9/26今日のふくいち現場の声(1号機配管に水素)

福島第一原子量発電所の収束のために
いつもありがとうございます。


ーーーーーーー2011年9月26日のツイートーーーーーー


ただいまっ(^O^)今日も無事帰って来ましたっ。
1号機の原子炉建屋は今日も作業中止でし。
先週、可燃性ガス測定器で4%Maxって言ったけどまさかの100%越え(*_*)
今ある測定器は可燃性ガスを計るものだから水素単体はわからないけど
東電はほとんどが水素だろうだって言ってる。

配管切んなくて良かった~。
あり得ない事だけど、最初の工程には測定なんて項目なくて前日に決まったから、ヤバかったよ。
水素単体の測定器は今、福島第一にはなくて、28日に準備出来る予定なんだ。
28か29日に測定出来ると思う。結果は明らかだけどね。

その後は窒素置換して窒素パージしながら切断する計画を検討してる。
空気中の酸素濃度は18%位だから空気に触れても爆発だから凄く怖いんだけど…。
窒素も大量に使うから酸欠事故も心配だし…。

水素が配管内に溜まってるのは事故当初のものが抜けてないやつや、
新たな水素が溜まって…と両方の理由があるみたい。
新たな水素は色々な情報によると、どうも燃料被覆管のジルカロイの反応ではなくて
水蒸気が高線量を浴びると水素が発生するみたい。(※1)

どこにどれだけ溜まってるかわかんないから大変だよ。
原子炉建屋だけじゃなくてタービン建屋の配管だって危ないし…。凄い配管の量だよ。
対象配管だけアイソレ(仕切る)出来ればいいんだけど、仕切れる(アイソレ)バルブも壊れてるし、
健全でも気体を止めるには難しいし…。

東電は対象配管だけなんとか対応して工事進めるみたいだけど、
作業側としては先に全体をなんとかしないとって考えるけど多分無理なんだろうな。

東電は1号機爆発の時も絶対爆発は無いって言って
オイラ達は2号機の中の作業、自衛隊や消防はヤード作業してた時にドドドッカーンてきたからなぁ。
自衛隊は東電信じないって撤退しちゃうし…。あれがなきゃもっと自衛隊手伝ったかもなのに。

そんな今の現状で28日に避難準備区域が解除される
もう少し待てないのかなぁ…。せめてカバーリングが出来るまで。
最近ニュースも詳しく伝えないから危険性がわからないのかなぁ。
汚染水処理だってサリーが止まったりまだまだ安心出来ないし…。



※1
福島第一原発、1号機の水素・6号機の水&野田総理の国連での演説に関して後藤政志氏(内容書き出し)

より抜粋

後藤政志氏:
今回見つかった水素は前回のものが残っていた可能性と
水に放射線が当たると微量の水素が出てきます
長時間にわたって出てくる
実際浜岡で水素爆発があったんですけど(プラントの中で)
水野放射性分解で配管で爆発したことがあります



たねまきJ「1号機水素爆発はあるか?]小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)9/26

より抜粋


小出:
それからもう一つは、
水という物質は放射線を浴びると分解して水素と酸素に分かれると言うそういう性質を持っていますので
そうやって今現在も水素が出来続けていて、
それが、配管の一部に水素がたまったという原因の可能性があります。
という事は、酸素も同時に出来ているのですから、
爆発の可能性ももちろんあるだろうと思います

たとえば、何時だったかな?
1999年か2000年頃にですね、浜岡原発の1号機だったと思いますが
配管の中で水素爆発が起きて、配管がボロボロに吹き飛んでですね、
その配管があった部屋のドアまでもが吹き飛ぶというような大きな爆発がありました。
その時の着火源が何だか、未だにわからないという








福島第一発電所1号機格納容器配管から高濃度の水素検出・爆発は?



緊急避難準備区域の一括解除
ーーーーーーーーーーー

私が信用できると思える
現場の声でした。



関連記事

コメント

非公開コメント