スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本太郎さん、福島での取材番組(一部書き出しました)

俳優の山本太郎氏はツイッターで原発に関するコメントをしたため
新番組(ドラマ)からの降板を余儀なくされ、事務所も辞められました
河田昌東氏講演会6/5の講演では一般として会場内に入り、質問もしていらっしゃいます
その、山本太郎さんが
スーパーニュース アンカー 関西テレビ 2011/07/20放送に出演していらっしゃいました
ご自身で福島に入り、細やかな取材をしていらっしゃいます
ぜひ、ご覧ください。

山本太郎が見た福島の現実






深刻さが増す放射能汚染
俳優の山本太郎さんをスタジオに迎えて今の現実に迫ります

山本太郎が福島を現地取材


原発という問題に対してリスクが多い発電方法だという事はなんとなく知っていたけれども
ここまで深刻な状況だという事は知らずに
そしてそのことに対して声を上げることが出来なかった自分に対する怒りというのが一番大きいと思う

ーそれが3月11日の原発の事故以来いろんなものを見て気持ちが高まってきたという事ですか

そうですね
自分への怒りという部分と政府の対応の遅さとか
そういうものに怒りを感じてやっぱり自分が声を上げなきゃと。

ー今回は太郎さん自身が福島で取材にあたって

はい。福島市に行ってきました
福島市は福島第一原発から60キロの場所にあります
30Kの所に人を戻そうとしていますけれども
それよりも遠い60キロの福島市も高濃度に汚染されているんです
ここでも普通の生活を強いられている人がいるという現状を見に行こうということで取材に行ってきました



6月30日市民グループ青木一政さん:
検査した10人のお子さん全員の尿からセシウム134,137が検出されました
この事は福島市周辺の子どもにきわめて高い確度で内部被曝の可能性があるという事を示唆している

ナレーション:
福島市在住の6歳から16歳の10人の子どもの尿を採取し
フランスの研究機関アクロで検査した結果全員から放射性セシウム134と137が検出されたのだ
ついに恐れていた内部被曝が現実のものに

仏ACRO研究所 デービッド・ボアイエ理事長:
さらに正確な状況を把握するにはホールボディカウンターが必要です



放射性セシウムは子ども達の体にどのような影響を与えるのか

医学博士崎山比早子氏:

今まで言われていなかった内分泌腺や免疫をつかさどる臓器に
セシウムがいっぱい溜まるという。
癌年齢に達する前に死ぬっていうことだってあるわけですよ

ナレーション:
チェルノブイリ周辺国で子どもの遺体の病理解剖で明らかになったのは
体内に取り込まれた放射性セシウムが臓器に蓄積し
特に子どもは大人より蓄積率が高いという事実だ


崎山氏:
臓器の重量当たりの蓄積率というのが
子どもは大人の3倍
特に、心臓とか甲状腺とか脳とか・・そういうところですね
それで、
それに加えて子どもは細胞分裂が盛んだから
放射線に対する感受性は3倍という人もいるし10倍という人もいる
それは、年齢によりますよね
だから、ダメージは大人の何十倍ってなるんじゃないですか


ナレーション:
わが子の尿から放射線セシウムが検出された親たちが
その胸の内を山本太郎に語った

9歳男子の母:
どの位身体の中にとどまっていたんだろうって
とどまっている間中放射線を出し続けているのですよね
だから、彼の体に入っていたという事は将来的に軟化の影響があるかもしれない
それを私がそこで受け止められるかなって

8歳女子の母:
もっと勉強して知識を付けるなりしておかなかったのかなって
知識があればもっと早い段階で逃げれたし
子どもに対して申し訳なかったなって思ったのがまず最初です

16歳男子の母:
うちは子どもがすごいショックを受けました
それからの子どもの行動は
自分がこれからどうしたらいいのかって結構真剣に考え始めまして
命と向き合っているというのかな・・
そういうことでこちらも避難という言葉がはっきり見えてきたんです
「入った高校を辞めるなんて考えられないよ」と言っていた子どもが
将来の事を考えたのかなとおもうんだけど
「そういう方法だったら僕たすかるのかな・・」とかそういうのがポロポロでてきたんです

9歳男子の母:
私は戦わなきゃいけない
子どものために戦わなきゃいけないんだなって。親として。
そういうふうに思いました。泣き寝入りだけはしたくない

6歳男子の父:
間違いなくみんな被ばくしているはずなんですよ
あの、そういう意味ではこの結果って
自分たちの子どもの事もあるんですけど
それをみんなに早く浸透してもらって
少しでも子どもたちを逃がす
そのきっかけに一つでもなればいいかなと

