fc2ブログ
08.26
Fri
・10メートルを超える津波が想定内だったことについて
・除染しなくても放射能は減ることについて
・子どもの屋外活動1ミリシーベルトについて
・除染後の放射性廃棄物の保管場所について


8月25日水曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]






<参考>
福島第1原発:10メートル超津波 東電、直前に試算報告
毎日新聞 2011年8月24日 20時54分

20110825k0000m040140000p_size5.jpg
福島第1原発に向かって来襲し、高さ10メートルの堤防を乗り越える津波。
5号機南側ののり面から東向きに東京電力社員が撮影した
=2011年3月11日(東電提供)


東京電力は24日、
「福島第1原発に10メートルを超える津波が押し寄せる可能性がある」との試算結果を
08年4~5月にまとめていたことを明らかにした。

しかし「評価の必要がある」として具体的な対策を取らず、
経済産業省原子力安全・保安院に報告したのも事故直前の今年3月7日だった。

これらの事実を東電も保安院も公表せず、
10メートルを超す3月11日の津波について「想定外だった」との説明を繰り返していた。


試算は06年の原発耐震設計審査指針改定に伴い、保安院が指示した再評価作業の一環。
東電は、政府の地震調査研究推進本部の見解に基づき、
三陸沖から房総沖で明治三陸地震(1896年)並みの地震(マグニチュード8.3)が起きたと想定した。
その結果、福島第1原発に到達する津波は
▽5、6号機が10.2メートル
▽1~4号機が8.4~9.3メートル
▽防波堤南側で15.7メートルなどと推定された。

しかし東電は結果を保安院へ報告せず、
1~4号機で5.7メートルとしていた想定津波高の見直しもしなかった。

東電の松本純一原子力・立地本部長代理は24日の会見で
「(10メートル超は)あくまで試算で、運用を変えるほど信用に足る数値か慎重に判断する必要があった」と説明。
事故後、津波を「想定外」としたことについても
「うそをついたわけではない。運用変更は学説や試算でなく固まった評価基準で行われるべきだ」と釈明した。

保安院によると、3月7日の報告では耐震安全審査室長が報告書面を受け取り
「設備面で何らかの対応が必要」と指導したが、4日後に巨大地震が発生。
想定を大幅に上回る津波が深刻な事故を招いた。

東電は08年12月にも、
869年の「貞観(じょうがん)地震」を想定した試算で「8.7~9.2メートル」との結果をまとめ、
09年9月、保安院に報告した。
しかし報告は口頭だったうえ、保安院の担当者から上司に伝わったかどうかも不明という。

保安院は、事故直前の東電からの報告も含め、こうした事実を公表しなかった。
森山善範対策監は24日、
政府の事故調査・検証委員会には説明したことを明らかにし、
「規制機関として十分な対応を取れていなかった」と話した。【藤野基文、岡田英】


福島第1原発:田畑の線量、2年で4割減…政府試算
毎日新聞 2011年8月24日 18時48分
 
政府の原子力災害対策本部は24日、
東京電力福島第1原発周辺の今後の放射線量を予測する考え方や計算方法を原子力安全委員会に報告、
了承された。

安全委によると、原発周辺の田畑では除染をしなくても、2年後に線量が約4割減少する試算結果になるという。
政府は周辺の除染について26日に基本方針を決めるが、今回の試算を参考にするという。

対策本部は、周辺で検出される放射性物質のうち、影響が残るセシウム134と137を重視。
過去の核実験などで国内の田畑に蓄積したセシウムに関する研究に基づき試算した。

放射性物質が半分になる「半減期」が約30年のセシウム137は、
雨などによる拡散効果を考慮すると約18年で半分になる。
半減期が短く現在は検出されていない放射性ヨウ素や、
線量への寄与が小さい放射性ストロンチウムは考慮しないとした。




学校の毎時3・8マイクロ・シーベルト基準廃止
読売新聞2011年8月24日03時04分
 
政府は、学校での屋外活動を制限する放射線量としてきた
毎時3・8マイクロ・シーベルトの基準を廃止し、
今後は同1マイクロ・シーベルトを目安に校庭などの除染を進める方針を固めた。

