<福島第一原発>震度4



2014041245.jpg

平成26年4月13日地震情報(福島第一・福島第二原子力発電所関連)
平成26年4月13日 東京電力株式会社

 本日(4月13日)午後6時16分頃、福島県沖を震源とする地震(M4.9)が発生しました。
 (楢葉町:震度4、富岡町:震度3、大熊町:震度2)

 福島第一原子力発電所については、現在のところ、以下の設備については異常はありません。
 ・1~6号機主要パラメータ:異常なし
 ・原子炉注水設備(1~3号機):異常なし
 ・原子炉停止時冷却系設備(5,6号機):異常なし
 ・使用済燃料プール冷却設備(1~6号機):異常なし
 ・共用プール冷却浄化系:異常なし
 ・窒素ガス封入設備(1~3号機):異常なし
 ・格納容器ガス管理システム(1~3号機):異常なし
 ・水処理設備(多核種除去設備含む):異常なし
 ・滞留水移送設備:異常なし
 ・電源設備:異常なし
 ・モニタリングポスト:異常なし

 福島第二原子力発電所については、現在のところ、異常はありません。
 現在、パトロールを実施中です。
 両発電所ともに、けが人の発生は確認されていません。
 なお、福島第一原子力発電所および福島第二原子力発電所において観測された地震計の最大数値は以下のとおりです。
 ・福島第一原子力発電所 水平:4.1ガル(6号機)
             垂直:4.4ガル(6号機)
 ・福島第二原子力発電所 水平:30ガル(1号機)
             垂直:25ガル(1号機)
以 上




18時16分に福島が揺れて、その4時間後22時15分ソロモン諸島が揺れた。


南太平洋でM7を超える地震 ソロモン諸島付近
NHK 4月13日 22時15分
2014041246.jpg

ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、
日本時間の13日午後9時36分ごろ、
南太平洋のソロモン諸島付近を震源とするマグニチュード7.7の大きな地震がありました。
この地震で気象庁は日本への津波の影響があるかどうか調べています。
また、気象庁は震源の近くでは津波が発生しているおそれがあるとして、
沿岸の各国に「北西太平洋津波情報」を発表しました。

「大変、大きな揺れだった」

ソロモン諸島の首都、ホニアラにある日本大使館の尾台智博1等書記官は
「大変、大きな揺れだった。在留邦人の無事を確認するため緊急連絡を始める」と話していました。




チリの大地震と日本の原子力発電所
日本時間2014年4月2日午前8時46分チリ沖でM8.2
2014040211.jpg
震源地の位置





テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

<福島第1原発>最大1トン汚染水漏れ 小型のプラスチック製タンク4/13

第1原発、最大1トン汚染水漏れ 小型のタンク
47News 2014年4月13日

東京電力は13日、福島第1原発のタンク群の脇に設置された小型のプラスチック製タンクで、
側面の穴から水が漏れているのを見回り中の協力企業作業員が見つけたと発表した。

タンクに残った水を東電が分析したところ、
ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり1400ベクレル検出されたが、
高濃度汚染水ではなかったという。
タンクの容量は約1立方メートルのため、東電は漏えい量を最大1トンと見込んでいる。

漏れた水は周辺の土に染みこんだとみられ、近くに排水溝がないことから東電は「海への流出はない」としている。
2014/04/13 20:44 【共同通信】






福島第一原子力発電所H5タンクエリア脇に設置したプラスチックタンクからの水漏れについて(続報)

平成26年4月13日
東京電力株式会社

H5タンクエリア脇に設置したプラスチックタンクからの水漏れについての続報です。

 プラスチックタンク内の水の分析結果(4月13日採取)は以下のとおりです。
  ・セシウム134   : 440 Bq/L
  ・セシウム137   :1200 Bq/L
  ・全ベータ    :1400 Bq/L
  ・ストロンチウム90: 11 Bq/L *簡易測定結果

プラスチックタンク容量は約1m3であることから、最大の漏えい量は1m3と推定しています。

漏えい水は、当該タンク周囲(約15m×約3mにおける1/4程度の範囲)に留まっており、
周囲に側溝が無いことから海への流出は無いものと考えております。

また、発見時刻は午前8時40分頃でした。

引き続き、漏えい状況および原因等を調査しております。

※福島第一原子力発電所構内タンクエリア図につきましては、平成26年4月4日に公表した資料をご確認ください。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_140404_05-j.pdf
2014041244.jpg



2014年4月14日 東京電力
福島第一原子力発電所 H5タンクエリア脇プラスチックタンクからの水漏れについて

2014041512.jpg
2014041513.jpg
2014041514.jpg
2014041515.jpg
↑ホースの上に乗っかってる?

2014041516.jpg




プラスチック製タンクに穴が開いた原因
2014年4月16日
福島第一原子力発電所H5タンクエリア脇に設置したプラスチックタンクからの水漏れについて

プラスチックタンクからの漏えいの再現テストについて
プラスチックタンクの損傷を再現できないかを確認するため,建設重機(バックホー)による再現テストを実施した。
その結果,キャタピラ部をプラスチックタンクの側面に接触させると,
漏えいが確認されたときと同様な穴が開くことが確認された。

2014041712.jpg



今後の対応について

タンクエリアにある漏えいしたタンクの類似タンク53基(当該タンク除く)について、使用しないものは速やかに撤去し、今後も設置続けるものに対しては、内容水、管理者を明確にし、現場に仮置き表示を取り付けることとする。
また、通路脇のプラスチックタンクについては、A型バリケード、カラーコーンなどで注意喚起を行うこととする。
(4月末目途)

また発電所屋外全域について、雨水を含む汚染水、発電機・燃料缶・エンジン付き投光器など危険物を内包する容器について、屋外の現場に仮置きする場合は、仮置き表示を取り付け、通路脇ではA型バリケード、カラーコーンをつけるなど注意喚起を行うようにする。(5月末目途)



テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

<福島第一原発>どこが一番怖い?「たどり着くまでに死ぬかもしれない」3/22おしどりマコケン(内容書き出し)

「暴く!東電の実態 語る…福島の今」おしどりマコ&ケン
 2014年3月22日(土)茨城県土浦市の土浦市民会館

動画はこちら↓
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/130613

http://www.ustream.tv/recorded/45148648

そのまま出ている
40:45~
マコ:
それで、時々ニュースになっていますけれど、汚染水は大変な問題で
汚染水も大変なんですけれど、
今、大気にもずっと放射性物質が出続けているんですね。
それがあんまりご存じない方も多いので少しだけ簡単に。

ケン:これ、まこちゃんが描いたんですか?

マコケン2014032218

マコ:
書きました。
これは格納容器と圧力容器と思って下さい。

一応東京電力としては「圧力容器からは燃料は出ているけど、格納容器からは出ていないと思います」みたいな、
外には出ていないんじゃないかみたいな形になっているじゃないですか。
で、それで水を入れて冷やしているんですけど、
水を入れて冷やすことによっていろんなメカニズムがあるんですけど、
放射性物質と水が反応して水素が沢山、今もずーっと発生しているんですね。
それを放っておくとまた水素爆発を起こしてしまってシビアな状態になるので、
窒素を入れて、窒素を封入して中の気体を押し出すという事をずーーっとやっているんです。
24時間。

それで、窒素を入れて水素を一緒に追い出す。
で、フィルターを通して追い出すんですけど、
ここで問題なのは1時間に、
これは1号機の場合で、窒素を入れる量は水素の発生量によってコントロールされているんですけど、
私が質問した去年の1号機の時は
水素を1時間に35㎥(平方メートル)。
1時間に35㎥は結構大量ですよ。
で、フィルターを通して中の気体をキャッチできているのは1時間に21㎥なんですよ。

マコケン2014032219

つまりどういう事かと言いますと、
1時間に14㎥、どこか分からないところから漏れているんですね。
1時間に14㎥も中の汚れた気体がどこからか出ていると。
それはおそらく何カ所からも出ていてふさぐ事が出来ない、という事なので、
放射性物質が気体でそのままフィルターを通さずに出ているというのが問題なので、
1号機だけカバーリングを急いでしたんですね。

