カザフスタン核実験場跡「18年後のセミパラチンスク」(全て文字起こし)




2009年 放送番組


セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~ 1-5 from sonar on Vimeo.




kazafusutann111111111111

中央アジアのカザフスタン
どこまでも広がる平原は実は見えない脅威にさらされています。
1949年から89年までの40年間、ソビエト連邦はここでおよそ500回の核実験を行いました
核実験場の周囲に暮らす人々は何も知らないまま被ばくし
癌をはじめ様々な病に侵されました。
ソビエト政府は住民被害を認識しながらも住民に隠して国権を繰り返しました
そして、放射能汚染は今なお住民の体をむしばみ続けています
実験所の閉鎖から18年、今も残る放射能汚染の爪痕を見つめます

セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~

kazafusutan11.jpg

カイナール村

現地の男性:
核実験が始まったのは1949年の事です
核爆弾が爆発すると大きな赤い玉が現れました
キノコ雲が空に広がりこの村に向かってきました

現地の女性:
巨大なキノコ雲が見えて
爆発するから隠れろと言われました
水と食料は十分あるから
2日間は外に出るなと言われたのです

現地の女性2:
家の中のもの全てが揺れました
地面も揺れました

現地の男性2:
兵隊が来て「窓と戸をぜんぬ閉めて外に出ろ」と言いました
「地面に伏せて空を見るな」と

現地の女性3:
まず、空が赤く祖なり次にキノコ雲が現れました
火の玉がキノコ雲になったのです
キノコ雲は大きくなり続け空を覆いました
幼かったので危険は感じませんでした
おそらく私の目が見えなくなったのは、爆発のせいです

ナレーション 中川緑アナウンサー:
1945年、アメリカが初の核実験を行うとその4年後にはソビエトも続きました
政府が実験の場所として注目したのが
当時ソビエト連邦の構成国だったカザフスタンでした
カザフスタン北東部に広がる日本の四国程の土地
これがセミパラチンスク核実験場です
実験場のすぐそばにはカイナール村、サルジャール村等の集落がありました

サルジャール村 核実験被害者病院

サルジャール村では人々の暮らしが続いています
実験場の閉鎖から18年がたった今も
住民の間に様々な健康被害が現れています

現地の住民女性:
11人の子どものうち7人は死んだ
生まれてすぐに息を引き取った
夫は55歳で死んだ
喉頭がんだった
健康なのは孫娘だけだ

現地の男性:
この子は1975年生まれ
生まれつき知的機能に障害があります
我が家には知的障害の子が後2人
それから、ダウン症の子が3人います

現地の女性:
最愛の家族は父も母も兄弟姉妹も
30歳だった息子のアリヴァエフも みな死んでしまいました

現地の男性:
6人の子どものうち2人は幼くして亡くなりました
子どもたちの死因は放射能ではなく「珍しい病気」とされました
核実験のせいに決まっています
医者は何もできず診断も下せなかった

反核運動家 スルタン・カルトイエフ
病んだ樹が病んだ実を結ぶ事があります
長年放射能を浴び続けた人の子は、病に侵されることが多いのです


セメイ養護施設

医者:
ティムールは2歳3カ月
前頭骨に形状の異常と腫瘍があります
外科手術の第一弾はすでに終了しました
この子は、生まれて間もなく母親に捨てられ養護施設に入れられました

kazafusutan1.jpg

ナレーション:
人類の核の悲劇の始まりは1945年でした


アメリカは原子爆弾を広島と長崎に投下
一瞬で破壊させました



グルジャン・セルガナ 歴史家:
その時から核戦争がはじまりました
アメリカに続いてソ連の物理学者たちが
大量破壊兵器製造の主導権を握ったのです



2~5は続きを読むへ








セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~ 2-5 from sonar on Vimeo.




kazafusutan1111.jpg

ユーリー・ハリトン ソ連の核兵器開発者:
注意が必要な事はよく分かっていました
近類の集落の方向に風が吹いていれば危険です
あの辺りにはセミパラチンスクの他にも、集落が点在していました
とはいえ、改めて考えてみても
あの地域ほど核実験に適した場所はありませんでした
仕方なかったのです


kazafusutan11111.jpg

ボリス・グシェフ博士 放射線医学・環境研究所:
なぜ、カザフスタンが犠牲になったのか、
候補地ならいくらでもあったはずです
山の中や人の居ない場所で好きに実験すればいい
だが、カザフスタンが選ばれた
ソ連の影響下にあり、誰も抗議出来なかったからです