基準線量が高すぎるとの批判や、福島県内外で独自に除染が進められている状況を受けたもので、
事実上これまでの「安全値」を見直す形だ。
文部科学省は、子供が学校で受ける積算線量
年間1ミリ・シーベルト(1000マイクロ・シーベルト)以下に抑えることを目指し、除染費用を支援する。

毎時1マイクロ・シーベルトは、年間の積算放射線量が1ミリ・シーベルトを超えない目安と位置づけ、
屋外活動を制限する新たな基準とはしない方針。
年間1ミリ・シーベルトは、平常時に自然界や医療行為以外で浴びる線量の限度とされる。



社説:放射能汚染対策 説明尽くし国の責任で
毎日新聞 2011年8月23日 2時30分
 
やっと法の不備が見直され、
東京電力福島第1原発事故で拡散した放射性物質による環境汚染対策が進む見通しになった。

民主、自民、公明3党が、土地の除染や汚染がれきの処理のための特別措置法案で合意した。
議員立法で今国会に提出され、成立の予定だ。

放射性物質に汚染されたがれきなどの処理は、
現行の廃棄物処理法の対象外で、処理の方法や主体などがこれまで規定されていなかった。
成立すれば、放射性物質拡散による原発敷地外の環境汚染に対応する初めての法律になる。

放射性物質を除去し、放射線量を下げる除染は、必要な場所について環境相が「特別地域」に指定。
自治体の意見を聞いて国が実施計画を作り、除染する。
汚染がれきについても、環境相が対策地域を指定し、収集や運搬、保管、処分は国が行う。

いずれも費用は、原発事故の賠償対象として東電が負担する。これが法案の柱である。

国の責任は明確になるが、前途は多難だ。
特に、住民が帰宅することを前提にした大掛かりな除染は世界にも例がなく、先は見えにくい。
どの地域をどれくらいの放射線量まで低減させるのか。
モニタリングに基づく情報の公開と、徹底的な説明責任が国には求められる。

文部科学省は、
福島第1原発から半径20キロ圏内の警戒区域での事故発生1年間の推計積算放射線量を先日、初めて公表した。
50地点中35地点で、避難対象である20ミリシーベルトを超えた。
広範囲の除染の必要性をうかがわせ、今後の除染作業が長期かつ継続的になることが予想される。

だが、たとえ住民の帰宅にとってマイナスの情報でも、事実を知ってもらうことが大前提だ。
また、地域の放射能汚染の程度や範囲によっては、
法案に沿って除染をして帰宅することが現実的でないこともあり得るだろう。

菅直人首相は今週末にも福島県入りし、
警戒区域内で相当長期間にわたり居住が難しい地域が残ることを直接、説明するとされる。
そうだとすれば、データをしっかりと示し、
居住ができないと想定される期間などについて住民に十分説明し、理解を得なくてはならない。
さらに、今後どこで生活してもらうのかを含めた支援策についても考え方を示してもらいたい。

汚染がれきの撤去についても、今後難しい問題が浮上する。
撤去後に焼却した後の汚染灰の最終的な処分場所である。
処分場を福島県内にするのか、他の都道府県にするのか。
国は安全対策に万全を期したうえで、地元の理解を得る努力をしなければならない




続きを読むに内容書き出しました






今日は毎日新聞論説委員の近藤さんと一緒にお話しを伺います
まず、こんな驚くべきニュースが伝えられているんですけれども
今回の東日本大震災のお津波は想定外とされてきましたが
東京電力は昨日、「福島第一原発で10メートルを超える津波が押し寄せる可能性がある
という試算結果を、3年も前にまとめていたということを明らかにしました
そしてあくまでも試算結果だから、信用し難いという事で具体的対策は何も取ってこなかったという事なんですが
小出先生はこれを聞いてどう感じられますか?
ん・・・むずかしいですね
彼らはもともと天災でも人災でも、
「本当に破局的要因になるものはなるべく考えないようにしよう」という
そういう姿勢で今日まできましたので、
大きな津波がありうるとしても、「できれば無視してしまいたい」という考え方はずーっとあったのだと思います

