スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古賀氏の自宅前にハクビシンの死骸。

古賀茂明氏の家だけが停電したという昨夜の事件に続いて
下記のニュースが発信されました


公務員改革を訴える古賀氏に嫌がらせ?
【社会】
日刊ゲンダイ2011年07月31日 01:29 更新
 
これは悪質な嫌がらせなのか?
 
天下り問題や東電の発送電分離などについて、著書「日本中枢の崩壊」やメディアで発言している
“改革派官僚”の古賀茂明氏(経産省大臣官房付)の自宅(神奈川県川崎市)が
30日夜7時半ごろ、突然、停電に見舞われた。

当時、大気が不安定で雷が鳴るなどしていたが、古賀家の隣近所で他に停電している家はなく、不可解な状況だった。
 
東電のサービスセンターに復旧を頼んだところ、
営業所から「あちこちで停電しているので時間がかかる」と連絡が入り、
結局、復旧したのは3時間後の午後10時半だった。

この間、東電のホームページでは、神奈川県内の停電を伝える情報は一切なかった。

古賀氏の自宅では先週、玄関前に、頭と口から血を流したハクビシンの死骸が捨てられていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嫌がらせで精神的に追い詰めるつもりなのか、なんなのか分からないけど
やり方が汚いです

手下でも使っているのかしら??

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

だいぶ十数年前でしたか、広瀬隆氏が同じような目に会ってますよ。
彼らのやることは、引き継いでいるようですね。
嫌がらせの尾行やら、盗聴やら、猫の首やら。
昔から、電力会社は普通の老舗大企業とは、ずいぶん違うようでした。
暴力団と警察の両方を使っているな、と思っていました。

No title

なんという卑怯な。 みんなで古賀さんの無事を祈りましょう。 日本が良くなるチャンスは今だ!

古賀氏は辞職に追い込まれた

もうすぐ北風さま

 亀レスにて失礼します。
 ネット上の報道「共同通信2011年9月23日0:48付けの記事」によれば、古賀氏は9月22日に辞表を提出し、9月26日付けで辞職するでそうす。
 北風氏が指摘するような「構図的な権力がらみの威嚇・脅迫活動」は、矢張り真実であった模様ですね。

 古賀氏もさぞや、無念でありましょう。古賀氏の今後一層の御活躍と御健勝を祈ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。