スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えちゃったので見付けてきました!9/6武田先生がアツイ!!「たかじんのそこまで言って委員会 9月4日 教育SP」(内容書き出し)

たかじんのそこまで言って委員会 9月4日 教育SP



こちらの動画では↑ 65:40からです。



子ども相談室00:57

02:00
東北の野菜とか牛肉を食べたら僕らはどうなるの?(小4男子)

武田:
もちろん健康を害しますから出来るだけ捨ててもらいたい。
それは決まってます
仕方がないです。
ええ。今生産するのが間違ってる
綺麗になってから生産しないと
畑に青酸カリが撒かれたと
青酸カリをのけてから植えて下さい
これは順序。
仕方ないですよ。ね。
撒かれたのは撒かれた
こんなことはいくら言っても仕方がない。
もう、そんな事をぐずぐず言わない方がいい。

たかじん:東北ったって広いからね

辛坊:
武田さんおおざっぱな。東北ったって北は青森から南は福島
福島も浜通りから会津まであるんですけれども。どうでしょうか

武田:
わたし、あの、仙台の北の大崎、仙台空港から来ました
大崎のすぐ北の一関
ここには海を通ってね放射性物質が落ちて0.5マイクロシーベルトになりました
また、大変に悲しい現実なんですが
東北の人とか福島の人を助けるには
牛肉を食べるんじゃなくて、別の方法を断固として政府は取らなければいけない
まず、国土を綺麗にしてから
除染をして綺麗にしてから取り組むと言う、固い決意がなければいけない
この期に及んでね、外貨準備高なんかがまだ増えてるの。
ね、子どもたちが困ってるのに
っていうのはね家で言えばね、子どもが病気してるのに親が病院に連れていかないで
ケチに貯金しているのと同じな訳ですよ
この時こそ貯金をはたけって言ってるの
1500兆円も貯金があるんだから
日本の子ども達とね、国土を助けるために
今こそ、子どもたちがこういう質問をしないようにしてほしいですね

辛坊:
実際、除染出来るのかどうなのか
除染するのにどのくらい時間がかかるのか

武田:
最大の見積もりで800兆円とこの前言われましたよ。テレビで。
800兆円先生どうするんですかと
払えないじゃないですかと
いや、払えるじゃないか1500兆円あるんだから。
子どもたちを守るためと日本国土を守るためには何が必要かって事がはっきりすれば
原発もやる気を失いますよ
今、そこが中途半端になっていて、子どもたちが被ばくしてもいい何て言ってるから
結果として「また原発やろうかどうか」なんて議論があって
ま、先程の、わるいけども
原発やるか日本のエネルギーは足りるかなんて言う話しはね、一緒にしてはいけないんですよ
総合教育じゃダメなんです

安全性と必要性は全く別ですね
そういう事は論理的にきちっと考えなくてはいけない
私は農家の方とか全力で救う必要がある
我々の同峰だから。ね。
救うのはね、僕らが被ばくする事じゃないですよ
農家の方が1年休業しても大丈夫なようにちゃんとやる
これは日本国のプライドとしてやりたい0450
ロシアとは違う

辛坊:
もう一遍聞きますよ
東北の野菜とか牛肉を食べたら僕らはどうなるの?

武田;
健康を壊します。
我々の全くの宝の日本の子どもの健康を壊す事は絶対にあっちゃいけない

今村克彦:
ちょちょちょっとまってくださいよ
あのね、あのぉー
この番組こんなん言うべきじゃないって思います。
あの、言われている事はすごく、極めて当たり前ですけど、
あのね、それね、やっぱりお偉いさんね、現場に行ってないから言える事であって
ほんまにお百姓さんがコメを集めてきて、なけなしの金でガイガーカウンター自分で買って
やってはる現場見たらそんな事は絶対言えない
考え方としてはおうてても、その、一番最初のいい方は取り消すべきやとおもいます。ぼく。

