<川内原発再稼働>結局「過酷事故が起こったら見捨てます」…という内容〜原子力防災及び避難計画について政府交渉6/29(文字起こし)



【鹿児島県民の死を占う政府交渉】川内原発避難計画に関する政府交渉

2015年6月29日  UPLAN

川内原発の原子力防災及び避難計画について

よく出てくる言葉
PAZ 5km圏内
UPZ 5km〜30km圏内




川内


満田:
「5km〜30km圏内の住民に対して安定ヨウ素剤は配布されない」ということになっています。
★1.UPZの住民はどこで安定ヨウ素剤を配布され服用するのか?
いちき串木野市を例にご教授いただきたい。

喜多
内閣府原子力防災 喜多 充::
UPZの避難のこと、これはいちき串木野市を例にということでございますが、
えー、これにつきましては、平成25年の訓練では、いちき串木野市の市民の方については日置市、日置市にあります日置市の中央公民館に対しまして●保健所から安定ヨウ素剤を移動、移動といいますか移送して、えー、配布している、ということでございます。

満田:日置市一箇所ですか?

喜多:
日置市中央公民館の方へ避難されるということで、そちらの方で配布したということは訓練の実績としてございます。

満田:それは訓練の実績なんでしょうが、いちき串木野市の避難場所って一箇所じゃないですよね。
いまど
ういうことになっているのか?

喜多:(パンフレットをペラペラめくって探している)

男性:探さなくていいです。
南九州市、枕崎 ●市、南の方が多いんです、南の端です

満田:
じゃ、先に行きます。
★2。UPZの住民は高い線量が確認されてからの避難となっている。
ちなみにOILが500マイクロシーベルト/hで、OIL2が20マイクロシーベルト/hという風になっています。
この高い線量の中配布場所、避難所に出かけていくことで放射性ヨウ素を吸い込んでしまう可能性が高い。
これを考えれば、事前配布・住民説明会等々の必要な措置を実施すべきではないか



規制庁山本要
原子力規制庁原子力災害対策・核物質防護課 山本要:
私の方からですね、2の前半部分、事前配布が必要じゃないか、という部分についてお答えさせていただきたいと思います。
まず、このご質問の中で引用された部分。
安定ヨウ素剤の配布の中身のですね、ま、1ページ目ということでございますけど、
すみません、ちょっとここを読ませていただくとですね、

「放射性ヨウ素が体内に取り込まれたのちに安定ヨウ素剤を服用しても効果は極めて小さくなるため、適切なタイミングで速やかに住民等に安定ヨウ素剤を服用させることが必要となる」とあるんですが、
この記載の前をちょっと読んでいただきたいんですけど、
ちょっと読み上げさせていただきますけれども、
「安定ヨウ素剤は、放射性ヨウ素による内部被曝に対する防護効果に限定されることから、被害がある位置時点との防護措置と噛み合わせて活用する必要がある」と。
「この時●素材の服用は、原則として他の主たる防護措置に対して重たる防護措置となる」と。
まずこの防護措置全体の考え方を、まずご理解いただけたらと思います。
その上でですね「事前配布が必要ではないか」というご質問についてですね、私どもの指針上の考えで安定ヨウ素剤の配布にあたってはですね、えーー、手引きのですね、考え方をお伝えしたいと思います。

まずですね、PAZのですね、え、住民につきましては、これは全面緊急事態に至った場合のですね、避難の際に、
服用の指示に基づきすみやかに●で服用をするために、ま、あの事前に配布することとしていた。
これは皆さんご承知のことかと思います。

またですね、事前配布を行わない地域におきましては、
こう、原子力施設の状況とか、あるいは、緊急モニタリング結果等に応じましてですね、
避難や一時移転等に合わせて、こう、安定ヨウ素剤を配布服用する場であるため、
ま、中央●一斉にですね、え、安定ヨウ素剤を備蓄するとか、
ま、あらかじめ避難経路に沿った緊急配布場所を定める等のですね、ま、準備を行い、住民に周知することにすると。
このような整備がなされております。

またですね、●の中にもございますけど、まぁ、なおですね、地域の特性、地理の特性等々でですね、
配布体制の準備に時間が要する等の状況により、ま、避難や一時移転の範囲に迅速な配布が困難であると考えられる地域や対象等についてはですね、ま、安定ヨウ素剤を事前に配布することも可能としていると。
この手引き上は制度はそのようにさせていただいております。