16歳男子の母:
全員にですね
福島市も郡山市も福島県全ての子どもさんだけでもいいですから
内部被曝の検査をして欲しいとおもいます  09:07



尿に放射能が出たお子さんたちは
とにかく震災後は原発が心配で
子どもを外に出していなかった
なのに尿からセシウムが出てしまった


放射性物質の規制値への疑問    14;20

世界と比べてかけ離れているかなと
ウクライナと比べてみても



                         (単位 ベクレル/kg)
         牛乳乳製品  野菜類    穀類    肉卵魚

日本       200      500     500     500

ウクライナ   100     40~70     20    肉200
                                  卵  6
                                  魚150




チェルノブイリ事故を経験しているウクライナだからこそ
この数値でないと国の未来はないという数値なのです
ECRRのバズビー博士は「外部被ばくに対して内部被曝は300倍から1000倍の危険性がある」と言っている

数値というのにはいろいろあって厳しいものゆるいものがあるけど
日本で採択されているのは非常に緩い数値なんです
でも、命を守る。子どもを守るというところに立った場合は
予防原則にのっとって厳しい数字を採択されなければ意味がないと思う

この数値っていうのは信じられないっていうか・・
で、おそらく食糧の汚染が進んでいけば
間違いなく基準値というのを上げていきますよね
基準値を上げると言うのは魔法の様なもので
要は、汚染された食べ物が綺麗な食べ物になるという事ですものね

どこにしわ寄せが来るかと言えばそれは僕たち、何よりも放射線の感受性が高い子ども達


利害関係がある人と拉致が規制し緩和するという体制が間違っていて
監督する側がされる側にっ世話になっていたりするからだめなんだと

市民放射能測定所(理事 岩田渉)
食糧などを自分たちで測ろうじゃないかと
自分たちの周りにある食料がどのくらいの数値なのかを把握しようということで
市民が動いてこのような測定所を作った   18:48
シイタケなどの放射線の影響を受けやすい物やコンビニの弁当などからどのような数値が出るかを調べた


サテライト疎開

子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 代表 中手聖一さん

これから本格的に避難や疎開が必要になってくる

・福島市や県が避難先に分校を建てて希望者が疎開する
寄宿舎も作ってもらって子どもたちだけでもいけるようにする
・行政などの支所をたとえば神戸等につくってもらって
その周りに疎開した人達が、支所を核にしてコミュニティーを作る

そうやって福島からの疎開者が励まし合って生活できるようにしないと
でないと、人間そんなに一人ひとり強くないですから
で、いまやっと福島市郡山市で除染計画が始まりました
2年かかって3年かかって ここまで綺麗になったよと言って
そこで、サテライト校にいた人達も一緒に本校に帰ろうかというような
将来に希望が持てるような疎開が今一番必要だと思います

山本太郎:
戦時中なんかも疎開をさせているわけじゃないですか
どうして先人たちがやってきたことを今出来ないんだという話です
経済的な、目の前のお金を守るために人の命を犠牲にするという考え方だと思う

・・北海道に避難した人たちの話し・・・・・

福島って関西からは何百キロもあって遠いじゃないですか
だから今見ている方は
「福島って大変だな」って思いで見ていられると思うけれど
これはもう福島だけの問題じゃないんですよね全国的な問題であって
セシウム牛がいい例だと思うんですが
これはほんの氷山の一角であって、全ての食品に関して汚染の可能性があると
まずここで一つの大きな問題があって
それだけじゃなくて、汚泥ですね
全国の放射性物質を浴びたというその汚泥も200ベクレルでしたっけ?それ以下なら肥料にして外に出してもいいと
流通していいと。
後瓦礫ですね。放射能で侵された瓦礫も全国にばらまかれていると
今していることというのは、綺麗な場所まで汚染されるような状況を作り上げているんですよ
で、しなきゃいけないのは広範囲にわたる移住
そこに人が住むことによって何が起こるかというと
要するに食べ物を作る訳じゃないですか
その食べ物が全国的に流通してしまう訳ですね
という事はその元を断たなきゃダメ
でもそこには生活されている方がいるから保障をするという約束事があって
そうしないと全国に汚染された食べ物はどんどん広がっていくし
汚泥が撒かれたことによって、瓦礫が撒かれたことによって
本当に日本から汚染されていない場所というのが無くなってしまうんじゃないかなと
いったい国は今何をしているのかと
ひょっとして国の重要なことを決める人達というのは
この国の未来を諦めたんじゃないかなって思えるような決定なんじゃないかと思います
だから、
みなさんに声を上げて一緒につながって欲しいんです
少しでも国の方向が変わっていくように、市だとか県だとか
行政に訴えて言ってプレッシャーをかけていかないと
今世論が動かないと
この国の未来は閉ざされてしまうと思います
だから、ぜひ皆さんで声を上げて言って欲しいと思いました






<うえのyoutubeが見られなくなった時の予備>1/3

関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。