この水素と水素の発生を防ぐために注入している窒素と
そしてフィルターでキャッチしている量との差が一番大きいのが1号機なんです。

2号機も3号機も同じ状況なんですけどね。
どこからか漏れている。
なので1号機は急いでカバーを付けたっていう状況なんですね。

今も大気に放射性物質を含んだ気体がそのまま出ているのが、ちょっとなんか感じ悪いですよね。


ケン:感じ悪いよね、あんまり、そんなに発表されていないもんね。公にというかね、

マコ:
発表されていない。公にね。
これが DAYS JAPAN っていう雑誌の広河隆一編集長が今年ヘリコプターを飛ばして撮ってきた写真なんですけど、
広河さんに「借りていいですか?」って借りました。

マコケン2014032220

で、これがさっきお話しした1,2号機の後ろの倒れそうになっている、そして毎時25シーベルトのですね。
これがカバーをかけた1号機です。
ここに3号機があるんですけど、今までの写真はカバーをかけていないときは
3号機と同じくらい何も見えないじゃんっていう感じだったんですね。

で、2号機はこの青い建屋は爆発していないので一応原形をとどめています。
でもその2号機は大きな爆発はなかったんですけど、
一番放射性物質を2011年3月に外に放出した原子炉って言われている
んですね。
なんで大きな爆発がなかったのに沢山外に放射性物質を出したのか?というのは
研究者の方も現場も作業員の方もあんまり見当はついていないそうなんですね。
でも中にものすごく線量が高いところが沢山あって、人間が入れないところがたくさんあるので、
まだ詳細な調査はされていませんし、調査の計画も、メドもあまり立っていないということです。

この何もないところが3号機ですね。
皆さんご存じの通り3号機はMOX燃料を使っていたので、
プルトニウムとかいろんなタイプの放射性物質を出したんじゃないか
となっています。


4号機 使用済み燃料プールの反対側
で、これが4号機ですね。
4号機もカバーをかけて。
この手前に見えている梯子みたいな骨組。
これで今使用済み燃料プールから燃料棒を取り出しているんですね。

作業している方にこの地域を聞いたんですけれど、
去年聞いた時にね、使用済み燃料プールからの取り出しが始まる前に。

ケンちゃんを4号機の原子炉と思って下さい。

マコケン2014032221

使用済み燃料プールがあるのはこっち側なんですよ。
で、ここから燃料を取り出す計画が立ち始めた時に、作業員の方に聞いたんですけど、
反対側にも機器貯蔵プールという、同じぐらいの大きい、そして重いプールがあるんですね。
で、4号機は2011年3月は定期点検中だったので、
中に燃料棒は入っていなくて使用済み燃料プールに入っているんですけど、
同じように機器貯蔵プールにもその燃料を包んでいるしらとっていうのを切り刻んでそっちに入れていたんですね。
燃料を包んでいたものなので、ものすごく高線量なんですよ。
それを機器貯蔵プールに入れていて。

なので現場のチームは使用済み燃料プールも心配だけど、
向こう側の機器貯蔵プールも心配だ
と。
かなりの重量だし、かなりの高線量のものも入っているので一緒に取り出したいと。
使用済み燃料プールを取り出す計画の時に、もうね、骨組を手前のと同じように向こう側にも作って、
それで一緒に取りだしたらいいじゃないかという提案を何度もしたそうなんですけど、東京電力は
「今注目を浴びているのは、世間が騒いでいるのは使用済み燃料プールだけなので、
機器貯蔵プールは騒がれていないからいい」
という回答だったそうなんですね。
なので現場の方から「機器貯蔵プールも危ないのでそっちも大変だ」って騒いで下さい。
という事で教わったんですけど、

で、最近ちょこちょこ機器貯蔵プールの事も規制庁とか記者会見でたま―に問題になったんですね。
ちょろちょろと機器貯蔵プールから水が出ているんじゃないかとか、
なんか、種類の違う核種が漏れているけど、
コバルト60だとかいろんなものが、かなり汚れたものが出ているんじゃないか、どうなっているんだ?

ということで問題にはなってきているんですけど、
もう現場ではずーっと早くから機器貯蔵プールの事は問題にしていて、


ケン:どのくらいの時間耐えられるか?っていう構造計算のお話をして。

マコ:
定期検査をしていたチームの方に聞いたんですけど、
2011年3月に定期検査をして、
機器貯蔵プールと使用済み燃料プールにいろいろと重いもの、そして線量の高いものを入れて、
1年以内に取り出していくという計画で、2011年3月に取り出していたので、
建屋が爆発してそれで何年も経っているので、
現場としてはそんなに構造設計に関してそんなに信頼性をおいていないので、
「できるだけ、重くて線量の高いものは早く取り出したいんです」と、
使用済み燃料プールと同じように、だから機器貯蔵プールも取り出したい。
なので、「機器貯蔵プールも本当に取り出したかったんだけどダメだった」という話なんですね。
だから今のところ、機器貯蔵プールはそのままです。
4号機の話はもう次へ行きます


一番怖いところ
ご存じの通り、山側から海側へ地下水もせっせと流れていまして、
汚染水も毎日発生しておりますので、
で、今一生懸命ここに、山を森を切り開いてはタンクを置いて汚染水をタンクに運んでいますけれども、
タンクも突貫工事だったので、タンクエリアからも海に流れ、
汚染水が日々流れて、ちょっと監視員たちを増やしていきましょうとかそういうこともあり、
そういう状態ですね。

で、一番初めにお話をした海に近い護岸エリアの地下水が汚染されてたという様な部分は
このあたりなんですね。
マコケン2014032222

もう本当に海に近いエリアなんですけど、
ここの地下水はNo1エリアっていうんですけど、
2号機と1号機の間のこのあたりが今「一番最も汚染されているんじゃないか」と言われてますね。
ここの話はね、やっぱり腹が立つし、詳細にいちいちほじくり返していたらもう嫌なことばっかりなんですけど、
マニアックの事になるので、また、マニアだけのオフ会をしましょう。

それで、ちょっと皆さんに伺いたいんですけど、
私作業員の方に「今福島第一原発で一番怖いところってどこですか?」って、
「なにが一番怖いですか?」って現場の人に時々聞くんですけど、
皆さんどこだと思います?
ちょっと皆さんのご意見も伺いたいですね。
ザーッと今福島第一原発の話をしましたけれど、
危ないところ、
作業員の人はいちばんここが怖いと思っているんじゃないかというところ。
どこだと思いますか?

ー省略(客席から4号機や共用プールなどの発言)-

53:28
私が作業員の方に聞いて「どこが一番怖いの?」と聞いて、私はビックリしたんですけど、
2号機がちょっと怖い」そうです。
というのは、今1も3も4も冷却をちゃんと続けていて、燃料を冷やしていて、
その冷却システムが止まってしまうと、また3.11のようにシビアなアクシデントになってしまいますよね。
だから本当に冷却システムが止まらないようにという事は非常用も含め何ラインもあるんですけど、
でもそれでも全部止まってしまうような地震がもう一度あるかもしれない。
また大きい地震とか何かがあるかもしれない。

でも、1と3と4は、もしそうなっても、なんかすごいシビアな話ですけど、
作業員の方々が決死隊で命がけで配管のホースを現場に持っていって、
そして氷の塊を命がけで現場に持っていって、ま、冷やし続けるという事は可能なんですって。
すごく健康にダメージを食らうと思いますけど、1と3と4は出来るんですけど、
「2号機だけはそれが出来ないかも」なんですって。

というのは、命がけで、2号機の冷却システムが止まった時に配管を運んできても、
「たどり着くまでに死ぬかもしれない」そういう線量が高いポイントがあるので、
たどり着けないかもしれないので、
決死隊というよりも必死隊で「必ず死ぬかもしれない」とおっしゃってたんですけど、
「だから2号機の冷却システムが止まるという事が一番僕は怖い」とおっしゃっている方が何人もいました。


ケン:本当に手がつけられなくなるんですよね。


マコ:
そうそう。手がつけられなくなる、っていうか、どうなっているのかがあまり分かっていないから、
なんで2号機の熱電対という温度計が故障ばっかりしているのか?という事もね、
全然理由が分からないんですよ。
で、「分からないので評価する予定もない」みたいなことも言われて、何時もビックリするんですけど。

なので、2号機の冷却システムが壊れて止まる事が、冷却システムを失う事が一番怖いという事を教わりました。
これ、私は去年初めて聞いたんですがすごく驚きましてビックリしました。


ケン:もちろん他のところも本当に、皆さんがおっしゃっていたところも

マコ:
そう、4号機も共用プールもどこも本当は怖いんですよ。
でも、まあね、もちろん環境中に放射性物質が出る事とかはもちろん大変な事ですけど、
ちょっと現場で手を付けられない可能性があるのが2号機で、
この排気筒(切れ目の入った1号機と2号機の間の排気筒)が2号機に倒れるという事も恐れている。
というふうに言っていますね。
確実に中身が壊れているから2号機に倒れてきたら、またものすごい沢山出ちゃうっていうことです。
なんかそれが怖かったですね。

マコケン2014032217












続きを読む

テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

<福島第一原発>1・2号機排気筒倒壊の危険~中央部分の鉄骨に切れ目・地表近くは25シーベルト/時で人が近づけず3/22おしどりマコケン(内容書き出し)

「暴く!東電の実態 語る…福島の今」おしどりマコ&ケン
 2014年3月22日(土)茨城県土浦市の土浦市民会館

動画はこちら↓
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/130613

http://www.ustream.tv/recorded/45148648



2014040312.jpg

30:58~

東京電力の記者会見では、もうほぼ、情報は出てこないんじゃないかと思っていて、
いろいろ取材に行っていろんな方達と仲良くなって、
作業員の方達にも仲良くして下さる方がいて、いろいろ情報をくださるんですよね。
もう記者会見の間に、記者会見を見ながら情報をくれる作業員の方もいらっしゃって、
「今の事間違っているから、こうやって聞きな」なんて、情報をくれるんですよ。

たとえば去年作業員の方が汚染水の装置の配管を間違えて開けてしまって
10人の方が汚染水を頭から浴びるという事故があったんですね。
で、その中のお一人がヤッケ、レインコートを、
雨除けのもの、水除けのものを着ていなかったんですよ。
でもそれを作業員の方から私は聞いていたので、
「おひとりヤッケを着ていない人がおられたと現場から聞きましたが、
その方が被ばくされたんですか?動機状況だったんですか?」とずっと聞いていたんですね。
その日の東京電力の会見者の方は「
いやそんな事は無い。全員ちゃんと着ていた防護していた」とおっしゃるんですよ。
で、「あれ?」とか思いながら。

そしたら何人かの作業員の方からね、
「それはウソだから強く聞きな」メールがくるんですよね。
「もう絶対に着てないから」っていうんで、

「現場に確認してもらえますか?」と。
「10人全員着ているって思っているかもしれませんけれども一応現場に確認して下さいって言うと、
2日後に「一人着ていませんでした」っていうね、事が出てくるんですよ。

なので、東京電力の記者会見で本当の情報が出てくるとは私は思っていなくて、
すごく、こっちが独自に調べておかないと、きちんと追及できないなって言う感じはありますよね。

で、作業員の方達に聞いたり、私も東京電力の下見をしたりしていて、
ちょっと私が今ね、怖いなと思っているポイントをちょっとかいつまんで。



淡水化装置から汚染水が漏れ作業員6人が被ばく10/9




33:11

去年の12月
特定秘密保護法で世間がワーワー、世間というか、私のまわりだけかもしれませんけれど、
なんか、ちょっと盛り上がっている時に、急に福島第一原発の1、2号機の排気筒ですけど、
そこの線量が出てきたんですね。

2014040313.jpg

で、初めて正確な測定値が出てきて、この排気筒の
カバーがかかっている方が1号機で、その手前の青い方が2号機です。
それでその後ろにある、元々何をするところか?と言いますと、
ベントをする時に、圧力が高まって強制的に中のものを出す時に、
フィルターを通してそこから気体を出すんですね。
なので、ここの排気筒は1号機、2号機両方とも配管が繋がっていて、
下から繋がっていて上に出るという形の煙突です。

で、ここの根元が2011年に「毎時10シーベルト以上ある」という事が分かったんですよ。
その時は10シーベルトまでしか測れない測定器だったので、
毎時10シーベルト以上でしょうという事は分かったんです。

たねまきJ「福一から10シーベルト」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)8/1より
nesp1312260301.jpg
小出:7シーベルトから10シーベルトの被ばくをしてしまうと人間は死んでしまいます。
水野:死ぬとおっしゃいますのは、どのくらいの時間を持って死亡に至るという・・
小出:通常は2週間で死にます
水野:2週間・・・
小出:以内で。



で、去年の12月に初めてちゃんとした数値が出てきて、
それは毎時25シーベルトだったんですよ。
毎時25シーベルトのところと、毎時15シーベルトのところ。
この2カ所がすごく線量が高いポイントで、
今現在測定している中では福島第一原発の中で最も高い測定値のところなんですね。

毎時25シーベルトというところはもちろん人は近づけないところです。
その情報が出てきたのが去年の12月です。

<東京電力記者会見>20分足らずで死ぬ25シーベルト/h 12/6(資料・会見文字起こし)



で、ここが私すごくビックリしたんですけど、何がビックリしたかというと、
去年の夏に同じくこの排気筒でいろいろな情報が出ていて、
これは高さが120mあるんですけど、その真ん中の66m付近、真ん中の付近のところ。
ここが地震の時に負荷がかかり過ぎたところなんですね。
最大揚力8cm
中越沖地震の時に、同じような煙突が柏崎刈羽にもあるんですけれど、
そこの真ん中の部分のボルトが緩んでいたりしました。
真中が一番力がかかるんですけれども、

2014040314.jpg

ここの排気筒の東西南北4方向のところに、この部分に切れ目があると。
破断の変形があるという事が去年の夏に出たんですよね。
で、どんな亀裂か?と言いますと、こんなふうに切れているんですよ。

2014040315.jpg

これちょっとショックじゃないですか?
私はビックリして、で、これがね東西南北4方向「こんな感じです」って。

2014040316.jpg

2014040317.jpg

これはもう「はっきり切れているんだろうな」っていう感じですね。
それで去年の中ごろに出て、「構造検査しても大丈夫です」みたいにね。

東京電力がおとといも言ってたんですけど、これをしつこく聞いていると面白くて、
元々、今の構造計算には「この斜めの部分は考慮していません」っていう
「これは関係ないんです」みたいな事をおっしゃっていて、
「じゃあ調べなきゃいいじゃない」みたいなそういう状態なんですね。

さっき、地震で影響があるところだ、確かに地震でも影響を受けるんですけど
3,4号機にも同じような煙突があるんですけど、そこは何ともないので、
規制庁の見解として今の東京電力の見解としても
地震だけではなく他に爆発とか、なにか様々な要因がかかって、
この1,2号機のだけこんなに切れたところがあるという評価になっているんですね。
何が原因か?というのはまだ具体的に分かっていないという状況なんです。


ケン:外れてるよね。


マコ:
外れてる外れてる。隙間が見えるもん。
それで、1号機と2号機って非常に近いんですね。
で、根元のところには毎時25シーベルトのポイントがあるので、
本来この切れ目はすぐに補修をしなければいけないんですけど、
今のところ補修する計画は何もめどが立っていないんです。


東京電力が今取っている対策と言えば、
監視員を置いて遠くから見ている」んですって。

ケン:近づけないもんね。

マコ:
近づけない。
で、1号機や2号機で働く作業員の方々は、ま、今も地震が時々あるじゃないですか。
その時にこの排気筒が1号機か2号機に倒れてきやしないかと思って、すごく緊張している。

とおっしゃっていました。

現場で働く作業員の方が地震があった後とか、電話をかけてきて下さって、
「大丈夫まだ倒れてないよ」とかって教えて下さるんですけれど、
何か私はすごく、ここは怖いポイントなんですね。
本当にメドが立っていないという事と、修理も出来ない。
海が近いので海風にもちろん当たりますし、
海風による腐食もありますし、
もちろん線量も高いのでそれによる劣化もありますし、
なので、今大丈夫だったとしてもこれが何年持つとか、何ヶ月持つとかというのが分かりませんし、
ちょっと私は怖いですね。