ま、私どもといたしましては、何れにしてもですね、え、こういったことを平時からですね、
ま、平時の訓練からですね、研修を通じまして、まぁ、緊急時対応能力のですね、ま、継続的な改善。
そして実行していくことによって、取り組んでいく必要があると、このようなことでございます。

8:23

喜多:
あの、えー、事前配布にかかる費用等については、こうヨウ素剤そのものでもわかるごにょごにょに関しては、
内閣府の方で対応しているところでございます。

満田:
今のお話は、事前配布とか住民説明会、
この、ヨウ素剤に関する事前配布、住民説明会等々の必要な措置を実施すべきではないか?
のお答えが予算●しているというお答えなんでしょうか?

喜多:
まず、予算の方につきましては、内閣府の方の予算を講じていますし、
それから住民説明会等の必要な措置というか、
そちらは内閣府、規制庁?


原子力規制庁原子力防災政策課 兼 内閣府原子力災害対策担当 関口澄夫
原子力規制庁原子力防災政策課 兼 内閣府原子力災害対策担当 関口澄夫」
内閣府原子力防災関口ともうします。
住民説明会につきましては、市、町、えー、県とかの要請に応じまして、必要に応じて開催したいと考えております。
以上です。


満田:それは、ヨウ素剤の事前配布に対する説明会、ということでよろしいんでしょうか?

(隣の喜多氏を見る関口氏)
みた

満田:なんの説明会なんでしょうか?


喜多:
配布の際にですね、えー、住民説明と書かれていると思いますが、
それにつきましても、いろんな人のごにょごにょというのはごにょごにょ


満田:UPZについて話してください

喜多:
あの、UPZについてはいまほど規制庁の方からご説明があったかと思いますが、
事前、緊急配布の●であれば、あ、緊急配布が必要であれば、●でしたので、
地域によってはUPZの一部ですね、●であっても事前配布しているところがすでにございますので、
まさにごにょごにょとごにょごにょにかたちになりますし、
ごにょごにょ…

満田:
はい。
ちょっと判然としないところがありますが、先に進みます。
★3「適切な取り扱いのためには訓練が不可欠」と規制庁文書でも書いていますので、
川内原発UPZ県内で、まずは訓練すべきではないか?



喜多:
これにつきましては、えーー、すでに平成25年度の、え、原子炉総合防災訓練に対して鹿児島県内の、
先ほどの、お、いちき串木野市でご説明したように、●としての配布をですね、ごにょごにょのなかで意識したと聞いております。


満田:
これはつまり、日置市で1箇所で配布したということで、
その後にもっと具体的な原子力防災計画が自治体ごとにたてられ、
かつ、内容もだいぶ違ってきていますよね。
それに基づく具体的な訓練というのはなされていませんよね?

ギロッ


喜多:
現在あの、これはすでにですね、えー、1月の時点ですかね、
えー、え、え、内閣府の方でですね、内閣、望月大臣(自民党望月義夫 環境大臣 内閣府特命担当大臣(原子力防災))と、えー、小里副大臣(小里 泰弘)が現地視察された際に、

睨む

現場視察で、えー、またあの、その、平成25年度のですね、鹿児島県の防災訓練というのが●
それ以降も訓練に来ていた人物をですね、我々の方も協力しているところでございます。
ですからそのなかで、今のようなお話というのは、はー、あの、検討された、ということで

ーー;
平成25年の訓練の話ですが、ヨウ素剤を飲ませるということをやったというのは、
これは何人に対してですか?


喜多:
詳細についてはですね、私ども承知していな、
あのここの部分はですね、ごにょごにょが別に当たっているということで、ちょっと私の方は●から聞いてませんけれども。

満田:
ヨウ素の平成25年以降からはやっていないということですね。
そういうことで理解いたしました。

★4 同文書では、「さらに複合災害時に備え、備蓄場所が集中しないよう方策を講じる必要がある」とある(同、4頁4行)。
川内原発では、具体的にどのようになっているのか?


