FC2ブログ

1992年国連での少女のスピーチに今考える。


UN Speech in 1992: Severn Cullis-Suzuki
1992年国連のスピーチ:セヴァーンカリス・スズキ




「エコはカナダの12~13歳の子ども達の集まりで
今の世界を変えるためにがんばっています。
あなたがた大人たちにも、
ぜひ生き方を変えていただくようお願いするために
自分たちで費用をためて
カナダからブラジルまで一万キロの旅をしてきました」


今日の私の話しにはやましい考えは一切ありません
なぜなら、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のためですから
自分の未来を失う事は、選挙で負けたり 株の取引で損をしたりすることとは
訳が違うのですから
私が今ここで話しをしているのは、未来に生きる子ども達のためです
世界中の飢えに苦しむ子ども達のためなのです
そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです

太陽のもとに出るのが私はこわい
オゾン層に穴があいたから
呼吸をすることさえこわい
空気にどんな化学物質が入っているか分からないからです

昔はよく父とバンクーバーで釣りをしたものです
数年前に体中をがんで侵された魚に出会うまでは・・・
そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを私達は耳にします
それらの生き物はもう永遠に戻っては来ないのです

私には夢があります
いつか野生の動物たちの群れや、沢山の鳥や蝶が舞うジャングルを見る事です
でも、私の子どもたちの世代は
もうそんな夢を持つ事さえも許されなくなるのではないか・・・
あなたがたは、私と同じくらいの年の頃にそんな事を心配したことがありますか?
こんなに大変なことがものすごい勢いで起こっているのに
私達人間ときたら まるでまだまだ余裕があるかのような のんきな顔をしています


まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をすればいいのかはっきりとは分かりません
でも、あなたがた大人にも知って欲しいのです
あなた方も良い解決法なんて持っていないという事を
オゾン層に開いた穴をどうやってふさぐのかあなたは知らないでしょ?

死んだ川にどうやってサケを呼び戻せばいいか
あなた方は知らないでしょ?
絶滅した動物をどうやって生き返らせればいいのか、あなた方は知らないでしょ?
そして今はもう砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせればいいのか
あなた方は知らないでしょ?

どうやってなおせばいいのか分からない物を壊し続けるのはもうやめて下さい

ここにいる皆さんは政府とか企業、団体などの代表者でしょう
あるいは、報道関係者か政治家かもしれません

でも本当は、あなた方も誰かの母親であり父親であり
姉妹であり、兄弟であり、叔母であり伯父なのです
そしてあなた方の誰もが 誰かの子どもなのです

私はまだ子どもですが、ここにいる私達みんなが 同じ大きな家族の一員であることを知っています
そうです。五十億以上の人々からなる大家族
いいえ、実は三千万種類の生物からなる大家族です
国境や各国の政府がどんなに私達を分け隔てようとしても
このことは変えようがありません

私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、
一つの目標に向けて心を一つにして行動しなければならないことを知っています

私は怒っています
でも、自分を見失ってはいません
私は恐い
でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを恐れません

私の国での無駄使いは大変なものです
買っては捨て、また買っては捨てています
それでも物を浪費し続ける先進国の国々は
発展途上国の国々と富を分かち合おうとしません
ものが有り余っているのに、私達は自分の富をそのほんの少しでも手放すのが恐いのです

カナダの私達は十分な食べ物と水と住まいを持つ恵まれた生活をしています
時計、自動車、コンピューター、テレビ・・・
私達が持っている物を数え上げたら何日もかかる事でしょう

2日前、ここブラジルで家のないストリートチルドレンと出会い、私達はショックを受けました
一人の子どもが私達にこう言いました
「僕が金持ちだったらな。もしそうなら、家のない子どもみんなに、食べ物と着るものと薬、
それから住む場所と優しさと愛情をあげるのに」

家も何もない一人の子どもが分かち合うことを考えているというのに
全てを持っている私達がこんなにも欲が深いのはいったいどうしてなんでしょう
これらの恵まれない子どもたちが 私と同じくらいの年だという事が私の頭を離れません
どこに生まれついたかによって、こんなにも人生が違ってしまう
私がリオの貧民街に住む子どもの一人だったかもしれないのです
ソマリアの飢えたこどもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、
インドで乞食をしていたかもしれないのです

私はまだ子どもですがこのことを知っています
もし、戦争のために使われているお金を全部貧しさと環境問題を解決するために使えば
この地球は素晴らしい星になるでしょう

学校で、いや、幼稚園でさえあなたがた大人は私たち子どもに
世の中ではどのように振る舞うべきかを教えてくれます
たとえば、

・争いをしないこと
・話し合いで解決すること
・他人を尊重すること
・散らかしたら自分で片付けること
・他の生き物をむやみに傷つけないこと
・分かち合うこと
・そして欲張らないこと

なのになぜあなたがた大人は私達に「するな」という事をしているのですか?

なぜあなた方がこうした会議に出席しているのかどうか忘れないでください
そして一体だれのためにやっているのか
それは、あなた方の子ども。つまり私達のためです
あなた方はこうした会議で私達がどんな世界に育ち生きていくのかを決めているのです

親たちはよく
「大丈夫。すべてうまくいくよ」と言って子どもたちを慰めるものです
あるいは
「この世の終わりじゃあるまいし」とか
「できるだけの事はしているから」とか
しかし大人たちはもう、こんな慰めの言葉さえ使う事が出来なくなっているようです

お聞きしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか?

父はいつも私に「不言実行」
つまり何を言うかではなく、何を行うかでその人の値打ちが決まるといいます

しかし、あなたがた大人がやっていることのせいで私達は泣いています
あなた方はいつも私たちを愛していると言います
でも、これだけは言わせて下さい
もしその言葉が本当なら、どうかそのことを行動で示して下さい

話を聞いて下さってありがとうございました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


19年前の国連での少女のスピーチです
いま、彼女は母になっているかもしれません
この日本の現状
20年前よりももっとひどくなっている地球環境
絶滅する生物だけではなく
全ての生態系をもかえてしまう放射能に汚染された海と日本そして世界
汚染されてしまった放射能は消えないけれど
せめて、これ以上増やさないように行動しなければいけないんだと思いました



関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございます

そうでしたか。私は何も知りませんでした。
無知でいることは恐ろしいものだと思います
いま、この時この場所で聞いていて
19年という歳月が感じられない事に何とも言えない気持ちでいます