反原発を貫く原子力研究者、小出裕章氏の明日への伝言①(内容書き出し)

サンデーフロントライン 9月25日 小出裕章氏



福島第一原発の最新映像です
あの日、この場所から各地に影響を及ぼした放射性物質は
日本人の暮らしも意識も一遍させました
電力不足による節電、食料の放射能汚染

そして、いまだに自宅に戻れないおよそ75000人の人々
番組では今注目されている3人の方々にお話しを伺いました

反原発を貫く原子力研究者、小出裕章さん
電力独占体制の弊害を唱えた改革派官僚、古賀茂明さん
そしてあまりに動きの遅い国会批判で名をはせた放射線被曝の専門家、児玉龍彦さん

大きな反響を呼んでいる反骨の3人による明日への伝言です




小出裕章氏の部分の内容書き出しました続きを読む

原発事故から2カ月経った5月23日
この日は原子力の歴史が変わった人も呼ばれる
原発の危険性を訴える科学者ら4人が、国会で証言したのだ。

  ※京都大学原子炉実験所助教 小出 裕章氏、芝浦工業大学非常勤講師 後藤 政志氏
    神戸大学名誉教授 石橋 克彦氏、ソフトバンク株式会社代表取締役社長 孫  正義氏

その一人が小出裕章氏だ

小出
原子力を推進する人達がどういう対策を取ったかというと
「破局的事故は滅多に起きない」と、「そんなものを想定する事はおかしい」と
だから、想定不適当という烙印を押して、無視してしまうということにした。


「原発はいらない」   小出裕章・京都大学原子炉実験所 助教


925.jpg



京都大学原子炉実験所。
小出さんの研究室は昼間でも薄暗い
節電のためエアコンや照明はほとんど使わないという
62歳の小出さんは37年間原子力の研究を続けてきた
しかし、現在の肩書は助教
昔で言う助手のままだ

小出:
原子力をやるとこんな危険がありますよ
こういう放射能の汚染を起こしますよ
だから一刻も早く原子力は辞めるべきですと言い続けてきたわけですね
残念ながら事故は起きてしまったのですね
ですから私にとって今年は、自分がやってきた仕事が最終的に敗北したという年です



小出氏が原子力の世界に飛び込んだ1968年は、日本の原子力の黎明期
小出氏も未来のエネルギーは原子力しかないと固く信じていた
ところが、研究を始めてすぐ、ある重大な疑問にぶつかったという



小出:
今から思えば大変単純なのですが
原子力発電所というのは都会で引き受けることのできない危険を抱えていると。
過疎地に建てるしかないという事で原子力は進んできたという事に私は気が付いた
というか、それを知ってしまった訳ですね
そうなると、私としてはそんなものは到底認めることはできないと思いましたので
180度私の人生をそこでひっくり返しました。


こうして原発を無くすために研究を進めた小出氏には
同じ志を持つ5人の仲間がいた
ー瀬尾健氏(故人)、小林圭二氏、今中哲二氏、
彼らは異端の研究者とみなされ、それは研究費や昇進にも露骨に表れた
彼ら6人は原子炉実験所の所在地大阪府の熊取町にちなんで
「熊取6人組」と呼ばれるようになった

これは、中国で起きた文化大革命の「4人組」になぞられた呼び名だ



小出:
6人組と呼ばれたわたし達のグループにシンパシーを感じて
一緒に行動しようとして、来てくれた人も実は何人かいるんです


ーー後輩とか?

小出:
はい。
いるんですけれども、私はその人を積極的に誘わなかったんですね
その、自分たちのグループに入れと
それは・・・・・・・ま、言ってみれば
そういう後ろ指をさされるグループに入ってしまうと、研究費が取れないですとか、
そういうことがある。もう、あたりまえのことであるんです


原子力の危険性を訴え続けた37年
しかしその声は届かなかった


小出:
あまりにも力が足りなすぎたんですね
マスコミの人もそうだけど、
私達の言う事を何も取り上げてくれない
政府、電力会社、巨大企業の言う事をきいてマスコミも報道をずっとしてきた



重大な事故が起きた今、全ての原発を止めるべきだと
小出氏は全国を訴え歩いている



小出(講演会):
私たち日本人は騙され続けて、ついに福島の事故も防ぐことが出来ないで
今、変わり果てたこの場にいます
わたしもそうです。みなさんもそうです
どうやってこれから生きていくかという事を、特に若い学生の皆さんには
十分に考えて欲しいとおもっています


一方野田政権は
安全性の確保と地元の理解を前提に、原発を再稼働させる方針だ
全ての原発停止は電力供給に支障をきたし、日本経済が立ち行かないという意見は根強い
現在福島第一原発は循環注水システムが機能したことで
1号機の圧力容器内の温度が100度以下になる等、収束に向かっているとされる
しかし小出氏は
本当の事故収束への道は険しいものだと指摘する


ーー廃炉廃炉と言われていますけれども、これはいつごろ出来るんですか?

小出:できません。何十年か後ですね



アメリカで起きたスリーマイル島事故では
炉心の半分が溶けて圧力容器の底にたまった
燃料を取り出すまでに11年もかかっている

一方福島第一原発でも、溶けた燃料は圧力容器の底に溜まった
ところが福島ではこの圧力容器も損傷し、溶けた燃料が格納容器の中に落下しているとみられている

092514.jpg


小出:
抜け落とされて下に落ちちゃっているんですね
そうなると、(ため息)スリーマイル島のような回収作業は絶対できません。
まったくできない。
どうしたらいいのか、実は分からない



防げなかった破局的な原発事故
我々はここから何を学ぶべきなのか


ーー未来への伝言を最後にお願いしたいのですが

小出:
ウソをつかない
人に対してもウソをつかない
自分に対してもウソをつかないと
もし間違えたならば謝ると
それさえ出来れば原子力なんてありえなかったと、私は思います
全く安全ではない物を、
都会では引き受けられない程の危険を抱えたものを
「安全です。絶対に事故は起こしません」と言い続けて原子力を進めてきたわけですね







「5月23日この日、原子力の歴史が変わった」と、冒頭で言っている
行政委員会での小出氏発言内容全て。



小出裕章氏参議院5/23 行政監視委員会①(内容全て書き出し)



全ての9/25サンデーフロントラインの番組内容はこちら


電力独占体制の弊害を唱えた改革派官僚、古賀茂明氏の明日への伝言②(内容書き出し)

動きの遅い国会批判で名をはせた放射線被曝の専門家、児玉龍彦氏の明日への伝言③(内容書き出し)


小出、古賀、児玉氏の「明日への伝言」を受けてスタジオでのコメント④(内容書き出し)



関連記事

コメント

非公開コメント