喜多:
えー、これはあの、昨年の9月に取りまとめたなかに、74ページの方に
●●の備蓄状況と緊急配布というスライドがありまして、
関係市町村の施設という、役場、ですね。
ごにょごにょということで、全部で19箇所ですね。
●で配布されています。
それから、全体では96万丸ですから対象とされている人間などの住民の方が1万人ですから、
それに必要な40万丸ですかね、40万と少し超える●に対して、それに比べ、え、それ以上の備蓄をしております。

満田:
えっと、先に行きます。
2番目の質問です。
3歳児以下の乳幼児には、安定ヨウ素剤は水に溶かして服用することが必要であるため5km圏内においてすら事前配布されていない
★2−1 粉末の安定ヨウ素剤を鹿児島県の10箇所の保健所に保管し、集合場所・避難先へ持って行き飲ませることになっていると聞いていますが、集合場所・避難先には、誰がどのようにして持っていくのでしょうか?
渋滞や通行止めなどの場合を想定しているのでしょうか?



喜多:
えっとまず、ご質問の中にありましたまず、5km圏内の50世帯に配布されている保護者同伴で優先的に配布させるということで、この場合はこうせい、え、優先的というのはこれは施設危険緊急事態の段階での避難ということで、
一般的にはヨウ素剤は不要な時期であるというふうに理解しております。
それから5kmの外につきましては、先ほどもご説明がありましたように、避難先ということですが、えーー、
5割の、ま、福島の事例を考えますと、5割の2を超える可能性がありますので、
そうしますと1週間程度で避難ということになりまして、一時移転するということになりますので
その際のですね、準備をするということですので、
渋滞とか通行止めの時はその他の対応をするということで、
まずはあのーー、持っていくことが難しければ、えー、え、ヘリコプターとか、いわゆる空中とかですね。
それから通行止めなんかの場合ですと、道路をですね、さらに開くということを考えてますし、
場合によってはごにょごにょようですね、●部隊による、う、支援、といったものを考えて対応しております。


https://youtu.be/jteLd2Qecvc?t=16m9s


満田:
5km県外においては1週間以内に避難だから十分に時間があるからゆっくりやればいいと。
いざとなったらヘリコプターなどで運ぶということですね。

★2−2です。
乳幼児は被曝後、何時間後までに服用できるという想定をしているか?


喜多 :
これは「すみやかに」ということですが、先ほど言いました、ちょとあの、「被曝後」とかそういう形ではなくてですね、
え、避難先で緊急配布する、もしくは移動の途中で配布するということという考え方で基本的に作っています。
ですから「被曝後」ということにつきましては厳密には我々も答えることは難しいかと思います。

1

会場:ざわざわ

喜多:
あの、当然PAZにつきましては、えー、放射性物質が放出される前の早い段階から避難してしまいますので、
手続きについては「被曝後」ということはない
と思います。

会場:ざわざわ

満田:
じゃあ、今のお答えは、「被曝前に服用できるという想定になっている」
避難先、もしくは途中で服用するんだ、ということになっているんですね?

喜多:
えっと、ま、PAZにつきましては、ごにょごにょの前ですので、基本的には放射性物質の放出前に避難を開始しますので、
えー、そういう意味では、え、服用不要ということで、こういう形になっております。
それから、


満田:
ただ、UPZはさっき喜多さんがおっしゃったように1週間以内、あるいは500マイクロシーベルト/h.
つまり、490マイクロシーベルト/hでも最大1週間は避難しないということもあり得るわけですよね。
つまり被曝しちゃっているんじゃないですか?


2

喜多:
ええ、ですからここについてはちょっと、わたしの方からは答えることは難しいというのはですね、
えーっと、いまの指針の考え方で言いますと、えー●ですけど、規制庁の方からもありましたように、
えー、避難位置時点ですとか、避難というか、屋内退避も含めてですが、それが主たる●のものでございまして、
●調査については、その人の内部被曝のさらにそのうちの甲状腺への被曝を下げるための手法ということですので、
え…それを●するということですのでこれは被曝後ということで、被曝後という形になっていますが
何時間までに服用できるか?ということについては、ちょっと私の方では。
その時の状況によるということでしかお答えできないということです。


満田:
先に行きます。
★2−3 溶かすための乳鉢乳棒・精製水・スポイトは常備しておくということか?

喜多:
えーっと、こちらはお薬の話ですので、私の専門ではないのですが、
この安定ヨウ素剤のうち粉末の部分ですね。
粉末をですね、●ミリグラムかな?備蓄しているんですが、
これをですね、シロップに溶かして飲ませるということになっております。
そのための訓練をですね、平成25年のごにょごにょやっておりまして、そういう意味では、粉末の●ということで、
これについてもごにょごにょにごにょごにょ私は聞いております。


満田:
平成25年の訓練で(ヨウ素剤の)粉末をシロップで飲ませる訓練をしているということですね?


