スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍ケ崎市の放射能測定機器(無料で検査)


【茨城】
生産者、市民の予約殺到 龍ケ崎市の放射能測定機器
東京新聞 2011年9月28日

PK2011092802100022_size0.jpg
連日フル回転の放射能測定機器=龍ケ崎市役所で


龍ケ崎市が導入した放射能測定機器が、
学校給食の食材のほか、生産者や市民が持ち込んだ農作物、採取した土壌などの測定で連日フル回転している。

小中学校や公立保育所、私立幼・保育園の給食食材は8月22日から市が測定。
農畜産物生産者や食品販売業者、市民の持ち込みによる測定は、今月5日から予約制で無料で始めた。

測定は一日平均20数件あり、予約は10月11日まで埋まっているという。
これまでの最高値は、暫定規制値(1キログラム当たり500ベクレル)に対し、
自家栽培のキウイフルーツの同71・5ベクレル(セシウム134、同137合計値)。
果物や野菜は平均2、30ベクレル台で米は全て不検出だった。

放射能測定機器は、飲み水や農畜産物の安全性に対する市民の不安を解消するために購入。
これだけの規模で実施しているのは県内で珍しいという。

対象は、
▽販売を目的とする農畜産物
▽家庭菜園の野菜や自家栽培の果樹
▽自宅敷地の土壌や井戸水-など。

スーパーなど小売店で購入した食品は対象外。
測定は平日のみ。午前中が市民、午後が給食食材と農畜産物生産者や販売業者。

給食食材や米の測定結果は、市ホームページ(HP)で公開している。
家庭菜園の野菜や自家栽培果樹なども測定依頼者の同意のうえで順次、市HPで公開する予定。

測定の予約申し込みは、希望日前日までに市農政課=電0297(60)1537=へ。 (坂入基之)

ーーーーーーーーーー

龍ケ崎市のホームページ
放射線情報

保育所および幼稚園で使用する給食食材の放射性物質測定状況

学校給食で使用する食材の放射性物質測定状況


上記の測定結果を見ると、食材ごとの生産地、検査品目の状態(皮を剥いたなど)が
ちゃんと表になって書かれていますので、食材を購入する時のとてもいい目安になると思いました。

一刻も早く、このような対策がどんどん進んで、
気軽に持って行って測ってもらえるような場所があちこちに出来ると良いですd(◕‿-。) ネ❤

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。