映画『あしたが消える どうして原発?』特別映像田中三彦氏(内容書き出し)


映画『あしたが消える どうして原発?』特別映像



1988年6月
福島第一原発4号炉の欠陥が告発された
その欠陥は15年前の製造当時からありながら隠されていたのである。
当時直接設計に携わった元原子炉設計技師田中三彦さんは
今も運転し続ける危険性について、ついに告発に踏み切ったのである

田中三彦さん(元原子炉設計技師):
後遺症というのはどういう事なのかと言うと
原子炉圧力容器というのはこう、高さが20メートル位でですね
あの場合は5メートル半ぐらいの鉄で出来ている円筒形のものです
それが心臓部で、その核分裂が起こる
その容器を製作中にですね
それは丸くなければいけないんですね、断面が
その所が潰れてしまったという
で、潰れたというのは大げさな表現かもしれないけれども、
楕円形になっていった事は事実ですね

で、その楕円形のままだと、品物としては合格しないので
それで、中にジャッキ。
自動車を持ち上げたりするジャッキがあります。
あれと同じジャッキで、中に入れて、
それが一本200トン位まで、
200トンっていうと大きいですね。ビル一つ持ちあがっちゃうとか、そういうのを
それを数本入れましてね、
一応、丸くなおす。

その丸くなおす時にいろんな仕掛けがありまして
高い温度にしてですね、それで、直していくんですけれども、
特に、そういうジャッキが当たった部分。数カ所の鉄というのはある種の後遺症を負ったに違いない
で、その後遺症というのは、老朽化していった時になんかの形で現れてくる可能性があって
それは、必ず壊れるという事ではないかもしれないけれども、
その評価が出来ないまま当時は直したし、
評価されないまま今動いているから
そういう事は、危ないのでね。
特に、たとえば、そういう一つの老朽化現象というので機械というのは突然壊れる訳です。


ナレーション:
今年、89年1月、福島第二原発3号炉で重大な事故が起こった
再循環ポンプの重さ100キロもある部品が脱落し、ポンプ内のあちこちを傷つけ炉心に流れ込んだ。

電力会社は半年前から、そういう事故が起こりうることを知りながら運転を続けていた

田中三彦:
あの事故の一番の要因は、溶接部の溶接が悪かったとか、そういう事ではないんだと思うんですね
原因というのは、やっぱり、電力会社とか国がいつも言っている「多重防護」だとかですね、
それから、「二重三重の安全機構が働くから、原発というのは多少異常なことが起こっても大丈夫なんだ」
という事を何時も強調している
ところが、二重三重の安全機構というのがいくつか働いるんです。確かにね
アラームが鳴っているとか
中央操作室で運転をしている部屋ですね。そういう所で警報が出ていたりするんです
そういうアラームが出ているのにもかかわらずね、
最終的には人間の判断のシステムの中にそれが入らない
で、結局定期検査である1月7日に向けてですね、運転を継続していって
それで、止めてみたらばああいうことになっていたと。
機械というのは壊れる訳です。
だから、永久に壊れないように物が作られているんじゃ無くて
壊れるという事は必ずあるわけで、それは、原発というものには逃れられない事
ああいう事故を起こしてしまった事は、溶接部では無くて
アラームを無視する構造とかね、そういう電力会社の体質とか
そういう事が反映されてあそこにいったんだという事を
よく考えないといけないと思うんだけど、

どんなメーカーでもね
原発を造るというのは2年とか3年
圧力容器だけでも2年とか3年かかるんです
全プラントでは6~7年かかっているんです

この中でね、
電力会社に知られたくない事
国に知られたくない事がね、発生しないと考える方がおかしいんでね

たとえば、僕が会社に入った頃の新米の時に、比較的忘れられない話として言えばね
えー、ま、名前は出さない方がいいと思うけれど

「あそこの原発が壊れたらば、俺は、すぐ『あそこの部分だ』と、思い当るところがある」と言った作業員(技術屋)がね、
当時いましたけれどね
そういうものだと思うんですね
だから、製造部も設計部も胸に手を当ててよく考えればですね
意図的にやったかどうかはそれは別ですけれども
「病むにやまれず内緒にしておる」ですね、トラブルがあったという事は
それは無い方がおかしいんであってね

設計だって製造だってみんなそれはある

大きさの問題で言うと
福島4号は非常に大きい問題であったとは思いますけどね




「原発」考える映画 今池で来月
asahi.com 2011年09月27日

k4.jpg
「あしたが消える どうして原発?」から=名古屋シネマテーク提供

●22年前の記録上映

原子力発電の安全性を問いかけた22年前の自主制作ドキュメンタリー映画
「あしたが消える どうして原発?」(1989年)を、
名古屋市千種区今池1丁目の名古屋シネマテークが10月1日から上映する。
 
映画は1988年5月に朝日新聞が掲載した仙台市の主婦の投稿をきっかけに生まれた。
見出しは「『安全な』原発と父の死」。

20年にわたって原発の仕事をしていた父親を骨のがんで失い、死因と原発の関係を疑いながら、
「原発は二重三重の安全装置がある。絶対安全だ」と話していた父親を振り返る内容だった。
 