喜多:溶かすところまでね、その調整をしたということは聞いていない、確か飲ましていないと思います、実際に。

満田:
★2−4 安定ヨウ素剤を服用させるのは、「薬剤師ならびに訓練を受けた医療関係者及び地方公共団体職員」となっているが、川内原発の場合、具体的には何名程度を想定しているか?


喜多:
まず、安定ヨウ素剤を飲ますようなケースとしてはですね、えー、その時の状況によりますので、
ジロッ
その時に必要な人数を、ごにょごにょさせるということで、



満田:必要な人数って何人ですか?

喜多:
ですからその、避難する範囲がですね、決まりましたらそれにごにょごにょになりますが、
えーっと、21万人全てではないということで、え、考えています。
それから、え、薬剤師ならびに訓練を受けた医療関係者、地方公共団体ということになっていますとおり、
基本的には薬剤師、医師、薬剤師、でございますが、
それで不足する場合は地方公共団体職員。
それで不足する場合はですね、我々の方の、支援という形になると思います。
ですから具体的に何名という形には、我々の方も答えることは

(さっきから睨んでいる隣の隣の人のことチラ見)
2015070311264818as_2015071107085115e.png
※写真の吹き出し内の言葉はイメージです。


ーー:最大値は何人ですか?

喜多:
最大値ってちょっと、私は資料は持っていません。
ただ、21万人ではない。
21万人に対しての●ではない。

ーー:でも21万人になるかもしれないじゃない


喜多:
それから、先ほど言いましたように1週間程度ということですので、十分ではないかと思います。


満田:
つまり、何名程度を想定しているか?というのは「想定していない」ということですね。
ちなみに、薬剤師ならびに訓練を受けた医療関係者。
訓練を受けた医療関係者は今何人いるんですか?

喜多:
まだ、え、そこについては…
わたしも、鹿児島県ごにょごにょごにょについては、把握していません

ーー:いいかげんだな

満田:この訓練というのは何時行うんでしょうか?


喜多:(うつむいて無言)

満田:
はい、じゃあこれはまた後でお聞きします。

★2−5 薬剤師ならびに訓練を受けた医療関係者及び地方公共団体職員が避難先に到達できない場合にはどうするのか?


喜多:
まずは、避難先に到着できるように、
先ほど言いましたように通行手段等を確保します。

それから今言われたようにゴニョの場合の、えー、


満田:
はい。「到着できないはずはない」ということですね。
いざとなったらヘリが出動するということ、だと思います。

★2−6 訓練はしたことがあるのか?
つまりこの医療関係者ならびに地方公共団体の職員の訓練をしたことがあるのか?
したことがある場合はどのような内容か?

喜多:
これについては、平成25年度にできたということでございます。
一応わたくし、いちき串木野市でさっき調べてきたのですけれども、
えーー、2カ所でやってはいるんですけれども、いずれもそのヨウ素剤。
ここでちょっとご質問されたのは安定ヨウ素剤を溶かすということでしたので、
実際にやったかということにつきましては、えー、実際には模擬ではざいますのでゴニョ。

ーー:ん?模擬?

喜多:
模擬では。
ヨウ素剤を溶かして服用まではさせていないという意味であります。

満田:
平成25年に2カ所で訓練をしたということなんですが、
これは、場所はどことどこでしょうか?


喜多:
いちき串木野市とそれからke●×△ですから、ke●×△ですから、えーー、薩摩川内市とゴニョ、
ちょっと手元に、えーー、メモを持ってくるのを忘れましたけれども、
確か、えーー、薩摩川内市だったと、私は記憶しています。


満田:
先に進みます、3番です。
★3−1 原子力災害対策指針において、30km以遠にはヨウ素剤の「準備は不要」としていますが、
その根拠は何でしょうか?