ナレーション:
ソビエト政府は核兵器の開発に膨大な資金をつぎ込みました
実験所に隣接して研究者のための新しい街が作られました


kazafusutan111111.jpg

ユーリー・ハリトン ソ連の核兵器開発者:
突如この川岸に出現したこの都市は
後にクルチャトフと名付けられた
ソ連初の核兵器は極秘のうちに開発された


kazafusutan1111111.jpg

グルジャン・セルガジナ 歴史家:
クルチャトフの住民は約3万人
核実験場での仕事が増えていくにつれて、町の住民も増えていきました
町の中は住宅や社会インフラが整備されただけでなく、研究室や工場も作られました
全ては核開発のためです


ナレーション:
1949年8月29日
ソビエトは初めての核実験を行いました
セミパラチンクスが完璧な核実験場であることが証明されました

グルジャン・セルガジナ 歴史家:
工業ビルや橋
地下鉄の駅も作られました
豚や羊、ネズミなど 実験用の動物が用意され
兵士や商工の格好をしたマネキンも配置されました
これらはすべて最初の衝撃を測るために使われました
爆弾は地上30メートルに配置され、午前7時に点火されました
太陽光の数100倍の強烈な光で空がカッと明るくなりました
核爆発の結果は予想外のものでした
実験前の予測では、爆風は比較的住民の少ない地域へ流れるはずでした
ところが予想に反し、人口が密集した地域へと流れてしまったのです
そして多くの村が放射能雲に覆われました

その余波は国外にも及びました


kazafusutan11111111.jpg

カイシャ・アタハノヴァ カザフスタン環境保護評議会:
実験で1500人が放射能にさらされ
今も苦しんでいます


外を散歩していると
水平線が赤く染まり、大きなキノコ雲が現れた
珍しい雲だったので見とれてしまった
あまりの壮観に惚れぼれした
30分後軍が到着し、建物内へ入れといわれた
全員マスクと防護服姿で何かの装置を見ていた

その装置で私達を調べ
一人200gのウオッカをくれた
だから、私達はそれを飲んだ。


ナレーション:
カザフスタンの人々は今も問い続けています
ソビエト政府は、何時、カザフスタンの住民が健康を害していると気付いたのか
住民は大量殺りく兵器の開発のための実験台とされたのか

kazafusutan111111111.jpg

ソビエト保健省の医師だったサイム・バルマノウィッチは
政府の代表として実験場に派遣されました
彼は、1957年のある日、政府の役人に会った時の事をこう振り返ります


kazafusutan1111111111.jpg

サイム・バルマノヴィッチ 元ソビエト保健省 医師:
高級なプライベートホテルへ案内されました
私の経験から言えば”異様に高級”でした
夜には客が来て一緒に酒を飲んだ
きっと、酔わせようとしていたのでしょう
迎えの車が来て、共産党本部に連れていかれ
”実験は成功”という文書に署名しろと言われました

なんか変だ。待遇が良すぎる
金はどこから出ているのだろう?

2度目の接待の時に抗議しました
「滞在したのは都市であり実験場ではない」
「それに、地元住民から苦情も出ている」


ナレーション:
バルマノヴィッチは医療チームの責任として
実験場周辺に暮らす人々の放射能の影響を調査しました
その結果、貧血症、がん、統合失調所などの深刻な健康被害が出ていることが明らかになりました
kazafusutan11111111111.jpg


報告書はモスクワに送られましたがその後行方が分からなくなり、
バルマノヴィッチは実験場に近付く事を禁じられました


サイム・バルマノヴィッチ:
軍関係者はこう言いました
「木を切れば木片が呼び散るのは当然だ」


セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~ 3-5 from sonar on Vimeo.



