FC2ブログ

東京新聞社説に思う「今後の報道に期待」


「放射能を付ける」発言問題の時は
東京新聞も他紙と同じような記事を書いていたので
がっかりしたのは事実です
けれど、
このような社説を書いて下さったことに、これからも期待していきたいし、
正しい情報を国民のために発信していっていただきたいと思っています

メディアと政治を考える 自由な言葉あってこそ
東京新聞 2011年9月20日


政治家の発言をメディアが報じることで現実の政治が動く。そんな事例が相次いでいる。
分かりやすい結末を追い求める落とし穴にはまっていないか。

鉢呂吉雄前経済産業相が一連の「問題発言」の責任をとる形で大臣を辞任したのは、就任わずか九日目だった。

問題とされた発言は二つある。
まず九日の会見で福島第一原発周辺の地域を「人っ子一人いない。まさに死の町」と呼んだ件。
次いで、同日夕から翌朝にかけて一斉に報じられた「放射能をうつしてやる」という記者への発言だ。

◆しゃくし定規の息苦しさ

後者の放射能発言は
鉢呂氏が原発周辺の自治体視察から東京・赤坂の議員宿舎に帰ったとき、
宿舎のエントランスで記者団に囲まれた際に語った発言である。

鉢呂氏は記者との懇談を非公式なものと認識しており
「発言内容自体も正確には覚えていない」と釈明している。録音記録も残っていないようだ。

いずれの発言も大臣として不適切な発言として批判を浴びて、当初は説明を尽くす考えだったが、
放射能発言が報じられた十日夜になって結局、辞任を表明した。

たしかにテレビカメラも入った会見で「死の町」という表現は適切とは言えない。
ただ、絶対に許されないほど不穏当だったかと言えば、議論の余地は残る。

後に明らかになったことだが、
細川律夫前厚生労働相も五月の参院行政監視委員会で民主党議員の質問に答えて
「町全体が本当に死の町のような印象を受けました」と語っている。

本紙を含めて新聞も「ゴーストタウン」という表現を使ってきた。
「死の町」はだめだが「ゴーストタウン」ならいい。
そんなしゃくし定規な議論が広がるようになっては、なんとも息苦しい。

◆言葉狩りのメカニズム

放射能発言も気になる点がある。
発言があったのは八日夜だが、同夜も翌朝もメディアは一行も報じていない。
ところが、九日の「死の町」発言が明らかになった後の同日夕からテレビ、新聞が大きく報じ始めた。

そこには「批判スパイラル」とも呼ぶべきメディアの特性がある。
いったん批判の標的を見つけると、さらなる批判の材料を追い求め、
スパイラル(らせん)状の軌道に乗ったかのように一斉に標的を追い詰めていくのだ。

メディア各社はみな激しく競争している。一社が書けば、他社が後追いする。
そこには多少の疑問があっても一応、批判の輪に加わらなければ、そ
れ自体が意図的な報道回避と受け取られかねないという懸念も働いている。

発言があった日から一日遅れになった今回の放射能発言報道は、
そんなメディア全体の電子回路にスイッチが入ってしまったような展開だったのではないか。

どんなタイミングでどんな内容を報じるかは、メディアの裁量である。
たとえ非公式なオフレコ発言であったとしても「報じるに値するかどうか」の判断はメディア自身に任されるべきだ。
それは言論報道の自由と不可分である。

その点を指摘したうえで、多くのメディアが「批判スパイラル」一色に染まっていく状況を恐れる。
それは言論や価値判断の多様性という社会の根幹をむしばむ事態につながりかねないからだ。

それぞれのメディアが自由に判断した結果、
同じような報道のトーン、価値判断に陥っていくとすれば、なおさらである。
「批判スパイラル」が実は「同調の言葉狩り」になってしまう。それは多様性の尊重とは真逆の事態と言ってもいい。

批判スパイラルを加速させた背景には「問題はいずれ国会で大騒ぎになる」という判断がある。
そういう見通しを織り込んだ記事もあった。
メディアだけにとどまらない。鉢呂氏自身も辞任に際して、その点を考慮しただろう。

ともに「国会で問題になる」という見通しを前提にして、メディアは記事を書き、政治家は身の処し方を考える。
結果があっけない大臣辞任という幕切れだった。

問題発言で大臣が辞めたのは、
菅直人政権で二〇一〇年十一月に辞任した柳田稔元法相、
ことし七月に辞任した松本龍前復興相に続いて三人目だ。
輿石東幹事長は放置できないとみて、情報管理を徹底する方針を打ち出した。

◆不自由さが自殺行為に

問題発言がメディアで批判され、国会紛糾を恐れるあまり、大火事になる前に先手を打って大臣を辞める。
そんな展開が当たり前のようになってきた。

自戒を込めて書く。
メディアも政治家も少し冷静になろう。考える時間が必要だ。
言葉で仕事をしているメディアや政治家が、言葉に不自由になってしまうようでは自殺行為ではないか。



ーーーーーーーーーーーこのブログ内の関連記事ーーーー

報道の在り方を考える。鉢呂大臣インタビュー9/13

「死の町」と言ったのは鉢呂大臣が最初じゃなかった。

鉢呂元経産大臣インタビュー記事に「物申すフジテレビ」



東京新聞の記事をこれからも信じていきたいから
あえて載せます。鉢呂大臣に対してのその日の東京新聞の記事
”経産相「放射能うつす」 防災服すりつけ発言”続きを読む







経産相「放射能うつす」 防災服すりつけ発言

2011年9月10日 朝刊

 鉢呂吉雄経済産業相が東京電力福島第一原発の視察を終えた八日夜、都内で報道陣の一人に防災服をすりつけるしぐさをし、「放射能をうつしてやる」という趣旨の発言をしていたことが九日分かった。与党幹部が九日夜、「事実なら厳しい」と述べるなど、政府、与党内に進退問題に発展するとの見方も浮上した。野党は「死の町」発言と合わせ、十三日召集の国会で追及する姿勢を強めており、野田佳彦首相が厳しい判断を迫られる可能性も出てきた。 

 経産相は九日夜、放射能発言について記者団に「(記憶が)ちょっと定かではない」と説明。防災服をすりつけた行為に関しては「(相手に)近づいていったのは事実だ」と認めた。原子力政策の担当閣僚の問題発言は原発事故対応を最重点に掲げる野田政権にとって大きな痛手だ。

 鉢呂経産相は午前中の「死の町」発言を受けた二度目の記者会見で「被災地の皆さんに誤解を与える表現で軽率だった。大変申し訳ない」と陳謝し、「発言を撤回したい」と明言した。

 首相は九日午後、訪問先の三重県で「死の町」発言について「不穏当な発言だ。謝罪、訂正してほしい」と強い不快感を表明した。記者団の質問に答えた。

 藤村修官房長官も会見で「原発の周辺住民には多大な迷惑を掛けている。言葉の使い方に配慮すべきだ」と批判。ただ「直ちに適格性につながるとは思わない」として、引責辞任を否定した。

 一方、自民党の逢沢一郎国対委員長は都内で記者団に「とんでもない発言だ。所管大臣として自覚しているのか。資質がいきなり問われる事態だ」と指摘。首相の任命責任と合わせて追及していく決意を示した。

 鉢呂氏は八日、首相とともに原発周辺などを視察。九日午前の会見で「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない『死の町』だった」と発言した。



関連記事

コメント

非公開コメント