でも、東京電力が「25シーベルト/hだった」という情報を切れ目の後に出した時、数カ月のブランクがあったので


ケン:別々に出したんだよね。

マコ:
分かった段階で出すっていうことなんですけど。
なので、記者会見に出席されている大手の記者さんは数カ月で変わる方も多いので、
その25シーベルトのところに切れ目があるという事をリンクさせて大きい報道がなかったんですね。
だから、それもちょっと怖いなぁと思いました。

マコケン2014032217

ケン:この切れ目があったところで、下にこんなにシーベルトがあるんですっていうところで分かりやすいですよね。






東京電力資料
福島第一原子力発電所1・2号機排気筒中腹部における鋼材(斜材)の破断の確認について

福島第一原子力発電所1・2号機排気筒の部材損傷に対する耐震安全性評価について
掲載日平成25年10月7日


福島第一原子力発電所1・2号機排気筒の 部材損傷に対する耐震安全性評価について(PDF 514KB)





もっと詳しく  マコちゃんの記事↓
【詳細】原発事故後、敷地内での最高値25SV/hを測定
(おしどりマコ) 2013年12月07日

1/2号排気筒の毎時25SVが出たときの記事です。
東電社員ぶらさがり取材も起こしもあります。



続きを読む

テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

<福島第一原発>海へ流す井戸からトリチウムが基準ギリギリ1300ベクレル検出4/10~東京電力記者会見4/9文字起こし他資料

地下水くみ上げ 放水基準に近い1,300Bqのトリチウム検出
(福島14/04/10)


FNNLocal 2014/04/09



2014041012.jpg

福島第1原発の地下水バイパス計画の実施に向けて、9日から始まった地下水のくみ上げ­作業で、
1つの井戸から、放水の基準に近い1,300ベクレル(Bq)のトリチウムが­検出された。

2014041013.jpg

地下水のくみ上げ作業は、12カ所の井戸で進められていて、9日午後9時の時点で、4­7トンがくみ上げられたという。
東京電力によると、最も南にある井戸から、
これまでで最も高い、1リットルあたり、1­,300ベクレルのトリチウムが検出された。

2014041014.jpg

これは、海に放水する際の基準となる1,500ベクレル以下に近い値で、東京電力は、­監視を続けることにしている。

2014041015.jpg

また東京電力は、一定の量の水をくみ上げた段階で、第3者機関に水の分析を依頼するこ­とにしている。




2014年4月8日
福島第一原子力発電所 地下水バイパスの準備状況について(PDF 76.5KB)PDF


2014041017.jpg
2014041023.jpg
2014041016.jpg


東京電力福島第一原子力発電所の地下水バイパス水排水の実施に対する要望書
に対する回答について
より一部転記
<運用目標>
セシウム134: 1ベクレル/リットル未満
セシウム137: 1ベクレル/リットル未満
全ベータ : 5ベクレル/リットル未満
トリチウム :1,500ベクレル/リットル未満

<運用方法>
○ 一時貯留タンクでは、排水の都度、事前に水質確認を行い、
運用目標未満であることを確認した上で排水いたします。
運用目標以上となった場合は、稼動を一旦停止し、
運用目標未満(全ベータは1ベクレル/リットル未満)になるよう対策した上で、再開いたします。

○ 10日に1回程度行う一時貯留タンクの定例モニタリングでは、
全ベータの検出限界値を1ベクレル/リットルに下げて分析いたします。
分析結果が1ベクレル/リットル以上となった場合は、稼動を一旦停止し、
1ベクレル/リットル未満になるよう対策した上で、再開いたします。



この基準がそもそもどうなのか?
誰がどうやってトリチウムを1500ベクレルに決めたのかという事も疑問だけど、
とりあえず、1500ベクレルが基準のトリチウムが1300ベクレルまで上がってきていますが…
ギリギリだけど基準値以下だからこのまま海へGo!ということですよね。
基準を超えた場合に、「基準以下になるような対策」とは、薄めるという事なのでしょうか?
どのような対策をする予定なのか?


東京電力記者会見 文字起こし

2014年4月9日
IWJミノシマ:
地下水バイパスのことなんですけれども、
昨日また、規制庁の方の記者レク室で公表されたんですけれども、
あれはなぜこちらの方の会見でやらずに、規制庁の方でこっそりというか、やられるんですか?

東電 広報:
すみません、こっそりという様なつもりじゃないんですけれども。
ツイッターとかでもご連絡しますけれども、
あの、まずですね、メール等でお知らせしている内容というのが、
えーー、その日の、その日というかトラブル。
なにかこう事故があったりとかトラブルがあったりとか、
そういう時は一斉メールでご連絡をさせていただいています。
で、月水金という、この3回の定例会見をさせてもらっているような話です。
で、昨日その、あの、レクというか、今後の、今後というか、あのー、
ま、地下水バイパスが始まったとしたらどういった形で一斉メールなりご連絡をするかという様な、
あの、我々としてはご説明という認識でしたので、
えーー、会見というような形でご説明するというよりも、
お問い合わせいただいている方にはその旨ご説明していますし、
あのー、そういった形で我々としては考えておりました、はい。


IWJミノシマ:
前にもその、記者レク室で、
作業員の内部被ばく線量を再評価したというのも記者レク室でやられているんですよね。
1Fに関する事なんだから、こちらの方の記者会見できっちり話されたらいいと思うんですけど、
そういう事をしないのがなぜなのかな。
やっぱり何か情報を隠しているんじゃないかなという、ちょっと疑いを持っちゃうんですよ。
広報部としてそういう疑いをもたれてしまうという事は、
東電さんにとってもデメリットになるんじゃないかと思うんですけれども。

東電 広報:
あの、ご意見としては伺っておきます。
ただ、あのー、公表している内容については、ホームページでも公表してますし、
その件について電話でのお問い合わせであったりとか、
あのー、たとえば説明をして下さいという様な、電話でですね。
そういったお問い合わせがあれば、
「その件については話せません」という様な対応などはしておりませんし、
しっかり我々の方でご説明させてもらっているような状況ですので、
あの、そこはご理解いただければなと思っております。

IWJミノシマ:
記者会見の制約の時間とかもあると思いますけれども、
なるべくこちらの方で正式に発表していただけるとありがたいと思います。

東電 広報:ご意見として承りたいと思います。


IWJミノシマ:
それから、地下水バイパス自体なんですけれども、
結局関係団体の方から、必要な関係団体の方から全部了承を得られたという事なんでしょうか?

尾野:あのー、ご了承いただいて、準備を進めるという事で、今準備を進めているところです。

IWJミノシマ:了承が必要だった団体というのは、何団体ぐらいあって、

尾野:
ちょっと数としてどうか?というのは今のところアレですけれども、
あのー先般、あのーこの場で、月曜でしたっけ、
全漁連の会長から社長の方にお返事を頂いている訳でございまして、
それに従って、我々もしっかりやらせていただきたいというふうに述べさせていただいたところでございますので、
そうしたところを踏まえて準備を進めているというところです。


IWJミノシマ:
今まで地元の方で東電さんが説明された時、
説明会等でいろいろとコメントとか質問とかあったと思うんですけれども、
そういうのがどういうのがあったかというのを知りたいんですけれども、
そういうのは教えていただけないんでしょうか?


尾野:
あの、そうした事がご要望の中に反映されたと理解しております。
ご要請の中ですね、ご要請の中に反映されたという事と理解しておりまして、
そういう事を我々としてはしっかりと対応していると。
従って特に、たとえば放出に関しての測定という事が大事になってきますから、
基準をどうしていくのか?
そういった事に対して、国の関与はしっかりしていただきたいという事だったり、
あるいは測定の結果というものについて、
第三者的なチェックというのを何らかの形でかましていくという様な事が主だったところで、
そうしたところがご要請の中にも入ってきていますし、
我々としても対応させていただきたいという事で本日もさせていただいているとそういったところです。


IWJミノシマ:要請があった事をそれを全部、東電さんとしては対応したというふうに考えて

尾野:我々としては、対応させていただいている中で今日に至っていると思います。

IWJミノシマ:わかりました、ありがとうございます。


読売新聞ウエムラ:
地下水バイパスでちょっと基本的な事を教えていただきたいんですが、
いま一時タンクに入れていると、これを運用目標というか放出基準というのの範囲内であれば、
1カ月以降ですか、1カ月後以降排出するという流れでいいと思うんですが、
仮にこれが基準以上だった場合、っていうのを想定した時、
「これは全部ストップして海へ流さないですよ」というのは理解しているんですけれども、
じゃあ、それをいったん止めて、タンクの中の水っていうのは、じゃあどうするんだ?っていうところに対しては、
今までどういう説明をされてきているんですか?