この話にはもう一つありまして、
この試算結果は事故直前の3月7日に原子力安全保安院に報告されていたという事なんですけれども
保安員もその事に関して公表していなかったんです
これについてはどう感じますか?
ま、あり得るというか、いつもの事なんだろうな。と思います

いつものことですか
はい。

で、更に保安院はおととしにも福島第一で津波が6メートルを超える可能性があるという事を
東京電力から口頭で説明を受けていた事があったという事なんですが
担当の職員は対策の指示は出していなかったという情報も伝わっています
これについてはどう思われますか?
大きな津波が来ると言う事は皆さんもちろん了解していた訳で
保安員の直属というかアドバイス機関である原子力安全基盤機構はもう何年も前に
津波の高さごとにブラックアウトになる確率までをも計算して出していたという事実もあります
それらを自分たちにとっては都合が悪いという事で、
「出来る事なら無視してしまいたい」と思いながらここまで来てしまったのだと私は思います

じゃぁ、事故の直後は「想定外」だと言っておいて
今この時期になってこういう事を発表するという事は
もうこの時期に発表しておかないと、「後になってバレると困るから」という事なんでしょうかね
ん・・ま、そんなように私には思えますが・・

近藤:小出先生、今政府が、原子力を規制する新しい組織を環境省の中などにつくろうとしてますけれども
こういう、保安院とか体質ですね、これはどうなんでしょうか、
あたらしい組織で変えて欲しいんですけれども、上手くいくものなんでしょうか
もちろん、私も変えて欲しいとは願いますけれども、
でも、いわゆる「国」というものが、一番根本的な道として原子力が必要だと決めてしまうのであれば
その中でできる仕事というものはもう限られてしまっている訳で
いずれにしてもやる訳ですね。
やるためには最悪な事はやはり考えられないという事は
過去にもずっと続いてきたわけですし、これからもやはりそういう事になるだろうと私は思います

では、あの、国が根本的に原発と言うものを考え直すことが必要な訳ですね
そうです
本当に「原子力なんて言うものに手を染めていいのかどうなのか」という
そこの根本を問わないまま、原子力はともかくやるんだけども安全を強化したい
というようなやり方は私はダメだと思います

それからこんなニュースも入ってきております
政府の原子力災害対策本部は福島第一原子力発電所周辺の今後の放射線量を予測して
原子力安全委員会に報告して認められたというニュースなんですけれども
それによりますと、
原発周辺での田畑では、
除染をしなくても放射性物質は雨に流されたりするから2年後に放射線量はおよそ4割減るよ
という試算を出しています
だから、「除染はそんなにしなくてもいいよ」と言いたいのかもしれませんけれども
これについて先生はどう受け止められますか?
除染はいずれにしても出来ないのです
しなくてもいいというよりは、もともと出来ません

田畑の土を剥してしまえば田畑は死んでしまいますし
森林などはもともと除染などはできません
ただし、放射性物質というのはそれぞれ寿命があります
現在、土壌を汚染しているのは、セシウム137と134という
二つの放射性物質が中心になっていますが、
そのうち134のほうは、それ自身の寿命が2年で半分になるという程度のものですので
134に関しては2年経てば50%減るというそういうものなんですね
ただ、137の方が半分に減るまでに30年という時間があって、それがなかなか減らないと。
風雨で飛んでいく、汚染が拡散していく、
あるいは地面に染み込んでいって、地表の放射線量が下がるという効果はありますけれども
随分長い間汚染が続くだろうと考える以外にありません
ただし、一番初めの2年間というものはセシウム134がそれなりに減ってくれるので
多分40%減るという国の試算は私はそれなりに合っていると思います

