公衆衛生への脅威です

アインシュタインは言った
「人間の思考以外の全てが核分裂で変わった」

前例のない大参事に向かっています

私達は尊大でとても放漫です
一部の男たちの脳味噌には呆れます 殆ど病気です

私達は今や太陽の持つ力に手を出してしまった状況です
完全に制御不能です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島第一原発事故直後の3月18日の記者会見ですが
もうすぐ4か月経とうというのに福島第一原発はそのままです
いい方向に向かっているとは言い難く
悪いことが起きていてもきっと隠しているんだろうなと勘繰ってしまう

この状態の中で
玄海原発を稼働させると言っているし
一部の男たちの脳味噌が腐ってる・・・




2011年4月30日ニューヨーク・タイムズに
ヘレン・カルディコット博士が寄稿した文章の和約がありましたので
続きを読むに転記します






Peace Philosophy Centre

ー上記のサイトから転記しますー

2011年4月30日ニューヨーク・タイムズ寄稿
http://www.nytimes.com/2011/05/01/opinion/01caldicott.html

安全な被曝量というものはない 

ヘレン•カルディコット
オーストラリア・シドニー

(翻訳 椎根智子・乗松聡子 協力 松崎道幸)

6週間前、日本の福島第一原子力発電所での原子炉損傷を初めて耳にした時、私にはすでに「その後」がわかっていた。
格納容器や燃料プールのいずれかが爆発するようなことがあれば、
北半球で何百万といった規模でガンが増えるであろうということだ。

原子力発電推進派の多くが、このことを否定するであろう。
先週(4月末)、チェルノブイリ原発事故25周年を迎えたが、
チェルノブイリ事故の影響で死亡した人はほとんどなく、
被害者の二世にも遺伝的異常は比較的少なかったと主張する人は少なくなかった。
このような主張は、石炭などと比べいかに原子力が安全か、という議論への安易な飛躍を招いてしまうし、
福島近辺に住む人びとの健康への影響は大したことはないだろうという楽観的な予測にもつながるおそれがある。

しかし、このような見方は、間違った情報に基づいており、短絡的である。
原発事故の健康被害について、一番よく知っているのは私たち医者である。
チェルノブイリによる死亡者数については、これまで激しく論争がなされてきた。
国際原子力機構(IAEA)は、ガンによる死亡者数をおおよそ4000人程度と予測したが、
2009年にニューヨーク科学アカデミーより出版された報告書では、
百万人に近い人びとが、ガンやその他の病気で既に死亡していると報告している。
また、高い被曝線量が多くの流産を引き起こしたので、
実際遺伝子に損傷を受けた胎児でどれだけの数が生まれ出ることができなかったのか、私たちは知るよしもない
(ちなみにベラルーシとウクライナの両国には、奇形で産まれて来た子供たちで一杯のグループホームがある)。

原子力事故には、終わりというものがない。
チェルノブイリの放射性物質の影響の全容が明らかになるまで、これから何十年も、
場合によっては何世代もかかるのである。

ヒロシマ•ナガサキの経験からわかるように、ガンにかかるのには長い年月を要する。
白血病になるのは5年から10年ほどであるが、固形ガンでは15年から60年を要する。
さらに、放射線による突然変異のほとんどは劣性である。
わたしの専門である嚢胞性繊維症などの特定の病気をもつ子供ができるのは、
何世代もかけて、二つの劣性遺伝子がそろうからである。
チェルノブイリとフクシマから放出した様々な放射性物質同位体が原因で、
遠い未来に渡り、一体どれくらいのガンや他の病気が引き起こされるか、わたしたちには到底想像はつかない。

医者はこのような危険性をわかっている。
医者である私たちは、白血病で死にかかっている子どもの命を救おうと必死になる。
乳ガンの転移で死にゆく女性の命を何とか救おうとがんばる。
しかし医学的見解では、不治の病に関して唯一頼りになるのは予防なのである。
故に、核産業に属する物理学者たちに真っ正面から立ち向かうことができるのは、われわれ医者なのだ。

核産業に関係する物理学者たちは、もっともらしく放射線の「許容線量」について話す。
彼らは一律に体内の放射性物質を無視する。
内部被ばくというのは、
原子力発電所、あるいは核兵器実験によって出された放射性物質が身体の中に摂取された、
あるいは吸い込まれることを言い、少量の細胞に対し非常に高い線量を与える。
原子力産業の物理学者たちは、
原発、医療用のX線、宇宙や大地からの自然放射線といった、一般的には内部被ばくよりも害の少ない、
外部被ばくの原因となる同位体のことばかり話すのである。

