fc2ブログ
10.12
Wed

おかえりなさい。今日もお疲れさまでしたヽ(。◕ᆺ◕)ノ

ーーーーーー

ただいまっ(^O^)なんか久しぶりでし。
1号機の水素追い出して配管切断が無事終わりましたよ。
オイラと別グループだったけど朝まで頑張ったみたいです。
だけどあと一カ所あるんだ。
切断したのは下部側で、今度は上部を切るんだ
今日は切る為の準備で鉛遮蔽の作業でした。

今日の作業終了後の線量測定では雰囲気線量が約100mSv/hが40mSv/h位まで下がったけど、
まだまだ下げないと作業出来ないので明日も遮蔽かなぁ…?
今日の遮蔽作業では最初の班は3分で4mSv被曝したからなぁ…。
下部より上部の方が線量高いんだよね。

遮蔽が終わったらまた水素追い出してから切断だよ。切断は週末になると思う。
切断について質問あったからつぶやくね。
切断に使う道具は火花出せないから通常のグラインダ-なんか使えない、
今回は配管の開先とるのに使う加工機でフェイサー加工機を使ったんだ。

いつも使うより回転数下げてゆっくりカメラ見ながら遠隔操作で切ったよ。
配管がカーボン材だから思ったよりスムーズに切れたみたい。
セットは大変だったけど…。とりあえず爆発しないで良かったでし。
にしても高線量下の作業だから被曝はいっぱいだけど…。

あっ!つぶやくの忘れてたっ(≧∇≦)
今日現場に行った人はたくさん見たはずなんだけど、
原発の近くの道路にダチョウがいたよ(・◇・)?
最近犬や猫が原発近くに集まって来てて多いなぁって思ってたら今日はダチョウだった。


ダチョウは怖いから近づいて捕まえる事出来ないしなぁ…。
なに食べてるんだろ(・◇・)?それにしてもよく頑張って生きてたなぁ、なんとか出来ないかな…

ーーーーーーーーーーーーー


見たのはこの仔(ダチョウ)かな??

原発の警戒区域、住宅街でダチョウ発見 対策本部が撮影


TKY201109230383.jpg
写真:23日午前、政府の原子力災害現地対策本部が撮影、公開した福島県大熊町内で発見されたダチョウ拡大23日午前、政府の原子力災害現地対策本部が撮影、公開した福島県大熊町内で発見されたダチョウ


東京電力福島第一原発がある福島県大熊町のJR大野駅近くの住宅街で23日、ダチョウ1羽がいるのを、政府の原子力災害現地対策本部の担当者が見つけた。町内のダチョウ園で飼育されていて、震災後に逃げ出したダチョウのようだ。

原発から半径20キロ圏内の警戒区域への住民の一時帰宅に同行した担当者が、町の様子を撮影しながら巡回中に、道を歩いているダチョウに出会った。痩せているようで、車に積んであるドッグフードを与えると、首を伸ばしてついばんだ。担当者は「遭遇して驚いた。おなかがすいていたんでしょうね」と話した。



関連記事

comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/967-dc8bf1ca
トラックバック
コメント
アイアムレジェンドってありましたよね。あれは細菌?のせいで人がいなくなった世界だったけど、鹿やライオンが街中を闊歩していた。
ダチョウがいるってほのぼの風だけど、世紀末の風景なんでしょうね。
この先人が住めない地域なのだから、ほかの生き物へのお詫びとして、ほうっておいてあげて欲しいものです。
Y.K. | 2011.10.12 14:10 | 編集
これって確か「あなたもダチョウのオーナーになりませか?」みたいなのが昔、流行ったときの名残ですよね?
食肉用でしたっけ?卵が目当てでしたっけ?

はるばるオーストラリアから来たのに、ダチョウたちも、とんだ目に遭いましたね。

これがワニでなくて良かった。
最近では、ワニの肉を食肉にと考えている業者さんもいるようですから。

早々
鈴木崩残 | 2011.10.12 16:07 | 編集
ダチョウのことはテレビのニュースで見たのですが、
福島第一原子力発電所でPRのためにマスコットとしてダチョウを飼っていたことがあるそうです
それを飼いきれなくなって、何処かにあげたとか・・・
このダチョウはもとは東電所有のペットのようです。
元のニュースを探したけど見つからなかった><
ki-ko | 2011.10.12 16:27 | 編集
Ki-ko様

あ、その話、聞いたことがあります。
他の地域だと、別の目的でのダチョウの飼育もあるのでしょうが、
福島原発の近くだと、マスコット用だったということらしいですね。

この記事ですね

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110426-OYT1T00030.htm


草々
鈴木崩残 | 2011.10.12 20:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top