FC2ブログ

凝縮された6分30秒

宮崎駿監督が1995年に
CHAGE&ASKAの「nOn Your Mark」
プロモーションビデオを作っていました
おもわず、何度も見てしまいました


Studio Ghibli 1995 On Your Mark VOSTFR 投稿者 NeoNemesice


この作品に対しての15年ほど前のインタビュー記事
「memo」というブログの中にありました
このインタビュー記事を読んでから見ると、また、新しい発見があります



記事を転記します・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

――「警官」と「天使」なんて、まるで押井守さんの作品のようですね。

宮崎:
押井さんが天使が生まれるの、生まれないのとか、もったいぶってやっているから、さっさと出しちゃった(笑)。
といっても、天使だとは言っていないし、鳥の人かもしれない。それはどうでもいいんです。

――6分40秒の中に、映画1本分の内容が詰っていると感じました。

宮崎:
暗号のようなものは、いっぱい入れてあるけれども。
音楽映画だから、見た人の感じたように受け取ってもらってかまわないんです。

――冒頭の、のどかな田園風景の中に建つ奇怪な建物は何ですか。

宮崎:
どう解釈してもらってもかまいませんが。
その直後に出てくる放射能注意のマークのついたトラックを見て、何となくわかってもらえればいいと思うんです。
地上には放射能があふれていて、もう人間が住めなくなっている。
でも緑はあふれていて、ちょうどチェルノブイリの周囲がそうだったようにね。
自然のサンクチュアリ(聖地)と、化している。
で、人間は地下に都市を作って住んでいる。
実際はそんな風には住めなくて、地上で病気になりながら住むことになると思いますが。

――このアニメは「On Your Mark」の音楽映画作品として作られていますね。

宮崎:
「位置について」という意味のタイトルだけれど、その内容をわざと曲解して作っています。
いわゆる世紀末の後の話。
放射能があふれ、病気が蔓延した世界。
実際、そういう時代が来るんじゃないかと、僕は思っていますが。
そこで生きるとはどう言うことかを考えながら、作りました。
きっとそういう時代は、ものすごくアナーキーになっていく一方で、
体制批判というようなことについて、ものすごく保守化しているんじゃないか。
それはまだ失うものがあると思っているから。
何にもなくなると、ただのアナーキーになっていって、のたれ死にが始まるんです。
そういうものを紛らわしてくれるのは、「ドラッグ」や「プロスポーツ」や「宗教」でしょう? それが蔓延していく。
そういう時代に、言いたいことを体制から隠すために、隠語にして表現した曲と考えてみた。
ちょっと悪意に満ちた映画なんです(笑)。

――例えば「いつも走り出せば、流行の風邪にやられた」という歌詞の、
「流行の風邪」というのは、放射能や病気に覆われた世界のことでしょうか?

宮崎:
(肯定も否定もせず)地球全体の歴史から見れば、人間の問題なんて流行の風邪みたいなものですからね。

――……二人の警官が救い出す天使は、混沌とした世界の一筋の希望のようにも見えます。
「僕らがそれでも止めないのは……」という歌詞の通り、天使を救出するシーンが何度も繰り返されていますが。
何度かの失敗の後、混沌とした世界から、一筋の救いのように彼女は青空に飛び立つ。
でも、警官たちは地上に取り残されて……。

宮崎:
彼女が救世主だったり、救出を通して彼女と心の交流があったというわけではないんです。
ただ、状況に全面降伏しないで、自分の希望、ここだけは誰にも触らせないぞというものを持っているとしたら、
それを手放さなければならないのなら、誰の手にも届かないところに放してしまおうという。そういうことですよ。
放した瞬間に、心の交流がちらっとあったかもしれないけれども。
それでいい、それだけでいいんです。……きっとまた彼らは警官の仕事に戻るんです。
戻れるかどうか知らないけれど(笑)。

――戻る世界は、また「流行の風邪」の世界。

宮崎:
結局、いつもそこから始まるしかない。
メチャクチャな時代にも、いいことや、ドキドキすることはちゃんとある。
ナウシカの「我々は血を吐きながら、繰り返し繰り返し、その朝を越えて飛ぶ鳥だ」です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・転記、ここまで。





そしてぼくらは いつもの 笑顔と姿で
ほこりにまみれた 服をはらった

この手を離せば 音さえ立てない
落ちていくコインは 二度とかえらない

君と僕 ならんで 夜明けを追い抜いてみたい 自転車

On Your Mark いつも 走り出せば
流行りの風邪にやられた

On Your Mark ぼくらが それでもやめないのは
夢の斜面見上げて いけそうな気がするから

そして僕らはこころの ちいさな空き地で
たがいに振り落とした 言葉の夕立

答を出さない それが答えのような
針の消えた時計の文字を読むように
君と僕すべてを 認めてしまうには まだ若すぎる

On Your Mark いつも 走り出せば
流行りの風邪に やられた

On Your Mark ぼくらが これを無くせないのは
夢の心臓めがけて ぼくらと 呼び合うため

そしてぼくらは
On Your Mark いつも 走り出せば
流行りの風邪に やられた

On Your Mark ぼくらが それでもやめないのは
夢の斜面見上げて行けそうな気がするから

On Your Mark いつも 走り出せば
流行りの風邪にやられた

On Your Mark 僕らがこれを無くせないのは
夢の心臓めがけて僕らと呼び合うため

Oh・・・そしてぼくらは





日本頑張って On Your Mark HD CHAGE and ASKA




関連記事

コメント

非公開コメント

リンクをさせていただきました。

 きーこさん、はじめまして。
 何がきっかけだったのか忘れてしまいましたが、10日ほど前にお訪ねして以来、毎日のように拝読しております。
 知らなかった大切な情報を文字におこしていただき、とても有り難く感謝しております。
 事後報告で申し訳ありませんが、私のブログにリンクをさせていただきました。よろしくお願いします。

宮崎駿監督ってすごい!!!

地上には放射能があふれていて、もう人間が住めなくなっている。
でも緑はあふれていて、ちょうどチェルノブイリの周囲がそうだったようにね。
自然のサンクチュアリ(聖地)と、化している。
で、人間は地下に都市を作って住んでいる。
実際はそんな風には住めなくて、地上で病気になりながら住むことになる…
    うーん、その通りになってしまうなんて。なんてことだ!
きっとそういう時代は、ものすごくアナーキーになっていく一方で、
体制批判というようなことについて、ものすごく保守化しているんじゃないか。ただのアナーキーになっていって、のたれ死にが始まるんです。
そういうものを紛らわしてくれるのは、「ドラッグ」や「プロスポーツ」や「宗教」でしょう? それが蔓延していく。
    うーん、そうなりそうな予感がするね。。。 
ナウシカの「我々は血を吐きながら、繰り返し繰り返し、その朝を越えて飛ぶ鳥だ」
    それこそが3・11以後の俺たちの希望だ!頑張ろう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 今となっては、日本最強カルト「東京五輪」との入れ替わりになる
引退宣言は絶妙なタイミング… でしたね。

 …なんだか、フクイチの地下で巨晋兵がパッパカ、火を吹いてる
イメージが浮かんじゃいました。
墓所の主「やめろ~、やめんか~」