1950年代セミパラチンスクに医療専門の研究所が設立されました。
核汚染による被ばくの影響を調べるためです


ボリス・グシェフ博士 放射能医学環境研究所:
ここはブルセラ症第4診療所
もちろんそんなのはウソで、ソ連国家保安委員会(KGB)の施設です
この施設の事は最高機密で当時雇われたものは全員宣誓書に署名させられました
「どんな情報も漏らさない」と
これはとても厳しい措置で、もし違反すれば長期間の刑務所暮らしは確実でした


アマンベク・カセノフ


kazafusutan111111111111.jpg

私たちの町には放射能研究所がありました
旧ソ連の時代には10日間仕事を休んでそこへ行かされました
南京錠のついた隔離病棟に入れられ、まるでモルモットのように調べられました

ナレーション:
当時この研究所の職員だったボリスグシェフは医療チームを率いて実験所近郊の村々を訪れました
核実験前にはほとんど見られなかった肺がんと乳がんの患者が目立って増えていました



ボリス・グシェフ博士 放射能医学環境研究所:
あるグループの腫瘍疾患の患者数と死者数から、被ばくした住民全体の患者数を推定すると、
その数はなんと、広島と長崎の被ばく患者の2倍にもなります。

ナレーション:
医療チームは放射能汚染によって引き起こされた疾患の詳細な記録を取り
そのデータをソビエト政府に送りました。
しかし、これはあくまでも調査でしかありませんでした。


ボリス・グシェフ博士 放射能医学環境研究所:
調査の目的は治療ではなかった。
私はその事を認識していました。
入院患者を調査しただけで、治療しなかったのです。
核戦争を想定する上で重要な要素の一つが住民の存在です。
住民の行動や被害状況を観察することも、実験の一つの目的だったと思われます。
彼らはまさにモルモットにされたのです。


ナレーション:
モルモットにされたのはカザフスタンの住民だけではありません
ソビエトの兵士たちもまた、核兵器の製造を進める政府に利用されたのです。



核爆弾が爆発した後の事です
一つの師団が戦車とともに爆心地へ派遣されました


kazafusutan1111111111111.jpg

ウラジミール・オスコルコフ 歴史家
戦場に近い行動を取らせどうなるか見るためでした
人体実験だったのです


kazafusutan11111111111111.jpg

メルギス・メトフ 元ソ連兵:
私たちは核実験場に送られました
連れて行かれたのは、2回目の地下実験が行われた爆心地でした。
将校たちは結果をよく知っていたので
私たちをせかしてすぐに出発させました。
車は汚染されているから中で寝てはいけないと言われ、
しかたなく軍服姿のまま地面で寝ました。
夜は軍服一枚では寒かった。
34~35歳の時、顔面けいれんが悪化しました。
けいれんを起こすのは、顔のこちら側です。
最近は他にも問題があります。緑内障と白内障です。
右目はほとんど見えません



ボリス・グシェフ博士 放射線医学・環境研究所:
私の研究所でも兵士の健康を観察しました。
悲惨な症状ばかりでした。
しかし、それ以上に問題なのは、かかわった兵士が1年後には消えてしまった事です。
20~30年後他の機関が当時の兵士を探しましたが、見付けることはできませんでした。
名前と住所のデータが処分されてしまったからです。


メルギス・メトフ 元ソ連兵:
任務を果たしただけです
志願したのではなく、命令に従ったのです。
きっとこうなる運命だったのでしょう


kazafusutan111111111111111.jpg

ナレーション:
1963年、アメリカとソビエトは部分的核実験禁止条約に調印
大気圏内での核実験は禁止されました



kazafusutan1111111111111111.jpg

アンドレイ・サハロフ 原子物理学者・人権運動家:
放射能粒子による大気圏汚染はほぼ完全に消滅した。
私たちは何千何万もの人命をもって、核実験の代償を支払い続けてきたが、
支払いは終了した

