野田は国民の敵になった

首相「来夏に向け原発再稼働」 米紙インタビューに
東京新聞 2011年9月21日 05時02分

野田佳彦首相は20日、
定期検査中の原子力発電所について
「来夏に向け、再稼働できるものはしないと電力不足になって日本経済の足を引っ張る」と述べ、
電力確保の観点から、遅くとも来夏までの再稼働開始を目指す考えを示した。
米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューに答えた。

首相は東京電力福島第1原発事故を踏まえ、再稼働に地元の理解を得る重要性を指摘。
新規の原発建設は「基本的に困難」との認識を重ねて示し、「脱原発依存」への意欲を見せた。
同時に、代替エネルギーの開発促進が不可欠とも強調した。
(共同)


野田総理NY到着 米紙に「来夏までに原発再稼働」

ANN(09/21 11:52)

国連総会に出席するためニューヨークに到着した野田総理大臣が、アメリカ有力紙の取材に対し、
定期検査で停止中の原発の再稼働を来年の夏までに行う考えを示しました。

ウォール・ストリート・ジャーナルの取材で野田総理は、原発の再稼働問題について
「電力不足になれば日本経済の足を引っ張る」と指摘しました。
地元自治体の理解が大前提としたうえで、「来年の夏に向けて再稼働できるものはしていく」と強調しました。
その野田総理は日本時間の21日午前9時ごろ、仁実夫人を伴ってニューヨークに到着しました。
オバマ大統領との初会談を皮切りに韓国やイギリスなど各国首脳との会談に臨むほか
、国連総会の演説では震災復興や原発事故の収束への決意を訴えます。

ーーーーーーーーーーーーー

バカだ・・・

関連記事

コメント

非公開コメント