北海道泊原発再開No!!武田邦彦先生の声書き出しました(高橋知事の記事あり)

経産省焦ってますよね。
海江田氏は泊を動かす代わりにどんなご褒美を提示したのでしょうか・・(^_^*('-'*/ゴニョゴニョ
高橋はるみ知事の態度はコロッっと変わりました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中部大学武田邦彦氏のブログより

北海道、泊原発の再開:科学的にはNO


北海道の泊原発の再開が問題になっています。でも、あまりに簡単なことですが、科学的には完全にNOです。

1) 震度6の地震で青森県東通原発から、石川県志賀原発まで、
すべての原発が100%の確率で破壊された(破壊=地震が終わっても数ヶ月以上、立ち上がれない破壊)、

2) 特に、東通、福島第一、茨城第二は、全電源を失った。
たまたま福島原発だけが爆発に至っただけで技術的には、同じ危険があった、

3) 泊原発に震度5以上の地震が来る可能性がある、

4) 東日本の原発の安全性をすべて間違った原子力安全委員会、経産省保安院に安全を審査する能力はない。

実にハッキリしています。再開は技術的にはとうてい無理です。
しかも、未だに「救命ボート」も準備されていませんし、住民の避難訓練もされていません。
                                          (平成23年8月10日 午後8時 執筆)

・・・・・・・・・



<武田先生の声、内容書き出し>

北海道の泊原発っていうのがあるんですが
それの再開問題、
定期検査後の再開問題というのが問題になっています。
政治的にはいろんな事があると思いますが
私は科学的技術的に見て、全然話しにならない程ダメだと思います
というのは、
理由は簡単で、普通の方でもよく理解できる事ですが、
まず第一に、震度6の地震でですね
2007年以降、青森県の東通原発から女川原発、福島第一第二
東海第二、柏崎刈羽、それから、石川県の志賀原発まで
全ての原発が100パーセントの確率で破壊されています

ここで言う破壊というのはですね
地震が起こってただ棚の物が落ちるとかそういうのではなくてですね
すごく壊れてしまって数か月たちあがらないような破壊が起こったという事ですけれども
そういう状態ですね
これ、実績です

このうち特に、東通原発、福島第一、、茨城第二っていうのはですね、全電源を失いました

たまたまちょっと、福島原発がですね、電源の回復が遅かったので爆発に至ったので
ま、技術的にはこの3つの原発は同じように爆発して良かったんですね
良かったっていうか・・・爆発する可能性が非常に高かったんですね

で、泊原発には震度5以上の地震が来る可能性があります

この3つから言ってですね、別に議論する程の事はないと思うんですね

えーっ、それでこれを審査した人
今まで青森県の原発から石川県までですね、7つの原子力発電所ですね
これを、診査してきた人は
原子力安全委員会とか経産省の保安員なんですから・・
明らかに間違っている訳ですよ

審査が間違っている訳ですね
その間違った人がもう一回審査するっていうのはですね
どういう事なんですかね


間違っているのはかわいそうですけれども
一応これは重要な国民の命を預かっているところですからね

間違ったらやっぱり、まず反省してですね
間違ったって事を、まず言わなきゃならないですよ



それを言っていないんですよ
「我々の審査は間違った」って
どこが間違ったかって、まず言わなければならないですね

何故間違ったか、
したがって、責任とって辞めるのか辞めないのか

そして、これから間違わないためにはどうするのか

それくらいの事は、もう、誠意ある科学者として言わなきゃいけないですよ。

そしてもう、どうしても、政治的にですね
泊原発が壊れてもいいと
放射線が大量に漏れてもいいというんであれば
それは今度は
地元も了解し、国も了解しているなら仕方がないですね。

しかし、救命ボートぐらいはいるんですよ
それから避難訓練もしなくてはいけません

えー、危険であればですね
当然危険を承知で動かすという事もあり得ますから
その時はその時でやってもらいたいんですよね

私はね
原子力に携わってきた科学者というか技術者としてですね
耐えられないですね

このままの状態で泊原発を再開するというのは、
到底私は胸が痛いですね

ですから、ぜひ、
一つ皆さんですね、
この簡単なことを意識していただいて
泊原発の再開は、全部の原因が分かり、
原子力安全委員会と経産省の保安員がまず謝り、
そして何が原因だったか言い
どうしたらいいか言い

そして全部の事をやってですね、再開してもらいたいと思います
ね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きを読むに書いてある読売新聞の記事から ⇓

高橋知事は、海江田経産相から9日に回答された泊原発3号機に関する国の見解について、
「大変丁寧に回答をいただいた」と前向きに評価した。
ーーなにか貰っちゃうお約束しましたか~?ʅ( ~⊖◝)ʃワカラナーイ

高橋知事は9日、海江田経産相から回答を受けた直後、
道の判断を待たずに営業運転再開に向けた手続きが進められたことに反発。
臨時記者会見を開いて「地元軽視」などと怒りをあらわにしたが、
この日の会見では
「その後、大臣から(方針転換の)電話も受けたので、冷静になった」と穏やかな表情を見せた。
ーーあっという間に態度が180度変わるんだから、
          やっぱ、海江田サンに良い事お約束してもらったんですね~ʅ(◔౪◔)ʃ









続きを読むに北海道の高橋はるみ知事 泊容認のニュースと関連記事載せます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