ナレーション:
しかし、大気圏内での核実験の停止は実験場所が地下に移ったということだけのことでした。
セミパラチンスク核実験場の地下では340回の核実験が行われました。

kazafusutan11111111111111111.jpg

スルタン・カルトイエフ 反核運動家:
地下は曖昧な言葉です
地下水は染み出します
坑道が損傷し、放射性元素が大気中に噴出したこともあります。


ナレーション:
大気圏内での核実験が停止された後も、住民の健康被害は止まりませんでした。

kazafusutan111111111111111111.jpg

アブディカリコヴァ家:
長男は1960年生まれ
13人の子どものうち5人は死にました。
1969年にカイナールに来て、残った子どもは8人だけです
ある際も病気で3月~4月は入院していました
腸の病気を患っているのです。
内臓が悪くて、



セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~ 4-5 from sonar on Vimeo.





kazafusutan1111111111111111111.jpg

シャーハンナイエフ・アキンバイ医師 カイナール病院 院長:
アルサイには知的障害もあります
アルサイの兄弟姉妹も同じ障害があります。
一人を除いて全員が知的障害なのです。


アマンベク・カセノフ:
地下核実験が開始されると
実験は月に2回の頻度で行われました。
これは核爆発で出来た湖の一つで

kazafusutan11111111111111111111.jpg

サルジャール村から約20キロの場所にあります。
私たちは今でもここの水を飲んでいます。
他に水源がないからです。

kazafusutan111111111111111111111.jpg kazafusutan1111111111111111111111.jpg

当時、この辺で放牧すると、家畜の毛は抜け落ち、皮膚がむき出しになりました。
サルジャール村では、家畜が狂犬病を発症しました。
犬の毛も抜け落ち丸裸になってしまいました。


kazafusutan11111111111111111111111.jpg

ジャリシリク・ベイセケイエフ:
牧草は放射能で汚染され、その草を食べた家畜も汚染されました。
汚染された家畜が食肉加工工場へ送られても、誰にも見分けることなどできません。
汚染ソーセージは皆の口に入りました。


ナレーション:
カザフスタンの人々にとって最大の悲劇は、子どもたちの健康が脅かされている事です。
放射能汚染の影響が親から子へと受け継がれているのです。


kazafusutan111111111111111111111111.jpg

サイム・バルマノヴィッチ 元ソビエト保健省 医師:
放射能がゲノムに有害な事は、かなり前に証明されています。
それは遺伝性です。
カザフスタンの人々はこれから10世代に渡って、
被ばくが原因の血液疾患に苦しむでしょう。
10世代です。


kazafusutan1111111111111111111111111.jpg

スルタン・カルトイエフ 反核運動家:
何故病気の子が多いのか、何故、障害の発生率が高いのか、
当然核実験と関係がある筈です。それ以外に原因などあり得ません。
ただひとつ・・・核実験だけ
それが死をもたらすのです。


kazafusutan11111111111111111111111111.jpg

ボリス・グシェフ博士 放射能医学・環境研究所:
全ての器官には体細胞があります。
体細胞の突然変異が自然に起きる確率は100万分の1。
自然に起きた変異は免疫系に破壊されます。

しかし、電離放射線や重金属などの影響で体細胞変異が起きることもあり、
その場合は、次世代に引き継がれるとみられています。


kazafusutan111111111111111111111111111.jpg

ガルナラ・エルトゥスパイエヴァ博士 血液学者:
受診する子どもたちの多くは、貧血症、免疫不全、がんを発症しています。
再生不良性貧血や溶血性貧血には核実験が関係していると私は思います。

オリガ・コレワ博士 血液学者:
全ての血液疾患の原因は核実験にあると思います。
白血病や再生不良性貧血などは、核実験場での活動と関連しているのです。


アルガバス村

kazafusutan1111111111111111111111111111.jpg

アルテエィナイ・インティベコワ アルガバスの医師:
時には前例もなく、よく分からない現象に出会う事もあります。
この村では自殺は珍しくありません。
特に若者の自殺が非常に多いのです。

アマンベク・カセノフ:
昔は誰も自殺などしなかったのに、今ではあまりに多いので驚きもしません。
隣人が、若者が、老人が、次々に命を絶つ。
全て核実験のせいですよ。


kazafusutan11111111111111111111111111111.jpg

1970年生まれの長男は、何歳だったか忘れましたが、11~12年前に自殺しました。
1972年生まれの別の子は14年前に死にました。
末の息子は去年28歳で亡くなりました。

