FC2ブログ

東京 堆肥から基準値超えの放射性物質

やっぱり・・・・

東京・奥多摩産の堆肥から基準値超えの放射性物質
テレ朝ニュース(08/18 21:00)

東京・奥多摩町の堆肥(たいひ)から、暫定許容値を超える放射性物質が検出されました。
市場には流通していないということです。

東京都は、都内の農家が家畜のふんから作った堆肥の放射能検査を行っていますが、
8月10日から15日までに採取された奥多摩町の鶏ふん堆肥から
暫定許容値の1キロあたり400ベクレルを超える890ベクレルの放射性セシウムが検出されました。

鶏にはアメリカ産の配合飼料を与え、鶏舎の中で飼育されていたということです。
この堆肥は、鶏のふんに落ち葉やおがくずを混ぜたもので、
自分の畑で使用するために生産されているため、市場には流通していないということです。
東京都は、この堆肥の処分については検討中としています。

東京都による都内産家畜ふん堆肥の放射能検査(第5 報)
堆肥


福島第一原子力発電所の事故を受け、
都は第5 回目の都内産家畜ふん堆肥の検査を行いましたので、お知らせします。
1 検査内容及び結果

(1)検査実施機関
地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター

(2)検査対象品目
・小笠原村で生産された牛ふん堆肥1 検体
・町田市、奥多摩町、大島町で生産された鶏ふん堆肥5 検体
・葛飾区、渋谷区、世田谷区、羽村市、日野市、府中市、日の出町で生産された馬ふん堆肥8 検体
・世田谷区、青梅市、八王子市で生産された豚ふん堆肥3 検体
・八丈町で生産された山羊ふん堆肥1 検体

(3)検査結果(詳細は別紙)
検査した結果、1 検体((4)参照)を除き暫定許容値(400Bq/kg)未満であった。

(4)暫定許容値を超えた1検体について
奥多摩町の堆肥1検体が暫定許容値を超えた。この堆肥はおがくず、落ち葉、土等に鶏ふんを混合したものである。
なお、この堆肥は自給用であり、流通はしていない。

2 今後の対応
都は、今後とも関係機関と連携し、都内産農産物等の放射能検査を継続していく。

《問い合わせ先》
○都内産家畜ふん堆肥の放射能検査に関すること
産業労働局農林水産部
(連絡先) 電話:03-5320-4828


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月12日第1報(採材日8月8日~8月10日)


牛ふん(あきる野市)77ベクレル/kg
牛ふん(日の出町) 61ベクレル/kg

その他の地域は全てND


8月15日第2報(採材日8月8日~8月10日)


牛ふん(立川市)   19ベクレル/kg
牛ふん(青梅市)  190ベクレル/kg

その他地域は全てND


8月16日第3報(採材日8月8日~8月10日)

牛ふん(瑞穂町)   13ベクレル/kg
牛ふん(瑞穂町)   35ベクレル/kg
牛ふん(八王子市)  55ベクレル/kg
牛ふん(青梅市)  112ベクレル/kg

その他ND

8月17日第4報(採材日8月8日~8月15日)

牛ふん(大島町)   25ベクレル/kg
豚ふん(青梅市)  146ベクレル/kg
豚ふん(青梅市)  149ベクレル/kg
鶏ふん(府中市)   22ベクレル/kg
馬ふん(八王子市)  23ベクレル/kg
鶏ふん(町田市)   19ベクレル/kg
鶏ふん(あきる野市) 75ベクレル/kg

その他ND

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


採材日が同じ日なのに、毎日検査結果が小出しに出てきます
だんだん、数字が増えていきます
今日も検査結果が出るのかな?

牛や馬や鶏、豚の糞から放射性物質が出ているなら
私も出しちゃってるかな(。◔‸◔。)??・・


関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます