fc2ブログ
10.12
Wed
'11/10/12 中国新聞
母乳から放射性物質 広島


内部被曝(ひばく)防止に取り組む市民団体「繋(つな)がろう広島」は11日、
広島県内在住の母親2人の母乳から微量の放射性物質が検出されたと発表した。
東日本大震災後に東京から避難した1人と以前から県内に住む1人。
測定に協力した広島大は「授乳には問題ない値」としている。

検査は10月上旬、震災後に関東地方から広島県内に避難してきた4人と、
震災前から同県内に住む2人の計6人を対象に実施。
それぞれ100ccの母乳を採り、同大大学院工学研究院の静間清教授が検出器で調べた。

その結果、いずれも30代の2人から微量の放射性セシウムを検出した。
厚生労働省は、牛乳・乳製品の放射性セシウムの暫定規制値(1キログラム当たり200ベクレル)を母乳の指標とする
同団体は2人の意向で具体的数値を明らかにしていないが、厚労省の指標は大幅に下回っているという。

静間教授は「以前から県内に住む1人は食材からの摂取の可能性がある」とみて継続検査する。

同団体の三田拓代表は
「行政には母乳や尿の検査態勢を整え、食品の放射線量の測定場所を設けるよう求めていく」としている。



ーーーーーーーーー

広島の記事です。
東京から非難した人は食べ物だけじゃないって事なのかな・・・

食べ物からの摂取が母乳に移動するのは
牛の例を見てもわかるけど、
いま、何がいいのかが全く分からない状態では
食べ物を完全に選ぶことが出来ない。

乳児が母親から被ばくするのは
耐えられない悲劇だと思う。

6人のうち2人からセシウムが検出されたという事は
この確率は高すぎだと思います。
しかも・・・広島で・・・



関連記事

comment 1 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/970-1490fa97
トラックバック
コメント
スーパーで、できるだけ安全なものを買い、美味しく食べてもらえるよう一生懸命調理して
それでも、息子が食べるとき少し心配になる
これまでなら「しっかり食べないと強くなれないよ」
とか言えなくなってきた。嘘かもしれない事を息子には言えない。
「お魚は身体にいいから骨まで食べようね」とか言ってたけど、口がさけても言えなくなった。

お魚大好きな息子に久し振りにノルウェーの塩サバを焼いてあげたら
向こうから走ってきて
「うわーいい匂い !この匂いだぁいすき!!」
って言われて泣きたくなった。
何も罪のない子供達から美味しいお魚や安心して外で思いっきり遊ぶ事を奪った大人の責任は大きい。
無関心な人たちに、思わず腹が立つ。

母乳が汚染されるなんて、つら過ぎる…
ひだまり | 2011.10.15 07:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top