でも、雨や風によって広がっていくという事があるということは
汚染が広範囲に広がるという事になるんですよね
もちろんそうです
いずれにしても放射性物質というのは自分の寿命以外には全く減りませんので
放射性物質の寿命以上に早く減っているということであれば
それがまた、別の場所に移動しているという事にすぎません

ということは、その場での放射線量が減ったからと言って安心できるよ。という事では全然ないんですよね
はい。もちろんありませんし、
国のほうはどうも当初2年間だけ言ったようですけれども、
それ以降はほとんど減らないと思わなければいけません

あ~・・そうなんですか
はい

じゃもう、変わらない状態が続く
要するに、セシウム134が当初2年間で減っていってくれるというだけなので
それ以降は137が中心になりますので、
もう、あとはほとんど減らないという事になってしまいます

わかりました。
そんな中、政府は学校の子どもの屋外活動を制限する放射線量として決めていた
年間20ミリシーベルトがありましたが、それを廃止して
年間1ミリシーベルト以下を目安とする方針を固めたというニュースが入ってきていますが
これについてはどうお考えになりますか
あまりにも遅すぎたと思いますし
どうも、今言っているのは学校だけで1ミリシーベルトを許すという、そんな事らしいのですね
でも、私は子どもというものに関しては学校と家庭と合わせて1ミリシーベルトになるように
除染なりなんなりを考えないといけないと思います

生活で受ける放射線量全てを合わせて1ミリシーベルト以内にならないといけないという事ですね
はい。
せめて子どもに対してはそうすべきだと思います

それから、明日ですね
国会で、放射能汚染に対応する特別措置法案が成立する見通しなんですが
この法律では、国は責任を持って高濃度汚染地域の除染をするとなっていますけど、
除染で出る大量の汚染された土などの最終処分場が決まっていないまま法案が通るという事になっています
で、地元に仮置きするという方針が国にはあるようですけれども、反発が強くなっていまして
国は福島県外に処分場を建設するというふうにしていますけれども
やはりこれは実現の可能性というのは難しいですよね
大変難しい問題だと思います
ただ、今私達が汚染と呼んでいる物は、
もともと東京電力福島第一原子力発電所の原子炉の中にあったものなのですね
東京電力のもの、な訳です。
そんなものを本当はまき散らしてはいけなかったのに東京電力がまき散らした訳です
ですから私はそれは東京電力に返すのが一番いいと思います

というと、具体的にはどういう・・
東京電力福島第一発電所の敷地の中に戻すか
ま、私の夢ですけれども、東京電力の本社に持って行って欲しいと、おもいます。
それは、出来ないのかもしれませんが・・
ただ、もっと現実的な事を言えばですね
これから福島原子力発電所を、何らかの形で石棺とか、
地下のバウンダリーというのを作らなければいけないのですが
そういう構造物を作る時に、例えば高濃度の下水処理場の汚泥とか
瓦礫になっている一部のコンクリートとか、
そういうものはその材料に使うのがいいのではないかと思います


これからチェルノブイリのような状況に福島第一原発をしていく中に於いての構造物の材料として
そういった汚染されたものを集めて使うという事ですか
はい。
いずれにしてもそこは墓場にする以外ありませんので、
それに使うのが現実的には良いのではないかと思います

やっぱり、他の地域に持って行ってそこで最終処分するというのは
もう、今の状況ではかなり難しいですよね
ようするに、
きちんと管理を何十年何百年に渡って続けなければいけないという、そういう毒物ですので、
全国にばらまいてしまうと、やはり、管理をできなくなる恐れが強いと思います

その管理自体もかなり長い間ずーっと続けて管理しなければならないという事になるんですものね
そうです
少なくても今、青森県六ケ所村に埋め捨てにしている
原子力発電所からの低レベルの放射線廃棄物と言っている物の管理は300年と言ってますので
今広がっている瓦礫等はそれをしのぐほどの汚染物ですので
300年、あるいはもっと長い間管理が出来ないといけない
と思います

その事も含めて国は早急に考えなければいけないという事ですね
はい

関連記事
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/742-6374b573
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top