FC2ブログ

(茨城、東海村)放射性物質が環境に漏れないための換気装置がトラブルで一時停止9/13

使用済み核燃料再処理工場で一時トラブル 茨城・東海村
asahi.com 2011年9月13日23時51分

 日本原子力研究開発機構は13日、茨城県東海村にある使用済み核燃料の再処理工場で、放射性物質を内部に閉じ込めるための換気装置が一時的に停止するトラブルがあったと発表した。放射性物質の外部への漏れはないという。

 同機構によると、トラブルがあった換気装置は使用済み核燃料を切断する部屋などの3台。空気を排出して部屋の中の気圧を低く保ち、外に放射性物質が漏れないようにしている。同日午後6時20分ごろ、電気系統の点検でこの3台を止めたところ、再起動せず、本来切り替わるはずの予備機3台も作動しなかった。約20分後に復旧したが、装置を動かす機器の故障が原因とみられている。(西川迅)


関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます