fc2ブログ
07.17
Sun
東日本大震災:福島第1原発事故 「地下ダム」設計着手 
東電、着工前倒しを検討
毎日新聞 2011年7月17日 東京朝刊

東京電力は16日、
福島第1原発から出た放射性物質による地下水汚染を防ぐ遮蔽(しゃへい)壁(地下ダム)について、
基本設計に着手したことを明らかにした。
細野豪志原発事故担当相は建築を急ぐ考えを明らかにしており、
東電は当初計画を前倒しして、事故収束に向けた工程表の「ステップ2」
(今月中旬から3~6カ月後まで)の期間内に着工できるか検討中だ。19日に改定する工程表に盛り込む。

地下ダムは、1~4号機の原子炉建屋と隣接するタービン建屋周辺に、
遮蔽目的の壁を地下30メートルまで埋め込む。

東電によると、第1原発地下では、山から海に向かって地下水が1日5~10センチの速度で流れており、
放置すれば放射性物質が地下水を通じて海側に流れる恐れがある。

この計画は工程表の5月の改定で初めて盛り込まれ、6月の改定ではステップ2終了までに工法を検討し、
着工は「中期的課題」としていた。
関係者によると現在、建屋周辺をボーリング調査中で、結果によっては着工が遅れる可能性もあるという。

東電の松本純一原子力・立地本部長代理は16日の会見で
「タービン建屋地下の放射性物質濃度は低く、地下水に高濃度の放射性物質が漏れ出ている可能性は薄い」
としながらも、
「流出のリスクは認識しており、なるべく早く工事に取り掛かりたい」と述べた。【岡田英、中西拓司】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小出裕章先生はラジオたねまきジャーナルのなかで
すでに5月25日から遮蔽壁を作る必要があると話していらっしゃいます

小出:多分、何メートル、多分10メートルとかですね
そういうところまで落ちていくのだと思いますが
いずれにしても地面の中には地下水がありますので
それに接触することになると思います
そうなってしまうと汚染が拡大していくのですが
その拡大を何とか防ぐための処置というのがこれから求められるのではないかと思います

水野:えー。私は地上の話ばかりを今までイメージしていたのですが
地中のだんだん奥深いところの話しにこれからなっていくんですね

小出:はい。でも多分
打てる有効な手立てはあまりないと思いますので
とにかく汚染をどれだけ極分化できるか
外に向かって流れないようにするかということで
私が今考えられるのは
なるべく地中深くまでコンクリートの壁を打ち込むと
そして地下水との接触を出来るだけさせないようにして
溶けたかたまりをそのコンクリートの壁の中から出さないようにすると
せいぜいそのくらいの事しか私には思いつかないです



関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/583-a09ac6c4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top