fc2ブログ
08.03
Wed
たった今20011年8月5日午後7時半のクローズアップ現代

途中からですが思い立って内容少しだけ書き出してみました
福島市川又町の住民の方が内部被曝を測った話です
それに対して明石氏はどのように人々に伝えるべきかと悩んでいました
ただ、番組では
「しきい値は無い」と言うECCRの報告には一切触れず
100ミリシーベルト以下は分からない。もしくは安全だという方向で放送していました。

実は・・・私はブラインドタッチができなくて(。♋ฺ‸♋ฺ。)ウルウル
キーを押すのが遅いです
しかもパソコンが古いので変換もめちゃくちゃで出てきます
なので・・・追いつくスピードが遅いから部分的な内容ですが・・・
番組に出た専門家の方の名前が知りたかったということもあります
中途半端かな(。◔‸◔。)??
大体こんな感じでした



・・・・・・・・・・書き出しここから・・・・・・・・・・・・・・・・・

100ミリシーベルト以下なら安全との報道がある

内部被曝のけんさをした川又町の人に
明石真言 (独立行政法人放射線医学総合研究所)
「わずかだから安心だ」

ースタジオー

斉藤 紀(わたり生協病院医師)

調査の眼目な子ども達の甲状腺がんのため
視点は不安の払しょく
福島にいて患者と接して切にそう思う
けれど被害の実態調査に立たなければならないと思う
被災した人の積極的な協力も得なければならない
どのように作られていかなければならないか
この調査の基礎工事が大事だと思う


ーVTR-

将来の不安にどうやって向き合えばいいのか
行動記録を付ける人々がいます

飯館村の住民佐藤健太さん
南相馬。今も高い線量
118μシーベルト

他の住民と動き始めた
行動記録手帳を作りたいと考えて手帳を作った

原発事故以降1年間どこにいたかを書きこみ、万一病気になった時被ばくとの関係を明らかにするために
自分で自分の身を守らなければならないと思ってきた
しかし、手帳に関して
住民からの抵抗がある
被ばくの事実と向き合うのが恐いという

どうしたらいいのかと佐藤さんは講演会に行った
広島で被爆した佐久間邦彦さん講演会を聞いて
60年以上被ばく者として生きてきた経験を福島の人に役立てようと思った

佐藤さんは講演会の後で、手帳を佐久間さんに見てもらった

佐久間さん:被ばくしていると結婚できないとか
そういう面では不安がある
私が開き直れたのは被ばく者なんだと言うことを明らかにすることで前向きになれた


正面から向き合わないといけない都いけないのだと思った佐藤さんは
新たな一文を手帳に加えた

「前向きの生活につなげていけますように」

被ばくしたことへの決意です


ースタジオー

斉藤 紀(わたり生協病院医師):
真正面から受け止めなければいけないという活動
こうしなければ自分の健康を守らないという行動に建ったと言う事に感銘を受けた
この4カ月被曝によって内向きに閉じ込められた事を突破する行動だと感じた


問いかけた事は
多くの方と語り合い何故自分が被ばくしたのか
何故言っぱつがそこにあり導入されたのかを捕まえる一歩だと思う

線量の多い少ないは大事だが
線量自体を自分で見つめとらえ踏み越えていって欲しい
サポートするのは行政であり科学者であり仲間だと思う

関連記事

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/651-9e06591a
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.08.03 21:13 | 編集
こちらこそ、いつもありがとうございます
矢ケ崎先生書き起こし中です(σ๑ε๑)σイェイ
テレビ見ながら書いていたらPC固まって・・ww
でも、書き出したほうが話しの内容が理解できるので
書くの大好きなんです♪
もうちょっと、待っていて下さいd(◕‿-。) ネ❤
たねまきに矢ケ崎先生が出たと分かった時から
mogusa さんのお願いが無くても書き出す予定でいました(。◡ .◕)♡
矢ケ崎先生の話し方は温かくって
ずーっと聞いていたい感じだから
楽しんでやっています。
ki-ko | 2011.08.03 22:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top