スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/27のふくいち現場の声(初めてプールにフロートを浮かべた)

おかえりなさい。
今日もありがとうございました。


ーーーーーーー


ただいまっ(^O^)今日も1号ガス処理工事の原子炉建屋は作業中止
タービン建屋の方はやってるよ。
明日は水素単体の測定するみたい。明後日から再開かなぁ…。
今日は4号機燃料プールのカバー工事の発表があったね。
8月頃から計画してたんだけど、今日初めてプールにフロート浮かべたよ

工事の内容は4号機のオペフロ(最上階)の爆発後に残ってる瓦礫や鉄骨や壁や装置を解体するんだ。
その作業中に燃料プールに物が落ちないようにプール全体にフロートを浮かべてカバーするんだ。
燃料プールにはまだ1500本近くの燃料があるからね。

フロートは桟橋やヨットハーバーや海上公園なんかで使われてるやつなんだけど、
それを連結して更に鉄板と特殊シートで覆う作業が始まったんだ。思ったよりスムースに進んだみたい。

燃料プールカバーの目的はもう一つあって、
今でもうっすらとモクモクしてるんだけどこれから冬になって外気が下がるともっとモクモクしちゃううんだよね。
そのモクモクを封じ込めるのがもう一つの目的。東電は発表してないけど…。

大まかな流れはカバーが終わるといよいよ解体、
解体終わったら1号機みたいな建屋全体のカバーリングしてから燃料プールの燃料取り出しって流れかな。
その間にも色々やらなくちゃならない事いっぱいあるけどね。

ところでいつも東電発表や報道みると、
「東電が実験したところ…、東電が試験したところ…、東電が初めて確認したところ…」って
いい物に関しては東電がって言ってるけど、
ほとんどは機器メーカーや建築メーカーや協力業者なんだよなぁ…。

ところがトラブルになると「協力業者の作業員が…、○○メーカーが…」って発表になるんだよな。
東電がやってる工事の大半は委託業務でプランニングから施工までが業者なんだ。

そのプランニング過程で非常に厳しいコメントやコストや差し戻しを言ってくるのが東電なわけ。
まぁ最終的に決定するのは東電だから東電と言えば東電かもだけど…。
プランニングする方は期限も短期間だし大変なんだよね。

もっと困るのは、この工事は○○でやって下さいって言われること。
それがほとんど高線量下作業で断りたいけど、断れない(>_<)
今、各メーカーや建築メーカーは第二ステップ以降の収束プランニングや提案書を作って、
工事受注に向けて調整してるんじゃないかな。

今日はちょっと直接工事じゃないことつぶやいてしまったでし。
つまらなかったかも…。まぁオイラの一人つぶやきだし…まっいっか。


ーーーーーーー一般の方からの質問にも答えて下さっていますーーーーー


毎日お疲れ様です。ツイート今拝見しました。ビックリしました!!!
そんな危険な中で作業されているなんて!!!本当に心配です。
なにかあった時の対処法など準備されているのでしょうか?
現場で働く方々が心配でたまりません。私たちのために毎日頑張ってくれているのに・・


A:何かあった時の対処は考えてるょ(^O^)でも危ない時は逃げるでし!

○○さんは2号機に。爆発の時、他の号機にも作業員さん達はいたのですよね?
何人位いたのですか?その人達はどうしたのでしょう…
2号機の外で燃料棒の破片が見つかっていてブルドーザーで隠されているようですがご存知でしたか?

A:他に何人いたかわかんないけど、オイラ達のグループは18人いたでし。
燃料の破片の件はわかんないです。東電が言ってるのかなぁ?


こんにちは(゚▽゚)/1号機、カバーで囲わなくちゃ駄目なのかなぁ~
核燃料がどうなっているか分からない状態で…放射能拡散され続けてるのにいまさら囲っても…
爆発の危機をさらすだけ?じゃないのかな~教えてください。

A:放射性物質を拡散させないためにカバーリングは必要だと思うよ。
カバーリングの中は空調システムや浄化システムもあるから大丈夫だと思うんだけど。

今日も1日お疲れ様でした(_ _)
教えて欲しいのですが、30日で緊急時避難区域が解除されるみたいですが、
原発は収束に向かっているとみていいのですか?まだまだ先が見えない気がします…

A:少しずつ進んでますがまだまだ序の口でし。オイラは解除はまだ早いと思うよ。




福島第一原子力発電所で働いて下さっている方の話し9/26

ーーーーーーーーーーー

私が信用できると思える
今日の現場の声です。

関連記事

コメント

非公開コメント

ドイツでの市民インタビューで、なぜドイツではすぐデモがおきるのか?
ドイツではナチスを繰り返さない為にデモがすぐに起きる。

私は、この原子力発電事故が起きてなぜ日本には沢山の発電所が出来たのか、その経緯を知った時、なせ日本は私達は学ばなかったかと思った。広島、長崎に。
ドイツの人達の出発点は「繰り返さない」、私達の現在の脱原発デモは「止めよう」「やめよう」が出発点。
明らかに違う。
目の前と過去。違う気がする。本当は過去に起きた事から学ぶ事が「繰り返さない」事につながるのではないか…
広島、長崎から私達は学んだか…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。