武田:
えーっとね
お百姓さんの命よか子どもの命の方が大切だと私は言ってるんです。
あなたはね

今村:いや、最初のいい方を言ってる

武田:あなたはね

江川達也:いや、感情論を優先して日本は戦争に負けたんです

今村:違いますって、最初のいい方が

江川:言い方じゃなくって内容が正しければ正しいんです

今村:東北のもんは食うなって言い方はおかしいです

武田:
それは仕方がないですよ
東京電力に文句言って下さい
私に文句言ってもしょうがないですよ

今村:
いや、あなたね、
それがそのまま流れたら1年や2年の子は
東北全体の物を食ったらアカンって思うんですよ

武田:
それはね、領域をちゃんと決めて
子どもに食べさせちゃいけないものは出荷しちゃいけないんですよ
いまは、全部混ぜて出荷しています

江川:
重要なのは子どもは影響が高いから、
東北の物は大人が食っていればいいんですよ

武田:
そうそう
僕なんか優先して食う

江川:
子どもはすごい被害を受けるんですよ

武田:うん。それは食べる。子どもにはダメよ

今村:
そういうふうに乱暴に言う事がウリやのはわかりますけれども

江川:だってそうなんですよ

武田:ウリでもなんでもない

今村:ウリですやん

武田:いやいや

今村:言い方を取り消すべきやん

武田:いやぜんぜん

今村:言い方を言ってる

武田:
いやいや、いい方も全然取り消しません。
正しいんだから
子どもたちが被ばくしちゃいけないんですよ

今村:分かってますが、一番最初はそんな事いうてはりません

武田:言いましたよ

今村:東北のもんは食うなと

武田:そうです

今村:東北のもんは食うなって、これだけがつままれて流れたらどうすんの

武田:かまいません

だれか:
かまわないんじゃないの
俺も、東北の物は食わない方がいいと思いますよ

武田:
あのね、子どもは発言できないんですよ
子どもが発言できないって言う事は非常に大切なんですよ
子どもは発言できない。親が言う通りに従います
だから、子どもが食べる物に対して甘くなる

今村:
じゃぁね、東北地方の全ての物を子どもは食ったらアカンと

だれか:アカン

今村:食うべきじゃないと

武田:今はいけない

今村:じゃぁ

三宅:あのね、この、武田さんって言う人はもともと原発推進論者だったんですよ
宗旨替えしてね、いまは

武田:すごく反省しています

三宅:反省病に取りつかれているから、また、ちょっとエキセントリックになってる

武田:いやいや、そうでもないけど

三宅:あのね、学者の中にも色々先生があってね
たとえば、広島長崎で直接的な熱風とか受けた人は即死ですからあれですけどね
微量の放射能を浴びた人で今でもご健在の人は沢山いるんですよ
何万人もいる訳ですね
だって、ラドン温泉とかラジウム温泉とか行った人あるでしょ
あれは放射能浴びに行ってんだから
だからね、「微量な物についてはそんなに神経質になるんじゃない」っていう説もある
これについては武田学説が絶対に正分かんないけどね

江川:わからない!わからないなんて・・

三宅:わたしは、小さな子どもについては感受性が高いから、有害度が高いから
なるべく食べない方がいいに決まってる
しかしもう我々、私なんか食べたってね

江川:三宅先生がみんな食べれば良い

たかじん:
東北のそういう放射能入ったりした牛とか野菜とかね
もう僕らみたいな60歳以上の老人ホームにね
ちょっと、格安で分けてもろたらね。ホンマ食べますよ

武田:
あのね
僕は程度問題を言っていて
1年5ミリシーベルトの被ばく以上は成人男子でも労災扱いになるんですよ
つまり、放射線で白血病になったという労災扱いになる
それが1年5ミリシーベルトですよ。
今、我々は、日本人は1年に子どもに20ミリシーベルトを浴びてもいいと言ってるんですよ
これが私は極端だと言っているだけで、1年5ミリシーベルト以下にするって言うんならね
ぼくは、今、三宅先生が言われたように、別にそんなに反論はないんだけど
1年20ミリシーベルトはひどいんじゃないかってことですね
それから、食材の基準も1年5~20ミリシーベルトになっているので
給食を食べて、原発の近くの子どもたちは40ミリシーベルト浴びるわっけです
40ミリシーベルトって言うのは1年間に胸のレントゲン800回ですからね
ですから、私は1年に子どもたちに胸のレントゲンを800回あびせて
お百姓さんが可哀想だ、農業の人が可哀想だからって言う言い方はね
ちょっと極端だっと言ってるんですね

今村:
ちがいますって
言い方を言ってるんですよ

武田:
私は極端だって言ってるのね

寺脇研(元文部科学省審議官):
先生のおっしゃっている通りで、昔の文部省だったら、もっと、あぶないって言って徹底していたと思うんですよ
ところが、文部科学省になっちゃったもんだから
昔の科学技術庁が半分入っちゃってるわけですよ。
それで、その人達は安全だって言う立場だからやってるんで
非常にやっぱり、文部科学省がね本当に子どものことだけを考えてやれない状態にあるのは
今の状況です

だれか:恐い話しだね。考えてみると

桂ざこば:
僕も武田先生も出荷しないと言うのが一番いいんですけど
今村先生とアレしているのは「東北の野菜とか牛肉を食べたら僕らはどうなるんですか」と
小学校4年が尋ねているんですね
それに対する答えを、ちょっと、分かりやすく言うてやってていうんでしょ?
「食べんほうがよろし」これでいいんですか

今村:
だから、今途中で説明されたような事が最初からあれば
僕はよく分かります。
でも、「東北のもんは食うな」と
この言い方を僕は電波に乗せて流すべきではないと言う


