速報です。枝野経産大臣が飯田哲也氏、大島堅一氏を起用




枝野経済産業大臣は、
エネルギー基本計画の見直しを議論する総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会を新たに創設し、
これまでの原子力政策に批判的な委員を増加させたこ­とを明らかにしました。


経産省:総合エネルギー調査会委員に「脱原発」論者

毎日新聞 2011年9月27日 東京夕刊

経済産業省は27日、
福島第1原発事故を受け、中長期のエネルギー政策の見直しを議論するため、
総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)に基本問題委員会を新設、
「脱原発」を主張する飯田哲也・環境エネルギー政策研究所長を委員に起用すると発表した。
電力などのエネルギー業界代表は加えなかった。

委員は25人で、飯田氏のほか伴英幸・原子力資料情報室共同代表、
大島堅一・立命館大教授ら従来の原子力政策に批判的な識者が就任。

電力会社の「発送電分離」を主張する八田達夫・大阪大招聘(しょうへい)教授も起用された。

委員長には三村明夫・新日本製鉄会長が就任。

枝野幸男経産相は同日の閣議後会見で
「バランスの取れた議論ができるよう選定した」と強調した。
エネルギー業界からは意見を聞く場を別途設ける。

10月3日に初会合を開き、原発の新増設を掲げた現行のエネルギー基本計画の見直しを議論。
来夏に新しい計画を策定し、政府の「エネルギー・環境会議」が来夏をめどに
総合的なエネルギー政策を策定する際、経産省としての意見を報告し、反映させる方針。
審議はインターネット中継する。【和田憲二】


ーーーーーーーーーーー


枝野さんにエール(○`ε´○)ノおぅ♪
きっと、「直ちに影響はない」と何度も言った責任を取ってくれると期待したいです
潰されないように作戦立ててからお願いします

今後のこの件のニュースは追記でUPしていきます。


ーーーーーーーーーーー

飯田哲也さんはこんな方です
飯田哲也氏のコメント で漠然とした不安が事実と気が付いた6/11(内容書き出し)

大島堅一さんはこんな方です
電気料金の驚異の”からくり”「総括原価方式」←これは知っておくべきですね。(内容書き出し)

関連記事

コメント

非公開コメント

ガス抜きに終わらなければいいね

枝野にしてはすごい進歩だと思う。やはり「直ちに健康に影響無し」発言で、の世論の批判を気にしての人気挽回策なんだろうか?づでも9/27の小出先生のお話(種まきジャーナル)によると、こういう委員会は単なるガス抜きに終わることが多いらしいね。この委員会が単なるガス抜きに終わるのか?、それとも電力政策の転換への第一歩になるのか?注意深く見守って行こうね!