尾野:
現状我々としては、「基準を超えるものは出さない」という事で申し上げています。
で、あのーー、もちろん、今汲んでいる水というのが、
えーーー「大丈夫である」という事はしっかり確認するという事を、
今、始めますよという事で言っていますので、もちろん確認をするという事なんですけれど、
えっと、現状、個々の井戸の状況をみておりますけれども、
まあ、あの、実際問題として
それが使えないのは、基準を超えるという可能性というのはあんまりないのではないか
というふうに思ってございます。
ただ、調べた結果超えてくる事があるとすれば、
それはまず原因を見極めて、その上でどうするかという事になってきますから、
まずは要因原因を見極めて対処していくという事が先になるので、
汲んだ水をどうするかというのはその次のステップの話かと思います。

読売新聞ウエムラ:
じゃあ、現段階で「この場合はこうする」とか、
「この場合はどうする」という想定は作っている訳じゃなくて、


尾野:
あの、たとえばこちらで勝手に想定を作っておいて、「こうだからああします」という事でもないと思いますし、
まずは要因原因次第という事が相当ございますから、
そういうところを見極めたうえで、それに応じて順次判断をしていくことになると思います。


読売新聞ウエムラ:
ただちょっと意見めいているかもしれないんですけれども、
その、予見はできるわけで、いろんなタンクの計画とか、
いろんなものを前提にこの地下水バイパスがなっているなかで、
仮定ではありますけれどももしそうなった時にとりあえず止めてっていうのが、
「タイムスケジュール的にそういう事を悠長に言っていていいのか?」という、
ある程度予見した上で、ある程度想定はしておいた方がいいんじゃないかというふうに思ってしまうんですけど。


尾野:
ありがとうございます。
それはご意見として全くもっともだと思っているんですが、
ま、現実の問題としてはやはり、ここをしっかりと見極めて進まなければ、
あのー、着実に進まなければこう言った事はなかなか進まないとは思っておりますので、
あの、…ご趣旨はよくわかりますが、やはり見極めてという事かと思います。


読売新聞ウエムラ:
たとえばそれは、設定している運用目標は越えたかもしれないけれども、
告示濃度は十分満たしているという時のケースが予見できると思うんですけど、
なんかそういう、非常にいろいろと何パターンも想定されるので、
とりあえずそういう、原因を突き止めた上でというそういうふうにならざるを得ないという事なんでしょうか。


尾野:
そうです、はい。
すごくとらぬ狸になってしまいますので。

読売新聞ウエムラ:ええ、わかりました。


ーーー



最も南にある井戸」とはどこなのか?
福島県のニュースで言っていた1300ベクレルのトリチウムに関する資料です。

<参考資料> 平 成 26 年 4 月 10 日 東京電力株式会社
福島第一原子力発電所
構内H4エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果について (揚水井)

地下水バイパス 揚水井 赤枠内 N012
2014041018.jpg

<参考>前回公表までの最高値 No12は1200ベクレルあります。
2014041019.jpg

No12の位置
2014041020.jpg

山の方(画像では下)にはどんどん最高値を叩きだしている
超高濃度汚染水が漏れているH4エリアE-1があります。
その場所の現在までの最高値はこれ↓
2014041021.jpg

大体どの辺の位置の井戸を掘って海へ流そうとしているのか?
もうちょっと広い地図で見てみたいと思ったので・・・

福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける
水漏れに関するサンプリング結果について (南放水口・排水路)

↑ここに建屋の写真も載っているもう少し広い地図があったので、
倍率を合わせて、位置を見てみました。(↓クリックすると大きく見る事が出来ます)
2014041022.jpg


やっぱり山側に汚染水のタンクを沢山置いちゃったから、
もう地下水は汚れちゃっているようです。

<福島第1原発>「地下水バイパス計画」を県漁協が正式に容認&大雨で流れる汚染水

2014040520.jpg





トリチウム H3
2013年
トリチウム水を海へ放出する相談中10/7参議院経済産業委員会(文字起こし)

<両棲類と哺乳類のトリチウム取り込み比較>
「トリチウム水投与後10日目では脂肪組織に最も多く、 次いで脳、睾丸、肝の順」放射線医学総合研究
(内容書き出し)


トリチウム水の魚卵発生に及ぼす影響~
「孵化稚魚の眼径は有意に小さい」放射線医学総合研究所資料集(書き出し)


<トリチウムの動向ー動物系>
数時間で全身にほぼ一様に拡散分布 /脂肪組織、脳、筋肉に高いトリチウム残留
(放射線医学総合研究所資料集書き出し)


<トリチウム>
「福島から海に投棄された汚染水が含まれている放射性物質が
雨になって再び陸に戻ってくる可能性はあるんでしょうか?」


トリチウム関係ブログまとめ









続きを読む

テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

「石破幹事長は全ての自衛隊員に直ちに謝罪して下さい」日本山妙法寺武田さん4/8&石破幹事長テレビでの発言4/5文字起こし

解釈で憲法9条を壊すな!4・8大集会&デモ~
『集団的自衛権の行使』は海外で戦争すること

2014年4月8日 

宗教者のみなさんを代表して日本山妙法寺の武田隆雄さん。
よろしくおねがいいたします。


http://youtu.be/E5fxuGDQXN0?t=5m45s
2014040912.jpg

会場にお集まりのみなさんありがとうございます。

まず、石破自民党幹事長の去る5日のテレビ番組での発言に強く抗議いたします。
自衛隊員であっても命を守らなくてはなりません。
死んではいけないのです。

政治の基本は人が人を殺す戦争をしない事、弱者を救済する事です。

石破幹事長は全ての自衛隊員に直ちに謝罪して下さい。

私たち宗教者は、「集団的自衛権の行使は戦争です」こう書いた子の横断幕などを持って、
街頭に立って祈り訴えています。

明日、私たち宗教者は国会に集まり、集団的自衛権の行使容認に反対する集会を開きます。
私たち宗教者は平和への祈りをこのように見える形で、これからも行動で示してまいります。
また、立正佼成会は安倍政権の進める集団的自衛権行使容認に懸念を表明し、
去る3月10日首相官邸にいる菅官房長官に直接、立正佼成会理事長が見解書を手渡しています。

心の自由を奪い、心を統制する戦争国家に、私たち宗教者は反対いたします。


みなさん、宗教の違い、政党組織の違いを超え、
集団的自衛権の行使容認に反対する一点で、協同してまいりましょう。
共に頑張りましょう、ありがとうございました。



ーーー

「石破自民党幹事長の5日のテレビ番組での発言」とはどのようなものなのか?
2014年4月5日に朝日新聞が記事にしていました。
記事の見出しは石破幹事長「自衛官の死傷は政治家が覚悟しなきゃ」というものです。
http://www.asahi.com/articles/ASG454T7WG45UTFK003.html

武田さんの発言にあった部分の記事中の内容としては、
5日のテレビ東京の番組で石破幹事長は
アフガン戦争で集団的自衛権を行使した国の軍隊が多数の死者を出したが「日本にその覚悟があるか」と問われ、
「政治が覚悟しなきゃいけない。内閣が吹っ飛ぶからやめとこうというのは政治が取るべき態度ではない」と述べ、
2004年の防衛庁長官時代、自衛隊をイラクに派遣した例を挙げ、
「自衛官は危険を顧みないとの誓いをしている。危険だからやめようということがあってはならない」
政治の役割として「そうならないようベストを尽くす」と強調した。
という様なものです。

そのテレビ東京の番組がないか?探してたら、音声がYoutubeにUPされていました。
なので、文字起こししました。




■『週刊ニュース新書』
2014年4月5日(土)11:30~12:05(テレビ東京系)
【ゲスト】自民党 石破茂幹事長
【出演者】田勢康弘(ジャーナリスト)繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)中川聡(テレビ東京アナウンサー)



田勢:この御本を読ませていただきました。

石破:ありがとうございました。

田勢:非常にわかりやすくて説得力のある本だと思ったんですけれども、説得力があり過ぎてですね、

石破:ハハハッ

田勢:本当なのか?と

石破:それは本当です。

田勢:思うところがちょっとあるんですね。


繁田:
さぁ、石場幹事長とはこのような事について話し合っていただきます。
安倍総理が意欲を示す憲法解釈の変更の是非を聞きます。
集団的自由県の行使を認めると、どんな事が起きるのでしょうか?
そして、連立のパートナー公明党との溝は?
また、重要政策の官邸主導に、党は納得しているのでしょうか?
こういったテーマについてお話を伺ってまいります。
まずは集団的自衛権の行使容認をめぐって自民党内の空気がすこーし変わってきているようです。

繁田:
集団的自衛権の行使を容認する手段は大きく3つあります。
まずは、憲法を改正するという方法。
そして、安倍総理が意欲を示しています憲法解釈の変更
そして、自民党が選挙で掲げた国家安全保障基本法
こういった新しい法律を作る事で集団的自衛権の行使を認めるという方法。
ま、こう言った形があるんですが、
自民党の中では必要最低限の行使容認。
そういった条件のもとこの憲法解釈の変更、この理解が広まっているようなんですが、
石破さんはもともとは、国家安全保障基本法、こちらに行使を容認する方法、
そういう考えだったかと思うのですが、


石破:
うん、今でも自民党はそうですよ。
あの、その考え方っていうのは、ずっと何年も議論をして、
部会で決めて、政調会で決めて、総務会で決めて、
「これを党の公約にしますか?」というのは全議員参加して決めて、
衆議院でも参議院でも「国家安全基本法を作る事によって憲法解釈を変更します」ということなのでね。
それは今でも全く変わっていません。
それから、「今日から変更しますよー」というだけではなんにもならないんで、
次の総理大臣が、「やっぱり今日から元に戻しますよ」と言ったら法的安定性も何もないのでね、
なんかの法律をきちんと作ることは必要でしょう。
原理原則を定めた国家安全基本法というのはそういう考えなんです。
一方に於いて、解釈を変更して自衛隊法に一つ一つ根拠規定を置くというやり方もあります。
それのどっちを取るか?というのはこれからです。




田勢:
私も閣議決定だけで「今日から変更します」というのはどうもその
国会の議論というものが欠けているんじゃないかと思ったんですが、
これ、法律を設定して基本法を出せば、国会で議論ができる訳ですよね。

石破:
そうですね。
だからそれはね、何も集団的自衛権だけ書いたんじゃなくて、
たとえばこの間こう、決まりましたけれど、
武器輸出三原則というのも法律も何もなかったんですね。
あるいは専守防衛とかね。
非核三原則とか、国の安全保障の基本なんだけど法律でも何でもないものっていっぱいあるじゃないですか。
「それをきちんと定めましょう」というのはやっぱりいつかはやらなければいけない事だと思います。


繁田:国家安全保障基本法はいつ出す予定なんでしょうか?


石破:
これはねぇ、これから政府と自民党との話し合い。
あるいは、公明党?連立を組んでいる公明党との話し合い。
できればこの手のものっていうのは、与党だけじゃなくって、多くの野党。
有事法制がそうであったり、
あの時はね、社民党共産党以外は全部賛成しました。
多くの党の理解を得なければいけない。
「じゃあ、何時ごろこれをやりましょうかね」っていうのは、これからのお話し合いだと思いますけど、
効、安全保障というのは集団的自衛権だけをめぐってある話じゃないので、
国のあり方そのものを、やっぱり基本法というものを定めるっていうのが、私は必要な事だと思います。
ですからこれをいつまでも先送っていい話だと、私は少なくとも思わない。

田勢:
何かその・・・内閣法制局長官が
「総理は基本法を出すよな事は考えていない」という様な発言をして問題になった事がありましたよね。
あの発言は何だったんですか?

石破:
なんだったんでしょうねぇ。
読唇術なのか、忖度したのか知らないが、
総理は別にそんな事を決めているわけでもないし、
これ自民党で同意決定している事ですから、
法制局長官がそんな事を言うべきではありません。
法制局長官はあとで撤回をしましたがね。
国家安全基本法みたいなものをきちんと定めて、これが安全保障の一番の上位法になるわけですよね。
憲法律。
ですからそこの理念に従っていろんな政策は決められるべきだ。
やっぱり農業でもそうでしょう。
農業農村基本法っていう法律があって、
その理念に従っていろんな法律ができていく訳です。
やはり基本法というのをおろそかにしてはいけないと私は思います。

繁田:
おろそかにしてはいけない基本法ですけれども、
集団的自衛権の行使、
ちょっと国の安全保障の根幹にかかわる大きな問題にしては容認を急いでいるような感が否めないかと思うんですが。
この急いでいる理由というのはなんでなんでしょうか?

石破:
それは総理がよく言っていますようにね、
我が国をめぐる安全保障の環境がここ数年ものすごく厳しくなっていますね。
ということですよね。
もう独裁者の国が着々と核ミサイルの開発を進めていると。
そしてまたアメリカの力が相対的に落ちている。
中国が今すぐ他国に侵略とか、そういう事をするというような状況にはない。
脅威というのは、考えと能力の掛け算なので、
中国にそういう考えがない以上はそういう脅威はない。という事になるんだけど、何時パッと変わるかわからない。
あるいはクリミアの情勢というのはポルポトなりロシアと非常に関係のある話ですよね。
そういう厳しい状況がどんどん増していますね。
そうだとすれば、そういう戦が起こらない様なそういう仕組みを着々と整えていかなければいけないんではないか。
単に装備を充実させるだけではなくて、
自衛隊が行動できる、その根拠となる法律。
これを定めないと、この地域における力のバランスが保てない
し、
あるいはどこかの国が日本に対して手をかけようとした時に、
「そんな事しても無駄だからやめなさい」という力を確保する事をも出来ない。
だから我々が急いでいるように見えるかもしれないけれど、
それは、どうすればこの地域の平和を保つことができるか。
そのための手段は何なのか。
という事をずーっと考えてきた結果です。
ですから自民党も昨日今日この話を始めたわけじゃない。
少なくともこの10年ずーーーっとこの議論をしてきた。
殆ど誰も聞いてくれなかっただけの話でね。
でもその間有事法制とか、あるいはインド洋に艦隊を派遣するとか、
あるいはイラクに自衛隊を出すとか、
その時その時に必要な事をきちんと法律を作ってきたので、
その延長線上と考えれば、決して急に天から降ってきたのもではないかと思います。


繁田:
では、その平和を保つためにも、この集団的自衛権行使の必要性を石破さんは訴えている訳ですよね。
ですが一方で防衛に関わる人の中から反対の声も上がっています。
一体なぜなのでしょうか?

VTRにありましたが、柳澤さんはアフガニスタン戦争のころを振り返って
「一人でも怪我したら内閣が潰れるという声が圧倒的に多かった」と言っています。
実際にアフガニスタン戦争に集団的自衛権の行使で参加した国の死者数を見ると、
こんなに沢山の方々が亡くなっているんです。
田勢さん、どう思われますか?


田勢:
まぁ、柳澤さんの耳を傾けるようなところもありますけどね、
わたしはあの、素朴な疑問なんですけれども、集団的自衛権は日本が行使する場合の相手の国というのは、
アメリカなのか、それとも「密接な国」という表現になっているんですけれども、
「密接」というのはどういう事なのか?というのが今ひとつよく分からないのと、
それから自民党がなんとなく解釈変更容認のように傾いている。
「必要最小限」という言葉ですね。
この必要最小限というのは非常に曖昧な表現なんですが、
この二つはどういうふうに考えればいいんでしょうか?   


石破:
ん~、アメリカは同盟国ですから、「密接な関係」ですよね。といってもいいですよね。
ただ、アメリカに対する攻撃が、日本に対する攻撃と同じように評価されるというもうひとつの要件がある訳ですよ。
ですからアメリカがたとえば南米で戦っている。南米でどこからか攻撃を受けている。
それは「良い悪いは別にして日本に対する攻撃と同じようなものだ」と評価をされる事はないでしょうね。
で、これが「アメリカだけが密接な関係にある国かい」って言えば、
それは、同盟関係を結んでいるっていう事はイコールでしょう、ほとんど。
ですけど同盟関係を結んでいなければ、その国が攻撃を受け、それが日本に重大な影響を与える事態だとしても、
「知りませんよ」でいいのかしら?っていう事があると思いますね。


例えば日本海で、
アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、あるいはマレーシアどこでもいいですが、
そういう国々の艦隊が行動していると。
アメリカが攻撃を受けた時だけ助けます。
でもその近くでニュージーランドが攻撃を受けたら、
「おお、沈むねぇ。沈んだら助けてあげるからね」で済むかしら?っていうと、
それは「違う」と思いますよ。


地理的な範囲も地球の裏側まで行くという事は普通考えられないけれど、
そこで起こっている事態が日本に対して非常に重大な影響を与える事態だと評価されれば、
行く事を完全に排除はしないでしょう。


仮にすごく近くで起こっている事であっても、日本に対して重大な影響を与えるという事でなければ、
それは行使しないという事はあると思いますね。



田勢:韓国はどうですか?


石破:
韓国は、「重大な影響を与えると考える」というケースが多いだろうと思います。
しかしながら、これは自民党の基本法はそういう作りになっているんですけど、
その攻撃を受けた国から日本に対して「力を貸してくれ」と要請がなければ、
勝手にですね、日本が判断して「これは見捨てておかれようか」みたいな事で行く事は、
自民党の考えでは認めていません。
やはり他国の領域に行くという事は、仮にあるとすれば、
今はそれを排除しようという流れですがね、
仮にそういう事があったとしても、その国が主権国家として要請をしなければ、行く事は絶対にないです。


田勢:それは韓国から要請がなければ行かないという事ですか?

石破:それは行かないですね。要請もないのに行く事はないです。

田勢:韓国には在韓米軍もいますよね。

石破:
そうですね。
ですからそこは米韓安全保障条約に基づいてアメリカは韓国を助ける訳ですよね。
ですけれども、「韓国を守る」という時にやはり日米同盟、米韓同盟とともに同盟関係にはないけれど、
日本と韓国の関係が良好であるというのはやはり必要な事ですね。


田勢:
韓国のとなりにある国からですね、この前のように日本海に向けてミサイルを発射されるということは、
韓国を狙ったものなのか、日本を狙ったものなのか、両方狙ったかもしれないという、
そういう状況もあり得ますよね。

石破:
うん、それは無いとは言えません。
ただ、ミサイルが撃たれた時に、撃たれた、こう重力に逆らって上がっている段階と、
それからミッドコースと言われる軌道に乗る段階で、
大体どこに落ちるかな?っていうのは計算が出来ますのでね、
それがどこに向かって撃たれたものかは分からないというような状況は少し考えにくいのかなと思います。

田勢:
さっきのアフガン戦争の場合でも、やっぱりその
集団的自衛権でイギリスをはじめとしてヨーロッパの国々でもかなりの死者が出ているんですけれども、
日本の場合にはですね、集団的自衛権行使容認は良いんですけど、
「それだけの覚悟がこの国の国民に出来ているだろうか」というのは、一方でもうひとつ問題があると思いますよね。


石破:
それはずーっと悩みでしてね、私たちもね。
この時に私は防衛大臣でした。
で、イラクに出す時に、もちろんもう戦争は終わっている
戦争が終わっている時に、なお危険は存在しているけれど、あそこに水を補給する。
道路を直す。
学校を補修するという様な人道支援で出しました。
ですから武力の行使なんて何も関係ありません。
しかし危険は存在しているっていう事を正面から認めて出しました。
で、どうすれば人を傷つけることなく傷つくことなくっていうのは、
本当に柳澤さんなんかも一緒にやったんだけど、徹底的に考えました。

ですから誰も傷つけず、だれも傷つくことなかった。
でもそれが絶対にないか?って言ったら、そんな事は保障できません。
だからその覚悟が、政治も覚悟しなきゃいけないんで、
そんな事をやったら内閣が吹っ飛ぶからやめとこうっていうのは、
私は政治がとるべき態度だとは思わなかったし、
その時に自衛官のうちの何人かは、もし誰かが怪我したら撤収するという様な事なら最初から出すな。
という事を言っていましたね。


だから、自衛官たちっていうのは入官する時に
「事に臨んでは危険を顧みません」っていう誓いをして自衛官になっている訳ですよ。
そうすると彼等を出す時に、危険だからやめとこうというのはあってはならない事だと思います。
政治の覚悟の問題であり、そうならない様にどうするか?ベストを尽くすんです。




繁田:
集団的自衛権のお話を伺っていますが、憲法解釈の変更をめぐり反対論が盛り上がらない自民党。
自民党では今何が起きているのでしょうか。
「自民党内で安倍総理にものが言えない空気があるのでは」なんていう声も聞こえますが、
石破さんからみていかがですか?

石破:
どうなんでしょう?
あの、それぞれの議員が自分の良心に照らしてですね、
「これはいうべきだ」っていうことを言わない人がそんなにいっぱいいるとは私は思わないんですよ。
ましてやね、今うちはトウセン規制という人が圧倒的に多いんですね。
トウセン規制というのはポストは関係ないですからね。
それはもう、「自分のポストが大事だから本当の事を言うのをやめとこう」っていう、
そういう自民党だったらあんまり存在意義がないんじゃないんですかね。
少なくても私は国民に対してそういう自民党ではありたくない。


田勢:
石破さんにかねがねお尋ねしたいと思っていたのは、
石破さんは幹事長になられてから私が知る限りで靖国神社へ行かれていませんよね。
それはなにか石破さんなりの理由がおありなんでしょうか?


石破:
これは閣僚の時からそうです。
それは、靖国神社というものは全ての人が神として祀られる。
国家の命によって戦場へ行き、命を落とした人ね。
そして必ず天皇陛下がお参りして下さり、お祀りして下さるという、二つの約束で出来た神社ですよね。
ですけども、その二つとも十分満たされていない。
特に陛下がお出ましいただくという事になっていない。
靖国との約束というのをどうやって我々は果たしていくのか。
英霊との約束を果たしていくのか。
私はそれが事の本質だと思っています。


繁田:
安倍総理は靖国神社に参拝しましたけれども、
安倍総理と石破さんは歴史認識や外交政策で意見は同じなのでしょうか?


石破:
ほとんど一緒ですよ。
それはおととしの秋に自民党総裁選挙をやった時に、安倍さんも私も出ましたがね、
一番に掲げたのがこの安全保障政策だった。
なかんずく集団的自衛権の行使を可能としようというのは、
示し合わせたわけでもないのにほとんど一緒でしたね。
だから安倍さんのライフワークであるとともに、私のライフワークです。
それはほとんど一緒です。


繁田:それでは石破さんから日本への提言をお願いいたします。

「徹底したリアリズムに基づく外交安全保障」

石破:
外交も安全保障も空想論を言っていても仕方がない。
理想論を言っていても仕方がない。
どうすれば戦にならないかっていう事を徹底的に考える。
それは条約であり、法律であり、
飛行機や船や戦車などの装備であり、
それをどう使うか?という運用であり、
そういうものをきちんきちんと事実に基づいて分析し、認識し、実行して初めて平和っていうものはあるものですよ。
理想論を唱えるのもいい。
感情論の応酬もいいだろう。
しかしそのベースとなるものは、事実の認識、法律をきちんと作る、装備を整える、きちんとそれを運用する。
そうでないと平和と安定っていうのは保つことは絶対に出来ないと私は思っています。


田勢:
大事な事を言ってくれたと思いますね。
「どうすれば戦にならないか」と。
そこのところですよね、そこにやっぱり重点を置いていただきたいと


石破:「どうすれば戦にならないか」ではなくて、「どうすれば戦になるのか」を考えている訳では全くありません。




ーーーー





続きを読む

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

「安倍政権のやっている事は、立憲主義の完全な破壊です」4/8東京デモクラシーネットワーク 高橋さん

解釈で憲法9条を壊すな!4・8大集会&デモ~
『集団的自衛権の行使』は海外で戦争すること


2014年4月8日 


文字起こし部分→http://youtu.be/E5fxuGDQXN0?t=8m18s

東京デモクラシーネットワーク 高橋さん
2014040911.jpg

東京デモクラシーネットワーク、聞いたことない人が多いと思いますけれども、
先程東京都知事選挙で宇都宮けんじ候補のキャンペーンに参加して、
様々なアイディアを出した若い世代のネットワークです。

当然我々は集団的自衛権、
特に解釈改憲による集団的自衛権の確立というものに非常に強い危機感を持って情報を発信しています。
また、インターネットと街頭を繋ぐ様々なアクションを新しくデザインしています。

しかし今日、こうした集会に参加させていただいて、気付かざるを得ないことがあります。
それは、若い世代がやはり参加者の中に、顔がなかなか見えにくいという事です。
もちろん先輩方の姿を心強く思っています、だから来ている訳ですけれども、
若い世代がなぜ来にくいかという事は、実は非常に簡単な理由があります。

それは私たちの世代の多くの若者は、
今この時間はおそらく非常に不安定な雇用の中で、そして消費税が増税される中で、
安倍政権の新自由的な政策にあえぎながら日々を送っており、
こうした事に関して考えるための知的な気力、
あるいはそれを支えるだけの希望というものが奪われつつある。
そういう状況が現実です。

私たち東京デモクラシーネットワークは、従って、
集団的自衛権、これを確立しようとする安倍政権に対して、
広い若い世代を含む反対を作っていくためには、安倍政権全体。
集団的自衛権だけではなく、安倍政権全体でやっている事に反対する必要があると強く思っています。

安倍政権のやっている事は、立憲主義の完全な破壊です。

エネルギー政策についてもそうです。
武器輸出についてもそうです。
きちんとしたプロセスを経ずに閣議決定でやっている。

こうした事に強い反対を私たちは示していこうと思っています。
一緒に頑張りましょう。




続きを読む

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

「子どものためによくないから、あの原発の火は全部無しに」肥田舜太郎氏3/16立川(文字起こし)

肥田先生が立川にいらしてた~♡
知らなかったのがとっても残念です。
もっとお話聞きたぁ~い。
だけど、後半6分間だけでも大変ありがたく聞かせていただきました。
Youtubeにして下さってありがとうございます。
感謝です。




肥田舜太郎さんを迎えて

2014年3月16日(土)立川柴崎学習館

2014040813.jpg

エネルギーをいつも生きる方向へ集中させていくというのは、自分の意志の力です。
だから、生きていくのにお金が足りない、
あるいは、もめごとがいっぱいあって生きるのが大変だ。
みんなそれぞれ悩みを持っている。

大体悩みの中心は人間関係、ひとつはね。
もうひとつはお金が足りない。

みんなおんなじことを考えながら
同じ原因に向かって苦しめられているんだけど
バラバラに生きているんですよ、みんな。
自分だけどうしてこんなにみじめなんだと。
自分だけがどうしてこんなに不幸なんだと。
みんな思わされている。

聞いてみればみんな同じなんです。

この中に「貯金通帳に40億円あってあと3代無駄にしても大丈夫です」っていう方がいたら手を上げて下さい。
そんな方はこの中にはいないと思う。
みんなそういう人間なんですよ、今。
こういうところに集まっているのは。
10億20憶持っている人は来ません。

だから、地球の上で今日本という国に生きている。
1番数の多い階層がみなさんと同じ人なんです。
もうちょっと悪いのが、ここにもこれなくて駅で寝たりなんかしている人が残念だけどいる。
皆さんは下は沢山いるけれど、上はそういないんです。
羨ましがっていろいろ眺めているけど、うちの中に入っていれば、みんな同じ苦しみを持っている。

だから、一番の根源は
1億4000万人という、大変な数の人間が、せまーい日本という国の中で、ひしめき合って今生きている。
どっかよその広いところで暮らしたくたってそんなところないから我慢するよりしょうがない。
山を切り開いて平地を作ったり、田んぼを広げたりしながら何とかかんとか食っていくことに苦労している。

そういう苦労している同士がお互いに喧嘩するんじゃなしに
同じ方を向いて一緒になって、「嫌な事はよしましょう」と、
子どものためによくないから、あの原発の火は全部無しにして
当分の間石油や石炭で火を起こしてもらっていいんじゃないですか。

2014040814.jpg

リニア新幹線。
ね。
なんで大阪まで30分で行かなきゃならないんだ。
そのために穴掘って、沢山の土地を潰し、
沢山のいろんな公害を起こしながらね、
あれに乗って、大阪に30分で行った。
俺はこんな幸せな人間だなんていうのは誰もいないんだ。
高いお金を出して乗って。

そういうつまらない事をしようっていうのがいっぱいいるんだ。

だから、当り前の生活を当り前に楽しくやっていける国が一番幸せなんです。
だから、どの顔をみなさん見ても、
人を落としめて自分だけがお金持ちになりたいっていうような顔はひとつもない。
なろうったって、なれないでしょ。

(笑)

2014040815.jpg

そういう意味で、今日ここで笑いながら私の話を聞いて下さった方は、
残された自分の寿命はまだ沢山あります。
私の娘と比べたって大変にある。

ひとつ、
今の、うちの中にいる自分の子どもじゃなくて、
その次の子ども次の子ども、
それがこの国に生まれてくる。
その子たちに放射線の苦しみだけは与えない。

せめてその一つだけでも、その子たちのために日本の国から全部火を消して。
つけたのは人間なんだから、消すこともできるんです。
現に今消えています。


だからせめて自分の子孫のためにね、
それぐらいの事はみんなで力を合わせてやって頂きたい。

そして、憲法の一つ一つの条文を読んで関心するんではなくて、
一つ一つを自分が実践をする。どの一つも。


憲法というのは政府を縛る法律なんです。
今の政府のでたらめな事を憲法が止める。

その憲法を「都合のいいように変えましょう」なんていう政府が出てきたら、
これは一番たちが悪い


そう思って、世界の人の鏡になる今日本の憲法を、どの1行もへこまさない。

そういう前向きな人生を歩いて、これから生まれてくるみなさんの子孫のために
日本の国から放射線という人間にとって余計なものは無くしておく。
それをみなさんのこれからの人生の目標にしていただいて、私の話を終わりたいと思います。








テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

嬉しい♪
✿記事の転記について✿
2023052642.jpg
コメントありがとう♪
コメントありがとうございます。    お返事はなかな書けませんが、    とても励まされて勇気を頂いています。 感謝でーす(๑♥‿♥๑)ノ いろいろとコメントをいただいていますが、 たとえば私のブログよりも長いコメントや、直接ブログの内容と関係が無いもの、 何回読んでも私が意味を理解できないものは 公表しない場合がありますのでご了承ください。 きーこは、あんまり頭がよくないので、 難しい事柄をたくさん並べられるとこんがらかって分からない時がたびたびあります。 意味が分からないまま公表していた時もありましたが、これからは承認しない時があっても許して下さい。d(◕‿-。) ネ❤ 私は読ませていただいていますので… 私にも理解できる様に書いていただけると嬉しいですw
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

憲法の始まり
王様をしばる法
  憲法が変わっちゃったら  どうなるの?
自民党案シュミレーション
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
バイバイ危険なげんぱーつ♪


 
肥田舜太郎
放射能なんかに負けない
小出裕章
歌いました♪
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
用意しておこう!
広瀬隆さんの勧めマスク
99%防御
ケンコーコム
大きくてキッチンで便利
ドリンク館
バッグに1本
飲んでます
いろいろ調べてこれを選びました
ベクレルフリー食品
なんと!小出先生が相談
img59700363.jpg 『あんしんな食で人々を幸せに』   ホワイトフード株式会社
時々飲んでいます
わたしは怪しいものを食べる前に  飲んでいます
私のガイガーカウンター
表示までに時間がかかる気がしますが、とても軽くて電池使用なので便利です。他と比べていません。ただわたしが使っているという事だけです(๑◠‿◠๑)ノ  ↓
現在悩み中
原発の電気買いたくない
楽天ショッピング
放射能測定済み食品専門店
測定下限値が低い
ベルラド放射能安全研究所チェコ支局
税込み3,150円以上配送料無料  代金引換 代引手数料は無料
除菌実感!
   自分でつくる銀イオン水      Ag+で 消臭 除菌 抗菌
免疫力を高める