FC2ブログ

荒川区の西川区長は「区民より東京電力が大事?らしい・・」(東京新聞こちら特報部10/15・全部書き出しました)

2011年10月15日土曜日の東京新聞「こちら特報部」

荒川区長は住民の声を聞かず、議員の声も聞かず、
「安全だ」と言って独自の放射線量の計測を全くしない
保育園も幼稚園も、小中学校も。

そして震災後の今年の8月
なんと、区内の中学生を対象に
東京電力の社員を講師として招き、それだけではなく、
名高き御用学者、首都大学東京の福士正弘氏も講師となって
「正しく、安全な原子力エネルギーの利用方法」の授業を行ったという事だ。

なんという・・・

荒川区の西川太一郎区長は
東電のトラブル隠しの時に経産省副大臣としてご活躍されたようだ。

ーーーーーー

荒川区だけ 放射線独自測定せず 区長 東電と“密接”な関係?

東京新聞 2011年10月15日


福島第一原発事故の後、区市町村で独自に学校や公園などの放射線量を測定する動きが広がっている。
国や都道府県の対応が不十分なためだ。
そんな中、東京23区内では、なぜか荒川区だけが「測定の必要はない」との方針を打ち出している。
区民から測定を求める声が噴出しているが、なぜ区は“独自方針”を貫くのか。 (出田阿生、秦淳哉)


ーーーーーネットではここまで
これは広く知って欲しいと思ったので、頑張って、新聞を写しましたw
変換ミスがあっても許してd(◕‿-。) ネ❤

続きを読むに書きだしました



荒川区だけ放射線独自測定せず
区長「安全だから不要」
住民「根拠なく余計に不安」



「荒川区は大気中の放射線量初め、プールの水も砂場も学校給食も、
すべて『安全だから測る必要はない』と言っている。放射能は目に見えないから、
いたずらに怖がるだけでなく冷静に対処するためにも、身近な放射線の値を知りたいのに」。

同区に住む4歳と8歳の子を持つ母親、森明美さん(39)はこう話し始めた。

今月下の子が通う保育園で運動会が開かれた。
開会式で荒川区の西川太一郎区長(69)があいさつ。
「放射能の心配は全くない」
「食べ物も安全で、何の心配もない」と、保護者に呼び掛けたという。

森さんは
「測ったもいないのに何故断言できるのか。根拠のない安全宣言はよけいに不安です」と訴える。
足立、葛飾、江戸川、江東区など、都内でも東部は放射線測定地がやや高めの位置にある。

荒川区の隣、文京区では、小学校の落ち葉で作った堆肥から、国のざん的規制値の3倍のセシウムを検出。
同じく隣接する北区では、小学校の敷地で毎時1μシーベルトを超える放射線量が計測され、
除染が実施されることになった、

「地元で細かく計算しなければ除染もできない」と、荒川区の保護者らは区や区議会に再三働きかけてきた。
区内の市民団体は7月、独自測定を求める約4千人分の署名を区長に提出。
同区PTA連合は8月、放射能問題への対応について区長に説明を求める要望書を出した。
今月12日には商店主らも加わり、
「汚染牛肉が市場に出回り、国民は疑心暗鬼になっている。区が計測機の導入を」
などとして、約千300人分の署名を提出した。

都の一括調査に頼るだけの姿勢

荒川区内での測定は、今年6月に都が実施した一斉測定(荒川区は一カ所)、
8がつの首都大学東京による独自測定(荒川区内6カ所)、だけだ。
6月と9月の定例区議会では、複数の釘が独自測定を求めたが、

区側は、「測定機器の精度、測定技術、専門知識の必要性などの見地から、
都健康安全センターの一括調査と公表が望ましい」と繰り返した。

たとえば、区議会の委員会で総務企画部長の答弁はこうだった。
「マスコミではある意味ヒステリックと言う位の非常にいろいrな情報が流れた。
そうした中、区としては、専門性が必要と考える」
「風評被害を含めて、安易に私どものような素人が測定すること自体が、案外リスクがある」

「それならば専門家に頼んで計測すればいいだけの話」と憤るのは、
「荒川区の子どもを守る会」代表の筑本和子さん(46)。
同会が23区を調べたところ荒川区以外は保育園や幼稚園、区立小中学校、児童館や公園などを中心に
大気や土壌の放射線量を計測。
砂場の砂の入れ替えなどの対策をとっていた。

計算副大臣時代に原発問題で奔走

「こちら特報部」の調べでは、定点測定の区が大半だった。(表参照)

AbzEPxOCIAAGqu5.jpg
写真提供@meith69さん

定点以外でも
「都の測定は区内3カ所だけで説得力がないので、出来る限り多数の地点を計測した。今後もやる」と
江東区の担当者は話す。

なぜ、荒川区はかたくなに測定しないのか。
関係者の多くが「区長の強い意向」という。
保守系区議ですら、「なぜ区長はそこまで意固地になるのか」といぶかる。

西川区長は都議を四期務めた後、1993年に衆院議員に初めて当選。三期務め、
小泉政権時の2002年に発覚した東京電力のトラブル隠しでは、安全点検で原発が一時全基停止した際、
経済産業省副大臣として、節電対策や原発運転再開に向けて奔走した。

2004年に荒川区長に就任し、現在二期目。

震災後、東電社員招き中学生講座

荒川区教育委員が今年8月、区内の中学生40人を対象に開いた
今、中学生が立ちあがる時~東日本大震災から学ぶ中学生講座~」の
講師の一人には東京電力上野支社の社員が呼ばれた。

テーマは、「電力の需給状況について

さらに首都大学東京の福士正弘教授も「放射能への対応について」と題して授業をした。

福士教授は
「原子力エネルギーをエネルギー資源の一つとして利用していることを理解するとともに、
環境放射線等の風評被害に惑わされない、正しく、安全な原子力エネルギーの利用方法と
生活とのかかわりについて理解する」と冊子に記した。


ちなみに福士教授は4月本紙にも
「東京周辺の線量は全く問題ない。放射線を心配しすぎると、ストレスを高め、免疫を抑えて
かえって癌になりやすくなるかもしれない」
などと発言。

荒川区の斉藤裕子区議は、この中学生講座について、
「原発事故の原因企業や、一方的な立場の学者を講師にするのはどうか」と疑問視する。

東電と”密接”な関係?
保養施設指定管理者に系列企業

また、今月、荒川区の保養施設「清里高原ロッジ・少年自然の家」の指定管理者に、
尾瀬林業」が初めて選ばれた。
同社は東電が100%出資するグループ企業。
そのため区議会では「なぜこの時期に」と、
参入を疑問視する声も出ている。

西川区長は「こちら特報部」の取材申し込みに対し
広報課を通じて
「報道各社からこの問題で取材要請を受けているが、どの社の取材も受けていないので、
個別の面談には応じられない」と回答。

コメントを出すことについても、
「放射線量測定について『区民の声』への回答文という文書が、全ての内容を網羅している」とした。

この回答文には、西川区長が特別区長会長として、都に全域測定を要請した経緯が述べられ、
都と首都大が一回ずつ測定したくないの数字を挙げて、
「いずれの数値も健康に影響を及ぼす量ではない」ことを根拠に、
「現時点で荒川区独自に測定を行う必要はないものと判断している」と記されている。

前出の筑本代表は、
「荒川区は、測定は国や都道府県の役割と主張するが、それでは何も進まない。
できることをやって、住民を守るのが、自治体としての責任ではないのか。
きちんとした測定と情報公開が、不安感をぬぐう一番の手段だ」


デスクメモ
建前はもっともなことを言っても、本音は責任逃れで保身を図るリーダーが多い。
「国がやるべきことだ」
「三権分立を君はどう考えているのか」
「自ら社長になったわけじゃない」
腹をくくることもできない、説明も決断も出来ないトップを抱えた組織は大変だ。
正直な部下はどうしたらいいのだろう。(立)




関連記事

コメント

非公開コメント

ファシスト

荒川区長はこう呼ばれても仕方ないね。どこの区長もしぶしぶやってきた事すら、やらない?荒川区民を無用に被爆させる、独裁者にしか見えない、なんて事を‥狂っている。
荒川区民に言いたい、区民でボイコットでも区役所前での無言の抵抗座り込み抗議でも、みなさんやったらいいよ!
どこかから誰かがやってきて変えてくれない。
これだけは確かです。

荒川区の西川区長は酷い

ですね。私は荒川区民ではないですが、区民の方はリコールなど考えるべきかと思います。

ところで、東京新聞の記事全部をまるごとコピーは著作権上、問題はないでしょうか?

あと、東京新聞は主要紙ではほぼ一紙だけ脱原発を明確に方針として打ち出しています。ところが、そのために経団連から大手企業による広告を出稿しないよう圧力をかけられているそうです。

記事の紹介や要約に留め、東京新聞の購読者や広告主を増やすよう応援することも、脱原発のために必要かと思いましたので、老婆心ながら、コメントさせて頂きました。

東日本の放射能、それに原子力ムラ、原発マフィアとの闘いは、まだ始まったばかりです。お互い、頑張りましょう。

Re: 荒川区の西川区長は酷い

コメントありがとうございます。
また、ご心配いただきましてありがとうございます。

私は生まれた時から朝日新聞でしたが、
今回の原発事故を期に、真実を報じてくれる数少ないと思われる東京新聞に変えました。
今日の記事は皆さんに知っていただきたいと思い、コピーではなく、手で打ち込んで書きだしました。
このような有意義な記事を毎日載せて下さっている新聞としてご紹介させていただく意味としても
お役にたてているのではないかと思っています。

こちら特報部につきましては時々書きうつしでUPさせていただいていますが、
今のところ何の問題もなくきています。

東京新聞の方から、辞めて欲しいとのお話しが万が一あった場合には、
いつでも記事を削除させていただくつもりでいます。

一時期、広告が心配になって書き出しした事があります
「東京新聞頑張っています(○`ε´○)ノおぅ♪」http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-715.html
という記事ですが・・

東京新聞に変えてからは、新聞の隅々に目を通すようになりました。

ご心配いただきお礼申し上げます。
本当にありがとうございます。ლ (。◕ˇε ˇ◕。ლ)がんばりましょ!!