アルテエィナイ・インティベコワ アルガバスの医師:
腫瘍疾患も増えています。
以上を抱えて生まれる子どもも後を絶ちません。

kazafusutan111111111111111111111111111111.jpg


アディルは2歳
水頭症性無脳症を患っています。

kazafusutan1111111111111111111111111111111.jpg

エルボル・イブライモフ博士 セメイ養護施設長:
彼は水頭症の手術を受けましたが、頭部膨張が続いています。
これ以上の手術は不可能です。



kazafusutan11111111111111111111111111111111.jpg

アルメルト・キム博士 放射線腫瘍学者:
この地域は明らかに以上です
カザフスタンの他の地域と比較すると、病気にかかる率が2.5~3倍も高いのです。



セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~ 5-5 from sonar on Vimeo.



肺がんでの発生率は国内で1位
女性の乳がんについても同じです。
ロシア全体を含めても1位で、さらに若年での発症が多い。
原因は放射能だけとは言いきれません
東カザフスタンの環境にも原因があるのです。
工場地帯は工場からの粉じんで、大気汚染もひどい。
こうした要素が重なり合って、肺がんを発生させるのかもしれません。

しかし、患者を治療してきて確信しました。
病気は核実験の影響だと。
ロシアの科学者は、実験の影響を過小評価しています。

ナレーション:
ソビエト政府は住民たちの健康被害が放射能汚染によるものだとは認めず、
食事や公衆衛生、気候の問題だとしてきました。
さらにカザフの人々には遺伝子に異常があるとさえ主張しました。
映画製作者のアナール・カシャガノヴァは1990年に核実験をめぐってソビエト政府と対立しました。

kazafusutann1.jpg

アナール・カシャガノヴァ 映画製作者:
あまりに馬鹿げた話でショックでした。
「こうなったのは全て自業自得だ」
「果物や野菜を食べないから死ぬんだ」と言うのです。
信じられません


ナレーション:
このような態度が現在のロシアでもあまり変わっていない事は、
放射線科学者の発言からもうかがえます。



kazafusutann11.jpg

放射線科学者:
カナダにあるような美しい家を建てて、美しい道路を作れば、
生活は一変し、核実験の影響など忘れるでしょう。


kazafusutann111.jpg

ナレーション:
カザフスタン政府は放射能汚染の被害者に最低限の年金と一時金を支給し、
治療費を無料にしました。
しかし、ロシアは断固として責任を認めていません。

1989年2月、セミパラチンスク核実験場で2度の地下核実験が行われ、
爆発が大気圏へ達したといううわさが流れました。
この時、カザフスタンの国民的詩人が立ちあがりました。


kazafusutann1111.jpg

オルジャススレメイノフ 詩人:
爆発のニュースを聞いて不安になった。
地下核実験は安全だと聞かされてきた。害はないと。
今回隠ぺいしたという事は、過去にもしているはずだ。
これで何度目なんだ?


kazafusutann11111.jpg

長い沈黙の時は終わった。今こそみんなで声をあげよう。


アナール・カシャガノヴァ 映画製作者:
その時初めて、セミパラチンスク核実験場についての公式な説明を受けました。
そしてやっと、放射能のもたらす病気や悪影響について知ったのです。
それは・・・
カザフスタン人だけでなく、すべての生物に及ぶ影響です。


ナレーション:
ソビエトの自由家ペレストトロイカによってカザフスタンでの全国的な抗議運動が可能になりました。
運動は人々の心をとらえ、200万人が参加しました。
市民運動は成功しました。
1989年、セミパラチンスク核実験場におけるすべての核実験が停止。
1991年ソビエトから独立したカザフスタンは、その後非核地帯となりました。
しかし、恐怖は過ぎ去ったわけではありません。
核実験場一体の放射能レベルは今も正常値の10倍を示しています。