知事、泊3号機営業運転の容認示唆
2011年8月13日 読売新聞

北海道の高橋はるみ知事は12日の記者会見で、
定期検査中で調整運転している
北海道電力泊原子力発電所3号機(泊村)の営業運転再開を容認する意向を示唆した。

海江田経済産業相が道など地元自治体の意向に配慮する方針に改めたことを受け、態度を軟化させた。

高橋知事は、海江田経産相から9日に回答された泊原発3号機に関する国の見解について、
「大変丁寧に回答をいただいた」と前向きに評価した。

政府が泊原発3号機の定期検査の合否を判断する際、
新たに内閣府原子力安全委員会の意見を求める仕組みにしたことについても、

「(経産省原子力安全・保安院との)ダブルチェックの形(注下記参照)になったことは、
地元として評価する」
と語った。

ただ、道の対応方針を決める前提として、
北電に対して、営業運転再開に向けた最終検査の受検を保安院に申請した経緯を確認する方針を表明。
道は12日、北電に照会した。

今後は、道議会や地元自治体との合意形成が焦点となるが、
高橋知事は
「調整を一生懸命やっている。道民の関心が高い事柄なので、
ゆっくりと時間をかけてやる性格のものではない」と述べ、
迅速に取り組む考えを強調した。

高橋知事は9日、海江田経産相から回答を受けた直後、
道の判断を待たずに営業運転再開に向けた手続きが進められたことに反発。
臨時記者会見を開いて「地元軽視」などと怒りをあらわにしたが、
この日の会見では
「その後、大臣から(方針転換の)電話も受けたので、冷静になった」と穏やかな表情を見せた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ダブルチェックの形(注下記参照)になったことの説明と現実

泊原発3号機の本格運転再開は許せない! 原子力安全委員会臨時会議 (内容一部書き出し)


斑目:
あの、今申し上げた通り、本件につきましては、えーーー
制御成長であるところの原子力安全保安員がしっかりとした判断をすべきものだというふうに
原子力安全委員会としては考えています
傍聴席:安全委員会は何もやらなくていいんですか!?
傍聴席:じゃ、議題にする意味ないじゃないですか

斑目:これは、あくまで、定期検査では、せいぎょうせいちょうである原子力安全保安員に於いて
責任を持って行われるというふうに認識しています
これは、法律上もそういうことになってございます
したがいまして、原子力安全本人におかれましては
えー、まー、あのー、
法律に定められた検索項目についてしっかりと、現場確認等をやっていただき
えー、そのうえで、えー
的確な(ナントカ)の判断をしていただきたい
それが原子力安全委員会の(ナントカ)です


斑目:

原子力安全委員会は原子力安全院の報告をすると言った場合には
受けると言う立場になってございます



と・・・言う事で
二重チェックは全くされていませんから(╬◣д◢)



こちらの関連記事もあわせてどーぞ


海江田はどうしても原発を動かしたいの?泊原発。

広瀬隆:北海道に泊原発を作らせたのはその理由なんです
北海道で幌延町が最終処分中の候補地になったときのために。


泊原発は3号機そのものだけの事でなく
北海道の未来もかかっているし、
ここで泊が動くとこれからの日本の未来が間違った方向に進んで
過去の利権の絡んだ政治と原発社会に戻ってしまいます

断固阻止しなくてはいけないと思います(`ε´)ノおぅ♪


・・・・・・・・・・・・・・・・

この件に関してコメントをいただきました

高橋はるみ知事が容認すると知ってから
私も気になっていました

そうですよね、
できる事は何でもやらなくっちゃ

下記、ダメモトで、北海道知事への連絡先です(๑・ิ⋖⋗・ิ)ノ

北海道のホームページ/ようこそ知事室へ 高橋はるみ知事です

道政に関する相談、苦情、照会など(道政相談)


1 本庁の窓口

   総合政策部知事室道政相談センター(本庁舎1階)
     〒060-8588
     札幌市中央区北3条西6丁目
     電話 011-204-5022(直通)
     FAX 011-241-8181
     メール 入力フォーム  

関連記事

コメント

非公開コメント

ある妄想・・・

精力的な書き出し、乙です(^^)v

さて、仏でつくってもらったプルト君入りのMOX燃料を使わなくてはならないので、プルサーマル原子炉を稼動させなきゃならない。

いまMOX燃料を消費しているのは伊方と高浜の2機(ともに3号機)のようで、玄海(3号機)は伝統的な人をくったやり方が通らなくて再開ストップしちゃったし、浜岡(3号機)はあの首相の一声で停止中。

となると泊(3号機)はなんとしても動かして、仏との契約を履行しなくてはっ! じゃないと、福一での意味のない循環冷却システムで代償を払い続けることになる。。。

・・・と、こんなふうな印象と想像力をかきたてさせてくれる「村民」たちですね。「ほとけ」と「こめ」をあがめつつ、そのじつカネまみれな国直轄の跡夢村。

ところで英は、MOX燃料の日本向け製造工場を閉鎖するらしいけど、米欧には信義にあつい村民たちだから、すぐに一機でもプルサーマルを始動して、息を吹き返させてあげたいのかな・・・?

以上、猛暑の夏の妄想でした・・・(微笑)

入力

書き出し、お疲れ様です。
早速、北海道知事あてにメールを書きました。こんなことしかできないですが、でも、何かをしないと。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます