FC2ブログ

今 きーこが思う事。

関係している方のツイッターの名前は伏せましたが
これは数日前のツイッターです

@kiiko_chan きーこ
東京新聞、何があったの?ゴメン!知らないので教えて~ RT@声:RT なんかおかしいことが多すぎる。先日の反原発の議員さんの自殺(頭からビニール袋被って死んでたのに自殺扱い)と言い東京新聞の件と言い、・・・


@kiiko_chan きーこ
これですか~?ひどい!私は朝日から東京新聞に変えました♪RT@ 【正しい目線を持った企業を応援しよう!】 東京新聞、大手企業からの広告掲載ストップ。電力不足キャンペーンの疑惑、大手メディアが伝えない事実を報道してくれる唯一の新聞だ。購読して支えよう! 

ま、・・・きーこが私である訳なんですけど・・・
ツイートされている自殺だとされた反原発の議員さんは
その直前まで近所の放射線量を測ってご自分のブログにUPしていました
亡くなった当日は大事な議会がある日でした。
とても自殺するようには思えない程、放射能に関して燃えていらっしゃいました

東京新聞に何があったのかとツイートしたところ
2番目のこと「東京新聞、大手企業からの広告掲載ストップ」が分かりました
広告掲載ストップありそうだしやりそうです(╬◣д◢)

えっと・・・

命と地球を壊すものに税金を使わないでください。
のブログにに表として載っていますが
まずは。。。電通、博報堂

そして今原子力の維持が難しくなりそうで焦っている電力会社は
なりふり構わぬ攻撃に出てきていると思います

わたしは、週刊現代のネット上の記事を
よくブログにも転記させていただいています
昨日も、気になる記事があったのでサイトを見てみると
なんか・・・違和感

広告2広告1広告

全て違う記事です
右側が青いのです
今までたいして気にもとめていなかったけれど
ここは広告のスペース
どのページも広告募集の青い画面になっていました

汚いなΣ(♛♛)東電!!!←私の勝手な推理です。

政府よりも何よりも一番の悪の根源が
競争相手の全くない電力会社各社という事を最近少し理解してきた
ここにブラブラとくっついて
引っ張れば芋のようにゾロゾロ出てくる
これじゃぁ
政治を変えたくたって
何にもできない
まずは、電力会社を潰さなくっちゃ日本は変わらないと今私は思う。

このブログは、独り言ですのでコメント欄は閉めます

いつもコメントや拍手有難うございます
お返事もちゃんとせずにゴメンナサイ。
コメントや拍手にやる気と勇気をいただいています
ありがとうございます(自分の勉強のために始めたブログなのにねw)
けれど、少し誤解もあるかもしれませんので
私の思いも書いておこうかと思います

わたしは上に書いてあるように3月11日を境にして
心の中の思考回路が全く変わってしまいました

3月11日悪夢のようなあの日。悲劇に包まれた日本です
いまだに避難所にいらっしゃる方々や線量の高いところでの生活を強いられている方々
そこで食事をしたり野球をしたり
いい事のように放送するメディアに腹を立てながら毎日を過ごしています

地震と津波だけならば
強い日本人はもっともっと早く立ち直って今明るい未来が見えていたと思っています
そこに原子力発電所があったから
3月11日を境にして
私達は目をそらすことなく放射能との共存の生き方を選ばなければならなくなりました
東北だけではなくもう、多分日本国民すべてだと思っています
食べ物は調べられないまま全国に流通し
汚泥は肥料となり一般に売られ
または、コンクリートになり何処かのビルや道路に変身しているかもしれません
初期の頃には福島の牛が全国の畜産家にも売られていきましたね・・

国のこの放射能をばらまくような方策には全く納得がいきません

人が住むことが出来ない場所は
とても辛いけれども
はっきりと住めないと言い
その方々を救うべきです
人に食べさせられない農作物や肉や魚は
きちんと買い上げて保証していくべきです
風評被害という言葉は
国の政策がいい加減だから生まれるのです
どれだけの放射能が入っているのか
提示しないから(だいたい、暫定基準が高すぎます)
買うのが恐くなるのです

私は
安全ならば原子力発電所をうごかしてもいいとは思っていません
もしも電気がなくなるとしても原発は動かすべきではないと思います

原発を稼働することによる高濃度の放射能廃棄物のゴミを無害化することが出来て
後始末もきちんとできるようになるならば、原子力の電気を使う事について
改めて考え直してもいいかなと思います

何もできないまま(ただ地中に十万年埋めるだなんて)
科学の進歩もないまま(放射性生成物に関して)
このまま使い続けることは間違っています

でも、今の日本は電力会社とそれを支持する政治家と企業と
金と名誉、何だかわからないものでぐちゃぐちゃになっています

私が菅総理を応援しようと思っているのは
いま、原発を廃止することが出来る人物はほかにはいないと思ったからです
孫氏の田電プロジェクトももろ手を挙げての賛成ではないけれど
原発を止める目的のためなら
少々の意見の相違は許容していこうという判断からです
民主党もばらばらで・・・
もともと自民党と社会党のより集めだからバラバラは仕方ないかもしれないけど
日本をよくしていく自覚には欠けていると思います
ただ、今現在菅降ろしを推奨している議員とテレビ局やメディアは原発でドロドロになっている仲間なのだろうと
そう思います。
悲しいかな、日本にはリーダーがいない
だから仕方ないのです


私は無党派です
ただ、自民党の政治はあまり好きではありませんでした
社民党や共産党を支持した事もありますが
これらの政党では今すぐには何もできないと思います

なので、
まずは原発を全て止めてくれる道に進む事が出来る一番の近道を模索しています

今日、なんと、
アメリカが去年から今年にかけて2回の臨界前核実験を実施したことが明らかになりました

自国で処理できないからと自然の美しいモンゴルに核のゴミを持って行くという日本とアメリカと東芝の考え方には
めまいがしますし
いったい何を考えているのだろうと・・・

今すぐ世界中の原発を止めたって
そのゴミは置く場所も始末の方法もないのです

大気は汚れ土は汚れ海も汚れて
でも、
私達は生きていかなければならない


これ以上は我慢できません


これからもっと焦ってくる電力会社や企業や政治家が
多分いろんな手口で何かを画策してくるでしょう
私はそれを見逃さないようにしていきたいと思っています


以上。勝手な独り言で全く個人的な見解を
今私はこう思っていることを忘れないために書いておきました

原子力の汚泥に埋もれて前が見えなくなっている きたなーい経産省の
ツイッターとブログの規制で消されるかもしれないのでバックアップは取っておきましたヽ(。◕ᆺ◕)ノ

そそ、
広告止めるのは辞めて欲しいです・・・



続きを読むに議員の自殺の記事とアメリカの実験の記事を添付します

<参考>


都議会:本会議、与野党の勢力逆転 自民・樺山議員死亡、大荒れの展開 /東京

毎日新聞 2011年7月2日 地方版

都議会自民党の樺山卓司議員(63)=葛飾区選出=が1日朝、死亡した。
これに伴い、都議会の与野党の勢力が逆転。
同日午後、本会議が開かれたが、当初、自民や公明など与党の反対で否決されるとみられていた条例案などが
一転可決され、大荒れの展開となった。

この日午前「樺山議員が自殺か」の一報が都議会に伝わると、自民党の控室は重苦しい雰囲気に包まれた。
ある議員は「議員から『近くモンゴルに視察に行くので参加しないか』と誘われたばかりだった。
5期務めたベテランで、党を支えてきた議員の一人。ぼうぜん自失の状態だ」と落胆した。

一方、民主党の大沢昇幹事長は「明るく行動的な人だったので大変驚いている」とコメントした。
樺山議員の死去で、都議会(定数127)の会派構成は、
民主51▽自民38▽公明23▽共産8▽生活者ネット3▽無所属2▽欠員2--となった。
これまでは民主から選出されている議長を除くと、
自民、公明など知事与党側が野党側を1議席上回っていたが同数となり、議長の裁決が鍵を握ることに。

自民はこの日、役員会や総会を断続的に開いて対応を協議。
午後1時の予定だった本会議の開会は大きく遅れ、午後4時45分に始まった。

本会議では、民主党が提案した、エネルギー使用の節約などを官民が一体となって推進する
「都省エネルギーの推進及びエネルギーの安定的な供給の確保に関する条例」案や、
新銀行東京の経営問題と築地市場の移転・再整備問題に関する二つの特別委員会の存否に関する採決があった。

前日まで条例案は否決され、特別委員会も廃止となる見通しだった
が記名投票で可否同数となり、
議長裁決の結果、条例は可決、両委員会も存続となった。

樺山議員の死去について、石原慎太郎知事は閉会後、報道陣に
「議員の数が逆さになって(結果が)露骨に出てきた」と述べた。
自民のベテラン議員は
「都や知事が提案する議案が通らなくなるのではないか。これからの議会運営が思いやられる」と話した。
【武内亮、柳澤一男】


米が臨界前核実験 批判の声も
7月20日 11時16分 NHK

アメリカ政府が、去年からことしにかけて2回の臨界前核実験を実施したことが明らかになり、
オバマ大統領が掲げる「核なき世界」の実現に逆行するものだという批判の声も上がっています。

アメリカのエネルギー省に属するNNSA=核安全保障局によりますと、
去年12月とことしの2月の2回にわたって、いずれもネバダ州にある核実験場で臨界前核実験を行ったということです。

これでアメリカが行った臨界前核実験は26回となります。
実験についてNNSAは、高性能の爆薬によってプルトニウムの性能を詳細に検証するもので、
保有する核兵器の安全性を確保するのが目的だとしています。

アメリカ政府は1992年に核爆発を伴う核実験の一時停止を宣言していますが、
臨界前核実験はCTBT=包括的核実験禁止条約で禁止されていないなどとして実施を続けており、
今回の実験についても臨界には達しておらず、問題ないという認識を示しています。
しかし、オバマ政権は去年9月にもアメリカとして4年ぶりに臨界前核実験を行ったほか、
核兵器の性能を調べる新たな実験も実施しており、
オバマ大統領が掲げる「核なき世界」の実現に逆行するものだという批判の声も上がっています。


関連記事