カイシャ・アタハノヴァ カザフスタン環境保護評議会:
私が調査した時は、草が生い茂っていました。
丈が非常に高く明らかに異常でした。
誰かが、湖や川に稚魚を放つと、異常に大きく成長し巨大魚になりました。
追跡するのは不可能ですし、毎日監視することもできません。



kazafusutann111111.jpg

よく眠れるなら良かった。
体力がつけば病気と闘える。
パイを食べよう。
二人の健康を祈って。

コーランを読んで。

もちろんだ。

kazafusutann1111111.jpg

アキンバイ医師 カイナール病院院長
住民は苦しみから逃られません。全員が犠牲者なのです。
一番大事なのは彼らです。
善良な人達ばかりです。
ここは、我々の祖先の土地。母なる大地です。
だから誰も出て行こうとしないのです。
毎年絶望が増していきます。
何とか出来ればいいのですが


kazafusutann11111111.jpgkazafusutann111111111.jpg


ナレーション:
核兵器が人類に何をもたらすのか、
カザフスタン セミパラチンスク核実験場跡地で人々は今も押し寄せてくる脅威と戦い続けています。

kazafusutann1111111111.jpgkazafusutann11111111111


ーーーーーーーー



原発事故の放出セシウム、原爆の168倍 保安院公表
朝日新聞 2011年8月27日

経済産業省原子力安全・保安院は26日、
東京電力福島第一原子力発電所事故と、広島に投下された原子爆弾で大気中に放出された放射性物質の
種類別の量をまとめた資料を公表した。単純計算すると、
原発事故の放出量はセシウム137が原爆の168.5倍、ヨウ素131が2.5倍にあたる。

小出裕章氏講演会@台東2011/8/27(内容殆ど書き出しました)

ーー上記小出先生の講演会より一部転記ーー

小出裕章氏:
日本で原子力発電所が動き出したのは1966年です
それ以降、どれだけ、じゃぁ原子力から発電をしたのかというと、
現在までに、約7兆キロワットアワーという膨大な電気を起こしたという事になっているのです
それは、膨大な核分裂生成物が生み出されてしまったという事。
広島原爆がばらまいた核分裂生成物の何万発分に相当するかというと、110万発分。
・・・という放射性物質をすでに私達は作ってしまったという事です
セシウムの半減期を差し引いても約80万発分、あるいは90万発分という量がある。







関連記事

テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
嬉しい♪
✿記事の転記について✿
2023052642.jpg
コメントありがとう♪
コメントありがとうございます。    お返事はなかな書けませんが、    とても励まされて勇気を頂いています。 感謝でーす(๑♥‿♥๑)ノ いろいろとコメントをいただいていますが、 たとえば私のブログよりも長いコメントや、直接ブログの内容と関係が無いもの、 何回読んでも私が意味を理解できないものは 公表しない場合がありますのでご了承ください。 きーこは、あんまり頭がよくないので、 難しい事柄をたくさん並べられるとこんがらかって分からない時がたびたびあります。 意味が分からないまま公表していた時もありましたが、これからは承認しない時があっても許して下さい。d(◕‿-。) ネ❤ 私は読ませていただいていますので… 私にも理解できる様に書いていただけると嬉しいですw
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

憲法の始まり
王様をしばる法
  憲法が変わっちゃったら  どうなるの?
自民党案シュミレーション
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
バイバイ危険なげんぱーつ♪


 
肥田舜太郎
放射能なんかに負けない
小出裕章
歌いました♪
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
用意しておこう!
広瀬隆さんの勧めマスク
99%防御
ケンコーコム
大きくてキッチンで便利
ドリンク館
バッグに1本
飲んでます
いろいろ調べてこれを選びました
ベクレルフリー食品
なんと!小出先生が相談
img59700363.jpg 『あんしんな食で人々を幸せに』   ホワイトフード株式会社
時々飲んでいます
わたしは怪しいものを食べる前に  飲んでいます
私のガイガーカウンター
表示までに時間がかかる気がしますが、とても軽くて電池使用なので便利です。他と比べていません。ただわたしが使っているという事だけです(๑◠‿◠๑)ノ  ↓
現在悩み中
原発の電気買いたくない
楽天ショッピング
放射能測定済み食品専門店
測定下限値が低い
ベルラド放射能安全研究所チェコ支局
税込み3,150円以上配送料無料  代金引換 代引手数料は無料
除菌実感!
   自分でつくる銀イオン水      Ag+で 消臭 除菌 抗菌
免疫力を高める
沖縄いろいろ
岡山の食品