江川:
科学的な言い方なんです
まず、結論を言って理由を説明する


今村:そんなん、どこで切られるかわかりまでんがな。こんな番組

江川:だったら結論を言うべきです

今村:おもろいとこだけ切りますやん

武田:危ないとこだけ出るんですよ

辛坊:
そんなことありませんよ。こんなに公平な番組になんて事を言うんですか
はい。と言う事で最後の質問これです

だれか:最後って2個やん

辛坊:ゆとり世代何で教授からもアホあつかいされます。どうしたらいいですか(大学1年女子)

ゆとり世代は関係なしにアホなんでしょう

会社でもゆとりちゃんって言うもん

学生自身がゆとり教育で何してもい言って言うんです
学生自身が自信を持っていないので可哀想で
ゆとりだからって言うと悲しみますね


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2011年9月4日放送の出演者
司会 やしきたかじん  辛坊治郎
パネラー 三宅久之、所 功、武田邦彦 桂ざこば、勝谷誠彦、江川達也 宮崎哲弥、笛木優子
ゲスト
寺脇 研
(京都造形芸術大学教授 元文部科学省審議官)
下地敏雄
(福岡県久留米市立中学校 国語科教諭)
今村克彦
(京都府小学校元教諭 関西京都今村組最高顧問)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この番組に対して
読売テレビは4日、本日放送分の「たかじんのそこまで言って委員会」の出演者が「東北産は捨てていい」
と発言したことに対し、放送後抗議が殺到したことから、同社幹部とスタッフが緊急会議を行い、同日付で
番組の放送を打ち切りにすると発表した。

と、いう情報が流れていますが、事実の確認はまだできていません。
万が一、このように苦情の電話だけで番組を打ち切りにするような事があったら
ますます、報道の自由が無くなって
今以上に真実が表に出てこない日本になってしまうと思います
この件に関しては、どのようになるのか見つめていきたいと思っています。


たかじんのそこまで言って委員会 ホームページ






関連記事

コメント

非公開コメント

転載させてください

私も同じ意見です。
転載させてください。

No title

いつも貴重な情報提供ありがとうございます。
大震災以降色々な人の意見を聞きましたが、武田先生は一番頼りになる人だと思っています。
ベラルーシに住む日本人の方のブログも見るのですが、あちらは放射能の先輩で、放射能と付き合いながら生活を上手くやっているようです。日本も見習うべきだと思います。食品の基準も、子供は下げるとか、または食品全部に放射線の値を書けばいいのに、と思います。
ちょっと放射能に汚染されたものはオジサンたちにせっせと食べてもらい、子供はキレイの物をあげたいです。
この動画、ユーチューブは削除されていました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2児の母さんへRe: 保存方法・・

メルアドを入れていただいていると思うのですが、何故か誰にでも返信メールが出来ません
ごめんなさい。
ただ、あたらしくUPして下さったyoutubeを見付けてUPしました、
電源落としても大丈夫ですよ~(。◡ .◕)♡
あと、
Craving Explorerでネット上の動画を自分のPCに取り込み、保存ずることが出来ます
無料ソフトですし、わたしも何回か使いましたが大丈夫でしたので
Craving Explorerで検索してインストールしてみるのもいいかもでーす☆。◕‿◕。)ノ♡

がんばれ東北、がんばれたかじんのそこまで委員会

武田は個人的に嫌いだからあいつだけ芸能界から干されたそれで良いと思う。言い方が極端でデリカシーが無い。そういうキャラで売っているかもしれないが今回の件では、東北地方の方への気持ちの配慮があまりに無さ過ぎる。確かに正論を言っているかも知れないが、そこで生活している人々や大切なものを失った人達を更に
追い討ちを掛けるような言い方は良くない。またあなたの一言で迷惑する人がどれだけいるかも考えて欲しい。
でも、子供たちの将来を思っての発言なので先生のそういったところには共感します。

No title

この番組だけは絶対に終わらせないで欲しい。武田はドストレートな言い方しか出来ないので東北の人々には大変失礼な言い方で傷心された事と思いますが許してあげて欲しい。あの人は多分発達障害があるのでしょう。でも悪意があって言ったのではなくあくまで善意での発言なので。しかし、もし番組打ち切りになったら非常にまずいです。今のTV業界であそこまで本音丸出しに放送しているのがありますか?しょうもないクイズ番組や馬鹿げたバラエティー番組ばかりで、漫画やアニメの方がよっぽど確信を付いた内容に触れていて、それをうまく比喩表現で表していると思う。報道番組はもっと確信にせまっていいと思うし、似たり寄ったりな報道にはうんさり。情報が溢れている今だからこそ一番身近なTV番組にはより確かで正直な物を作って欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。