当時、チェルノブイリ原発事故から2年。
「安全神話」を問い直す必要を感じていた30代の映画プロデューサーらが、
投稿した主婦の話を軸に、自己資金で映画を撮ることを決めた。
 
宮城、福島、福井、愛媛の原発を主婦と訪ね歩き、55分の作品にまとめた。
福島第一原発の設計にかかわった技術者や、炉心近くで働く労働者のインタビューが盛り込んである。
「安全神話」をめぐる「当事者ならではの不安」を伝える仕上がりだ。
 
映画は当時、反原発を訴える市民団体などが集会で上映した。
しかし、配給ルートを持たない自主制作映画のため、幅広く公開されることはなかった。
 
制作を率先した平形則安さん(55)は
「原発の是非をみんなで考えるのが狙いだった。
結局は自分がどんなライフスタイルを選ぶかの問題なのだと思う。
足元を見つめ直す参考にしてもらえれば」と話す。
 
7日まで各日午後0時15分から上映。一般1200円。
問い合わせは名古屋シネマテーク(052・733・3959)。(佐藤雄二)






『明日が消える-どうして原発?-』ホームページ

ーーーーー広瀬隆氏緊急投稿ーーーーーー

この映画は、22年前の1989年5月26日に公開された
原発ドキュメントである。
この22年という数字に深い意味がある。
当時はソ連でチェルノブイリ原発事故が起こって3年後で、
全世界が原発事故に恐怖を抱いていた。

主役は、原発の定期検査などで指導的な立場で働いていた
52歳の父を骨癌で失った仙台市の主婦・葛西真紀子さん。

彼女が朝日新聞に投稿した記事は、
「父は、日本の原発は二重三重の安全装置があるから絶対安全だと言っていた。
父の言葉に、私はずっと原発は安全なものだと信じてきました。
その父は、骨癌で入院して、四ヶ月であっという間に亡くなった。
今、原発は安全、を信じようとする従業員の信頼に本当にこたえているのでしょうか」という疑問を投げかけていた。

この「父はなぜ死んだか」という純粋な疑問から、映画制作者が謎解きを進めてゆく。

チェルノブイリ原発事故の現場で働く作業者の悲惨な姿が映像で流れる。
当時、日本にも大量の放射能汚染食品が流入し、
原発反対運動が燃え盛るなかで、多くの人が自衛に立ち上がっていた。

日本で運転されている原発の危険性については、
田中三彦氏が、自ら設計した福島第一原発4号機がイビツな形で製造され、
それをジャッキで整形して納品したことによる大事故のおそれを証言する。
技術者たちは、頭のすみに「大事故が起こる可能性」をうすうす感じながら製造しているというのだ。

さらに、日本の原発で働く被曝労働者たちが、
危険な大量被曝を知りながら、避けることができず現場に向かったという証言が次々と紹介される。

その人たちを追跡して、被曝の危険性を明らかにした医師がいた。

主婦・葛西さんは、こうした人たちから次々と事実を学んでゆき、父の死に対する疑念を深めてゆく。
映画を見ている側では、
そうした放射能の危険性を完全に切り捨てて、電力会社の幹部が原発の運転を強行している
「悪魔のような姿」が、スクリーンの背後から浮かび上がってくる。

最後のナレーションは、
「福島原発」で大事故が起こった時に、日本全土がチェルノブイリと同じように危険地帯に一変することを予言していた。

22年前に公開されながら、日本中を走り回っていた私はこの映画を見ていなかった。
当時は、このように日本中が放射能の危険性に気づき、意識が高まった時期であった。

ところがどうだろう、今年3月、実際にこの映画の予言通り、
おそれていた福島第一原発メルトダウン事故が起こってみると、
現在の日本は、当時のソ連よりおそろしい日本人の愛国心と放射能に対する無知のために、
大量の被爆者が汚染地帯で過ごし、子供たちが学校に通っているのだ。

しかし先日、7月2~3日に、
福島県のいわき市、福島市、郡山市で放射能の危険性についての学習会が開かれた。
会場を埋めつくし、不安に満ちた父母を前にして、
この作品を観る前の私は、県内がどれほど危険な状態にあるかを説明しなければならなかった。
そこで語ったことこそ、この作品『あしたが消える』が描いた内容そのものだったのである。

それはつまり、これから何年後かに、何が起ころうとしているか、である。
私は何度も、涙をこらえきれずに話さなければならなかった。

22年の星霜が流れるあいだに、われわれ日本人は何を忘れたのか。
原発で働く被曝労働者と同じ条件の汚染地帯に、福島県内の学童が生きている今、
この秘蔵されていたドキュメントは、誰の胸にも突き刺さる問いを発してくる。

広瀬隆(作家)

ーーーーーーーーーーーーーー

『明日が消える-どうして原発?-』出演・葛西真紀子さん舞台挨拶(8/28)



『あしたが消える』田中三彦氏舞台挨拶(8/13) <前篇>



『あしたが消える』田中三彦氏舞台挨拶(8/13) <後篇>




関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鈴木崩残さま

目に手をはってって(。◔‸◔。)??こんな言葉があるのかな?ってww
とても分かりやすく教えて下さってありがとうございました
感謝しでーす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます