スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社アサツー ディ・ケイは私の事も監視しますか(。◔‸◔。)??


経産省がツイッターとブログの原発に関する情報を監視するらしい。恐ろしい・・・


一般市民のツイッター・ブログでの原発関係の監視受注は広告代理店に決まったそうです。


上記の二つのブログの続編です
落札した会社が分かりました
来年の3月末までで7000万円
すごいですね。
なんども言うけど・・・税金です

そして去年まではメディアの監視だったのに
今回は一般市民・・・私達です

中国の電車の事故が話題になって
テレビでは中国はひどいってみんな声高に話しているけれど
私から見たらあんな大きな原発事故を起こして
国民の避難もさせず、被ばくを平気でさせておいて
メディアも私達の口もふさごうとする日本の方が
もっとひどいように思います

他国の事を非難する前に自分の国の事をよく見つめ直して欲しい
日本はどこに向かって行くのでしょうか?



この7000万円を何故福島の除染の費用や子ども達の避難の費用に回さないのでしょうか・・・





エネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約

東京新聞2011年7月28日 朝刊


経済産業省資源エネルギー庁が多額の税金を使い、原発に関するメディア情報を監視してきた問題で、
一般市民が発するツイッターなどネット情報を監視する本年度の事業は、
広告代理店「アサツーディ・ケイ」(ADK、東京都中央区)が
約七千万円で落札・契約したことが二十七日、同庁への取材で分かった。

同庁によると、入札には複数の団体が参加し、事業の提案内容と入札価格を総合的に評価してADKが落札した。
事業の期間は来年三月末まで。

この問題をめぐっては、同庁が昨年度までの三年間で、計約四千七百万円をかけ、
新聞や雑誌などの原発記事をチェックする事業を、原発と関わりの深い公益法人などに発注してきたことも判明。

海江田万里経産相は「予算があるからといって使い切る必要はない」と細野哲弘同庁長官に指示し、
事業の見直しの可能性も示唆した。
二十七日現在、同庁の担当課は
「大臣談話は見ているが、入札が済んでいる事業であり、事業の終了時に適切な支出だったかしっかり見ていく」と、
見直す考えはないとしている。

ADKの担当者は、
「福島第一原発事故の風評被害防止になる事業だと判断した。
事業内容については委託された立場なので、同庁の出した事業を進めるだけ」と話している。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電通と一緒に新会社設立のようです
大きな仕事も落札できたし、これから順調に伸びていくのでしょうか?
続きを読むに新会社設立の資料添付(見付けたのでとりあえず・・)




平成23年7月27日
株式会社 電 通
代表取締役社長執行役員 石井 直
(東証第1部 コード番号:4324)
株式会社電通デジタル・ホールディングス
代表取締役社長 秋山 平
株式会社アサツー ディ・ケイ 代表取締役社長 清水 與二
(東証第1部 コード番号:9747)
電通、電通デジタル・ホールディングスとアサツー ディ・ケイ、

ネット系メディアレップ「ADKデジタル・コミュニケーションズ」設立で契約締結


本日、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直、以下、「電通」)
および株式会社電通デジタル・ホールディングス(本社:東京都港区、社長:秋山 平、以下、「DDH」)と、
株式会社 アサツー ディ・ケイ(本社:東京都中央区、社長:清水 與二、以下、「ADK」)の間で、

DDHとADKの合弁によるネット系メディアレップ「株式会社ADKデジタル・コミュニケーションズ」(以下、「ADDC」)を
設立することで、契約を締結しました。

今後3社は、契約内容に沿って、8月1日の新会社設立、10月1日の営業開始に向けて、詳細を詰めてまいります。

新会社であるADDCは、DDHグループと連携しながら、メディア・オペレーション業務の効率化を図ってまいります。
また、DDHグループとADKは、ADDCを核に、
デジタル・ビジネス領域全般における次世代型ビジネスモデルの開発に関する研究を行うなど、
更なる協業を推進する予定です。
なお、電通およびADKは、従来通り、デジタル・ビジネスを推進するための営業機能を、
各々が独自に維持・強化していくため、現在の競争関係が継続することに変わりはございません。

今回の基本合意に基づく新会社の概要は次頁の通りです。
本発表は、株式会社電通、株式会社電通デジタル・ホールディングス、株式会社アサツー ディ・ケイ の共同発表です。
重複して配信される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

<新会社の概要>
社名:株式会社ADKデジタル・コミュニケーションズ(英文名:ADK Digital Communications Inc.)
所在地:東京都中央区築地1-13-1 ADK松竹スクエア内
設立日:平成23年8月1日(予定)
営業開始日:平成23年10月1日(予定)
代表取締役社長:戸嶋としま 次じ介かい(現ADKメディア・コンテンツセンター新聞本部長)
資本金:1億円
出資比率 :ADK 51%、DDH 49%
社員数:50人(設立時予定)
本件に関するお問い合わせは下記までお願いします。
株式会社電通 コーポレート・コミュニケーション局 広報部 河南かんなん
TEL:03-6216-8041
http://www.dentsu.co.jp/mail/
株式会社電通デジタル・ホールディングス 広報担当 阿部
TEL:03-6217-1700
e-mail:info@dentsu-digital.co.jp
株式会社アサツー ディ・ケイ 広報室 中島
TEL:03-3547-2003
e-mail:adkpr@adk.jp

関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。