一般市民のツイッター・ブログでの原発関係の監視受注は広告代理店に決まったそうです。

「経産省がツイッターとブログの原発に関する情報を監視するらしい。恐ろしい・・・」の続編です

落札が決まりました。
だけど経産省のホームページではすぐに報告しないのですね
税金を使っているのだから国民に報告ぐらいきちんとして欲しいです

このブログのコメに書いていただいたサイトを見に行ったら、もうすでに削除されていたり
ツイッターで流れてすぐに見に行ったらそのブログは無くなっていたり
ここ最近数回、私も「監視されちゃったのかな?」の経験しました

下記の新聞記事を読んで初めて知りました
もう何年も前から監視してるんですね
メディア情報を原発関係に関して監視するという事は
民主主義の国家においてあってもいいことなのでしょうか???


エネ庁が原発記事監視 4年で1億3000万円
東京新聞2011年7月23日 07時06分

経済産業省資源エネルギー庁原発に関するメディア情報を監視してきたことが、本紙の調べで分かった。

本年度発注分を含めると、外部委託費の総額は四年間に約一億三千万円に上る。

昨年度までは、いずれも電力会社役員らが理事を務める財団法人が受注していた。

同庁の資料などによると、昨年度までの三年間は
「電源立地推進調整等事業(即応型情報提供事業)」として、新聞や雑誌の記事を監視する事業
年約一千万~約二千四百万円で外部委託していた。

委託先は、東京電力の勝俣恒久会長が非常勤の理事を務める
日本科学技術振興財団」や、

経産省原子力安全・保安院のOBや元原子力安全委員会委員長らが役員になっている
エネルギー総合工学研究所」といった財団法人ばかりだった。

事業は、一部に同庁ホームページ(HP)にあるQ&Aコーナーの更新が含まれているが、
主には「不正確または不適切な報道を行ったメディアに訂正情報を送る」こと。
ただ同庁によると、メディアに訂正を求めたことは一度もない。

Q&Aのページは現在、福島第一原発の事故を受けて「苦情が多く寄せられたため」(担当者)閉鎖されている。

本年度は震災に伴う第一次補正予算に「ネット上の不正確情報の監視」として八千三百万円を計上。

十五日には委託先を決める入札が行われ、広告代理店が落札した。

福島第一原発の事故で原発への不安が大きくなり、ネット上で情報が乱れ飛んだことを受け、
従来の新聞記事の監視を縮小し、一般市民がツイッターやブログなどを通じて発信する情報の監視に重点を置く。

監視により「不正確または不適切な情報」が見つかった場合は、
原子力の専門家などのアドバイスをもとに、同庁HPに、その情報を打ち消すような内容を掲載するとしている。

資源エネルギー庁原子力立地・核燃料サイクル産業課の話 原子力について正確に報道されていない場合もある。
報道内容を把握し、適切な広報のあり方を検討するため続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう、3年も前からメディアの監視をしていたなんて、
しかも、去年はあの、東電の勝俣の財団法人
天下る財団法人は一体いくつあるのでしょうか・・・
今年度は私達一般市民のブログとツイッターを取り締まるらしいですが
落札した広告代理店ってどこかな?
過去に税金からお金をもらっていた代理店は電通と博報堂だったけど・・



続きを読むにちょっとオマケ。







平成23年度原子力施設立地推進調整事業(地域メディア広報)
次のとおり一般競争入札に付します。

平成23年2月18日
支出負担行為担当官
資源エネルギー庁長官官房総合政策課長 小宮 義則



1.競争入札に付する事項

(1) 作業の名称  平成23年度原子力施設立地推進調整事業(地域メディア広報)




仕様書

1.事業名
平成23年度原子力施設立地推進調整事業(地域メディア広報)

2.事業目的
生活情報紙、タウン誌、地方新聞等(以下「地域メディア」という。)は、
多様な読者層を持ち、その地域の情報伝達者として、大きな役割を果たしていることから、
これを活用した原子力の必要性、安全性等の情報を提供することで、
広く国民により身近で、きめ細やかな広報活動を実施することを目的とする。

3.事業内容
(1) 地域メディアと連携した広報事業の実施

① 地域メディアの募集等

地域メディアから、その読者層等雑誌の特性を考慮し、
高い広報効果が期待できる原子力広報事業の企画(※)を募集し、
有識者(4人程度)により構成する審査委員会において審査の上、11件程度を採択する
なお、募集案内先となる地域メディア、募集方法、審査方法等について提案すること。
(※)平成22年度に採択された企画は、
募集した一般の読者原子力発電所で働く人々等による座談会、施設見学会、
立地地域交流会等を実施して、その採録記事を誌面展開するもの

② 地域メディアによる広報

ア 採択された企画に対し、制作費及び掲載に係る費用を支援する。
なお、平成22年度において支援した費用の実績は、1社当たり150万円程度(税抜き)である。

イ 採択された地域メディアに対し、地域メディアが原子力について読者層に応じたきめ細かな情報発信が行えるよう、
企画等に有益と思われる情報等の提供を数回行うほか、企画に対するアドバイスや活動に対するフォローを行うこと。

ウ 企画から掲載まで(企画への立会い、原稿の校正などを含む。)の管理を行う。

エ 地域メディアが掲載した紙面について、資源エネルギー庁のHPへの活用を検討すること。

(2) 地域メディアとの連携等
採択された地域メディアとの意見交換会を開催するなど連携を図るための方策を提案すること。意見交換会を開催する場合は、メディアの参加旅費については、本事業で負担する。

(3) 事後評価
ア 地域メディアに読者アンケート等を実施させ、読者からの意見等も把握する。
イ 地域メディアが掲載した記事等を納めた電子媒体(CD-R等)を作成する。

これらを踏まえ、上記3.(1)の審査委員会で評価をするとともに、
本年度事業の評価及び来年度以降の取組についての提案を行うこと。

※本事業の実施に当たっては、資源エネルギー庁担当官と連絡・調整を密に すること。

4.報告書の作成
事業の実施結果及び事後評価を踏まえ、次年度以降の取組方などが記載された報告書を作成すること。

5.事業期間
委託契約締結日(ただし、平成23年度予算の成立後)から平成24年3月30日まで

6.納入物
報告書の電子媒体一式及び地域メディアが掲載した記事等を納めた電子媒体(CD-R等)2枚



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんというか・・・
今年度も広告費を沢山使って・・・
税金、こんなところに行っちゃうんだね
これは沢山ある入札の中の一つ
しかも、経産省の中のエネルギー庁だけ
全ての官庁をチェックしたらどれだけいろんな事が出てくるのでしょうか
民主党の「事業仕訳」
あんなに騒いで大々的に仕分けていて
何を仕分けたんだろう・・・・・(。◔‸◔。)??

税金払いたくなくなってきた

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして。原発事故が起きた後にたまたまこのブログを見つけて、それ以来ずっと毎日、記事を読ませていただいてきました。このブログを通して「今何が起きているのか」をおぼろげながら理解する事が出来感謝しています。

このブログが監視の対象となりもし消されるようなことになったら、多くの人が「隠された真実」を知る手がかりを失います。大変なことです。

そこで、ご提案ですが、もし万一そのような事態になった時にも、きーこさんの記事を購読できるように、また読者のつながりが確保できるように、今のうちに希望者にメールアドレスを登録してただき、万一の時はメールの形で記事を配信することも考えていtだけないでしょうか?

毎日大変な努力をされていることに深い敬意と感謝を表します。本当にありがとうございます。

こんにちは。
ところで、URLをツイッターのプロフィール欄に引用させて貰いました。宜しくお願いします。