しかしながら、医者は、放射線の線量に安全なレベルなどないことを、
そして放射線の線量は累積するということを知っている。
その放射線によって変異が起きた細胞は、概して有害である。
私たちは皆、何百種類もの病気の遺伝子を持っている。
嚢胞性繊維症、糖尿病、フェニルケトン尿症、筋ジストロフィーなどである。
今現在記録されている遺伝病の数は2600を越え、
そのうちのいずれも、放射線による変異によって引き起こされる可能性があるのであり、
実際にこれらの病気は、人為的に引き上げられてきているバックグラウンドの放射線レベルと共に増加するだろう。

これまで長い間、核産業に雇われた物理学者たちは、
少なくとも政治力とマスメディアの世界において、医者をしのいできた。
1940年代のマンハッタン計画から、物理学者たちは米国議会へ、いともたやすく出入りしてきた。
彼らは核エネルギーを利用するのに成功し、
そして核兵器や原子力発電推進のロビー活動においては、核エネルギーと同様の力を発揮した。
物理学者たちは米国議会に入り込み、議会は事実上彼らに屈服した。
彼らの技術的進歩は誰もが認めるところだが、その弊害は、何十年も後になってから明らかになる。

それに比べ医者は、議会からほとんどお誘いも受けず、核問題に関してほとんど情報のアクセスや助言の機会がない。
私たち医者は、通常はガンの潜伏期間や放射線生物学の目覚ましい進歩について触れ回ったりはしない。
しかしその結果、私たちは、政策立案者や一般市民に対し、
放射線の長期的危険性や害においての説明を十分にしないでここまで来てしまった。

医者はガン患者が来ても、例えば1980年代にスリーマイル島の風下に住んでいませんでしたか、とか、
スリーマイル島近くの牧草地で草を食んでいた牛のミルクを使ったハーシーズ社のチョコレートを食べましたか、
などとは失礼になるので聞けない。
私たちは、初めから大災害を止めようと戦うよりも、起きてしまった後に処理しようとするが、それではいけない。
医者は核産業に立ち向かわなければならない。

原子力はクリーンでもなく、持続的でもなく、また化石燃料の代替となるものでもない。
それどころか、原子力は実質上地球温暖化を悪化させるものである。
太陽光、風力、地熱利用と、節約を組み合わせることにより、私たちのエネルギー需要は満たされる。

当初は、放射線がガンを引き起こすなど全く思いも寄らなかった。
マリー•キュリー夫人とその娘は、自分たちが扱った放射性物質によって死ぬことになるとは思っていなかった。
しかし、マンハッタン計画の初期の原子力物理学者たちが
放射性元素の有毒性を認識するまでに、長い年月はかからなかった。
私は、彼らの多くと知り合いである。
彼らは、ヒロシマ•ナガサキにおける自分たちの罪が、
核エネルギーの平和利用によって赦免されることを願っていたが、実際にはその罪はより重くなるだけであった。

物理学者の知識によって核の時代は始まった。
医者の知識と、威信と、正当性をもてば、核の時代を終わらせることができる。

ヘレン•カルディコット― PSR(Physicians for Social Responsibility 「社会的責任を果たすための医師団」)創設者。著書に Nuclear Power Is Not the Answer などがある。



関連記事

コメント

非公開コメント

戦わなければ

よく参考にさせていただいております。

福島のことがなければネットなぞあまり利用しなかったです。
3.11以後、ただでさえ腐っていたマスメディアが腐臭を放ち見るに堪えないので仕方なくネットを多用するようになりました。(あと日刊ゲンダイと週刊現代、フライデー)
玉石混交だし、活字媒体よりどうしても無責任不正確になりがちです。

たんぽぽ舎などずっと活動してきた団体のものや、2・3のブログにあたりをつけて調べ物をしています。
このごろデモも行われるようになりましたが、土日祝日じゃあただの遠足ですよ。腐れ役人や社畜どもが出勤している平日お昼でなければ。
あるいは、自動振り替えなどせずに、電気料金は集金に来させるのです。そして、彼らの給料を出している会社についてきちんと彼らに批判するのです。これを20年以上実践している人がいて、私も参考にしようと思いました。
デモに出かけなくても、全国一斉に数千人実行するだけで、電力会社は結構な負担になります。
一つになろう日本とか、超ファッショなムードが気持ち悪いですが、個人個人出来ることを確実にしていくことが大切なのだろうと思います。