FC2ブログ

本当に豊かな未来のために、脱原発!


野田さんが総理大臣になって、負けちゃいそうになる心に
この記事はものすごくうれしい☆。◕‿◕。)ノ♡
ありがとうございます。東京新聞。


「脱原発」を堅持しよう 日本の未来のエネルギー
東京新聞 2011年9月2日


猛暑の夏が過ぎていく。
どうやら、原発に依存しない暮らしのかたちも見えた。
本当に豊かな未来のために、脱原発の方向性はこのまま堅持するべきだ。

九月に入り、朝晩の空気はめっきり涼しくなった。

首都圏も東北も、そして名古屋も、記録的猛暑といわれた夏を、ほぼ原発に頼らずに乗り切った。

東京電力と東北電力管内の電力使用制限令は、九日までに前倒しで解除になる。
中部電力管内では、自動車業界の土日操業効果もあって、百万キロワット、中型原発一基分の電力が節約された。

原発に依存しない夏

原発なしでは、産業も暮らしも立ちゆかないという、
経済産業省と電力業界挙げての強い“警告”も、どうやら杞憂(きゆう)に終わりそうな気配が強い。

むしろ生活者の間には「原発なしでもいけそうだ」という自信がわいたのではないか。
身の回りの電気のむだを洗い出し、電力に依存し過ぎた暮らしを見直すきっかけがつかめたのではあるまいか。
LEDの普及など、省エネ型の社会基盤整備にも弾みがついたのではないか。

脱原発路線を打ち出した菅直人首相が退陣し、新しい内閣がきょうにも発足する。

野田佳彦新首相
「原発を新設しない」としながらも、「安全性を確認した原発を活用し、電力の安定供給を確保する」と、
再稼働容認の立場を鮮明にしており、
民主党代表選に出馬した五人の中で、脱原発からは最も遠いといわれている。
脱原発、脱原発依存路線からの後退、あるいは揺り戻しを心配する声も高くなっている。

菅内閣末期には「原子力ムラ」の巻き返しがささやかれ、
定期検査などで停止中の原発を拙速に再稼働させようとする動きが活発になってきた。
だが、菅内閣の総評はさておいて、脱原発の方向性は、
福島第一原発の惨状を目にした多くの国民に、一定の評価を受けている。
国民の意思と願いが込められた脱原発の金看板を、そう簡単に掛け替えるべきではない。

事故後、間もなく半年になる。
経産省原子力安全・保安院は、福島第一原発から飛散した放射性セシウム量が、
広島型原爆百六十八個分に上ることを公表した
文部科学省の調査では、土壌汚染の最高濃度は一五〇〇万ベクレル以上に上る。

徐々に明らかになる放射能汚染の実態は予想以上に深刻で、広範囲にわたっており、
避難の長期化は避けられない。

発送電分離は不可避

風評被害も後を絶たず、桃や稲作農家の悩みは深い。
牛たちは野生化し、作付けのできない田畑、ふるさとの風景は荒れていく。

損害補償の基準だけはようやくできた。
賠償総額は数兆円規模に上るというが、廃炉費用を含めればゼロが一つ増えるとの見方もある。
いずれにしても、東京電力が独りで担える額ではない。
電気料金の値上げも含めて、そのツケは国民すべてにのしかかる。
原発は高くつく。安全上も経済的にも、あまりにリスクが高すぎる。

再稼働できたとしても、原発の新設は将来にわたって不可能だ。
放射性廃棄物処分場の立地もままならない。
既存の原子炉の寿命が尽きれば、原発はいずれにしても“安楽死”させる以外にない。

その意味で、脱原発は後退ではなく進化である。

国内の総発電量に占める原発の割合は三割弱、二、三割の節電が不可能ではないことは、この夏実証された
その上に太陽光や風力などの自然エネルギーや廃熱利用を上積みすれば、私たちは今より豊かになれる。

自然エネルギーの全量買い取りを電力会社に義務づけた再生エネルギー特別措置法が成立し、
大手がしのぎを削る太陽光以外の風力、小型水力発電分野にベンチャー企業の進出が盛んになった。
技術革新も進んでいる。

自然エネルギー市場を安定させるには、真の電力自由化が欠かせない。

特措法には「円滑な供給の確保に支障が生ずる場合」には、買い取りを拒否できるという抜け穴が開いている。
これをふさぐ必要がある。

そして大手電力会社の地域独占を廃し発電事業と送電事業を分離させ、
いつ、どこからでも自然エネルギーによる電力が家庭や事業所に送り届けられる環境を整えるべきである。
欧米にできて、日本にできないわけがない。


国家百年の計として

電源の地域分散、電気の地産地消が可能になれば、
建設にも維持管理にも巨額の費用がかかる原発は自然にいらなくなるはずだ。

私たちの暮らしを守り安心を取り戻し有望な新産業の育成を図るため、
新内閣には百年先を見据えた、新たなエネルギー政策を示してほしい。脱原発こそ、国家百年の計である。


・・・・・・・・・・・・・・・

チェルノブイリハートで、
チェルノブイリは広島原爆90個だと言っていた

経産省原子力安全・保安院は、福島第一原発から飛散した放射性セシウム量が、
広島型原爆168個分に上ることを公表した。

チェルノブイリの倍近くの放射性セシウムがばらまかれ、
いまもまだ、現地から放出されている


関連記事

コメント

非公開コメント