頑張れ東京新聞

いつも的確な情報ありがとうございます。以前のこちらのブログを読んで、私も東京新聞に変えました。また、もちろん、こちらのブログの事は、書いてませんが、新聞社に、応援のファクス送っちゃいました。少し前にきーこさんが、何か出来る事と考えてられましたが。私は、今の時点で、余り力が無い人間なので、東京新聞を買う事と、とにかく、直営原発企業の東芝、日立、三菱を買わない事を拡めてます。それから、こちらのブログがとても、いい情報を集めてくれている事と、今のところ、この三点位ですが、これから、どう行動するにしても、大変参考になるブログなので、これからもどうぞ頑張って下さい。

No title

原発廃止を訴えるのは左翼ですが、原発推進する人は現在あまり見受けられない(もともとあまりいませんが)左翼・共産主義の方たち、ここぞとばかり嬉々として活躍してますな。普通の主婦が赤旗に申し込みも殺到らしいですよ。日本人、その思考停止状態から抜け出さないと、国が潰れますよ。あんた方はどこに住居をおいているのか?今回の原発爆発やそれにともなう一連の収束作業・・・民主党政権下のせいで遅延していますが、正常におこなわれています。しかし、あまり共産党や民主党に傾倒されますと、原発爆発が頻繁に起こり、放射能事件が相次ぎそれを処理する機関すらない国に変容してしまいますよ。お気をつけ下さい。お嬢様

Re: 金子さま

ご忠告ありがとうございます。

温かいコメント

初めまして。よろしくお願いいたします。おっしゃる事の趣旨はよく分かります。原発廃止の意向も、原子力の代替エネルギー総量がが原発による生産を上回るまでは暫定的に継続するという事なのでしょう。もはた、山手線や総武線の車両の窓を開ける事ができないという現状に即した通年空調や、都心の高層化に伴う昇降装置の必要性を前提とするほどの電力需要を賄うためには、代替発電の模索、確保は、原発をいかにして廃止に追い込むかの議論と併せもって考えていくべきかと思います。

No title

書き写し、有難うございました。
大変でしたね。
感謝いたします。

化石人類を撲滅すること!

無知ほど怖いものはない!

まだまだ日本には東電や政府やマスコミの大本営発表を鵜呑みにして、
古い思考停止状態から抜け出せない人が多いようである。

「原発廃止を訴えるのは左翼だ」
なんて考えは《思考停止状態》そのものである。
事実は…
世論調査によれば
一部左翼なんかじゃなく
国民の98%は原発廃止を望んでいるのである。

「今回の原発爆発やそれにともなう一連の収束作業・・・・が
正常におこなわれています」
と思わされているのも
完全に政府の大本営発表に洗脳された発言である。
実態は…
死者や大量の被曝作業員を出しながらも
収束作業はきわめて難航しており、
一見収束に向かっているように見えるのは
炉心が格納容器から完全にメルトスルーして
地表に溶け出しているからにすぎない。
チェルノブイリ的「収束」(本当は収束などではなく石棺で蔽うだけの臨時措置)
に至るためにさえ
あと5年も10年もかかるのだ!
まして完全な収束=廃炉に至るためには
30年も50年もかかる…
というのが
真実なのである!

「原発爆発が頻繁に起こり、放射能事件が相次ぎそれを処理する機関すらない国」を作ってしまったのは
共産党でも民主党でもなく
自民党そのものである!
言っておくが私は共産党員なんかじゃなく
共産党にはかなり批判的な人種である。
こういう事故を起こした東電を
イの一番に救済したのは
民主党だが、
自民や公明だって
それに賛成したのだから
同罪である!

「もう一度、原発事故を起こしたら国が潰れる」
のは間違いないが、
こんな原発国家を作ったのは
間違いなく自民党である!
事実誤認をしてはいけない!

「原発が無ければ電力が足りない!」
というのも
完全な電力会社のデマである。
電力は原発が無くても完全に足りているのである、
電力会社が自家発電を買いさえすれば。。。
この夏、
橋下大阪府知事の資料請求に対し、
関西電力は資料を出せなかったことが
「電力不足」が
電力会社の捏造したデマだったことを
如実に証明している。
 
政府や電力会社の大本営発表を
鵜呑みにせず、
しっかりと正しい情報を入手し、
自分で考え
自分で行動することだけが
日本を再生する道である!





ひどいです

なんとまあひどいです。

私の叔父が荒川区町屋に住んでおりますが、荒川区は年配者が多い町!

区民の税金で成り立っているものを、私利私欲で抑えるなんていどいです。

まあ、国にもマスコミもひどい状況になっておりますが…