山本要
原子力規制庁原子力災害対策・核物質防護課 山本要:
このことについては原子力規制庁の方からお答えしたいと思います。
えーっと、UPZの外(30km圏外)に於きましてはね、
プルーム通過時の防護措置が必要となる事態になる恐れがある場合にはですね、
え、放射性物質が到達する前に、ま、予防的なですね、えー、屋内避難をですね、実施すると。
いうことがですね、基本でございまして、
ま、仮にですね、福島第一原発事故のですね、匹敵する、ま、放射性物質の放出を想定したとしてもですね、
屋内避難によって、ま、充分にプルームの影響をですね、低減できる
ものと、ま、考えているところでございます。



複数の声:ええっ〜〜

山本:
安定ヨウ素剤は服用するタイミングによって、その効果は大きく異なりますけれども、
プルーム通過時の防護措置が必要な範囲、タイミングを緊急時に正確に把握することはできないこと。
またプルームの到達を観測してから、安定ヨウ素剤の服用を指示しても充分な効果が得られるものではなく、
ま、屋内退避と併用しても、ま、効果的に実施可能な防護措置とは言えない
と。
ま、このためですね、UPZの外におけるですね、プルーム通過時の防護措置として、安定ヨウ素剤の服用を求めておらず、
UPZ外の地方公共団体がそのために安定ヨウ素剤を備蓄する必要はないと、このように整理させていただいたところでございます。

山本要1


満田:
ちなみに、原子力安全委員会が行った評価によれば、
福島原発事故において、IAEAの安定ヨウ素剤服用の基準である50mSv/週の範囲は、50kmにも及んだと考えられる。
(出典:原子力安全委員会等 平成24年3月9日防WG第15−1号「原子力施設等の防災対策についての見直しに関する考え方について 中間とりまとめ(案)」P22)
というふうに記述されているんです。
それでも「屋内退避をしさえすれば充分だ」と判断されているんでしょうか?


山本:
今のご質問についてでございますけれども、
当初はですね、「中間とりまとめ」
当時の計算に使用した集計データにつきましては、
ま、これは時間あたりのですね、大気中での、え、放射性物質の放出率が「荒いもの」で、あったわけでございますけれども、
ま、現在では、その時間分担分もですね、改善しており、
ま、当時とは異なった結果である。
ま、そのように私共は理解しております。


ーー:え〜〜?

山本要3

満田:
じゃあ、30km以遠では絶対に50mSv/週にはならない、というような、なにか確固とした根拠があるということなのでしょうか?

ヒソヒソ


屋内退避で防護できる
山本:
ですから、今日一番最初にですね、申し上げましたとおり、
防護措置の中には主たるものと従たるものがあり、
その中の、主たるですね、防護措置の一つとして屋内退避をすればですね、防護措置が、防護ができると,
そう考えるところでございます。


ーー:できるの〜?

ーー:出来るわけないだろ!


満田:
えっと、ちょっと先に進みますね。
★3−2 30km以遠の自治体で、独自にヨウ素剤の配布を決めた自治体もある。
国としての財政支援は行わないのか?


28;25
喜多:
えー、こちらの方はですね、
財政支援をしています内閣府の原子力防災でございますけれども、
交付金の範囲につきましては、原子力災害対策指針の、重点的に防護対策を実施する地域ということで、
UPZの30kmが目安でございますので、
各道府県の方で地域防災計画で定められております範囲に対して財政支援をしているところでございます。
ですからこの、あー、質問であります30km以遠の自治体でですね、独自の剣とかの、県の防災計画で認められた、あー、形でのヨウ素剤ということではないということで、
これについて国としては財政的な支援を行う根拠でございますが、
原子炉対策指針の考え方に沿ったものではないということで、それは根拠がないということで、
ちょととできないということでございます。



満田:
先ほど主たる防護措置と従たる防護措置というふうにおっしゃっていたんですが、
私たちとしては原子力災害指針の策定時から、主たる防護措置も不十分であると。
いまその従たる防護措置のヨウ素剤について問題にしているんですが、
それも非常に不十分だなというふうに考えます。
そもそもその主たる防護措置を屋内退避だけというふうにしているわけですよね、UPZや。
OILを決めていますが、それも極めて高い値だと思っています。
で、予防的な屋内退避だけでヨウ素剤の準備は不要とする、その根拠がよくわからないんですが、
屋内退避を行うことによって防護できるのは、何パーセント減というふうに評価されているんでしょうか?
被曝の。

屋内退避は何パーセント被曝を少なくするの?
※写真の吹き出しの言葉はイメージです。

山本
山本:
屋内退避はですね、防護措置のワンセットで付いている現在私はデータをこの場ではお持ちしておりませんのでお答えできませんが、あの少なくともですね、皆様方がご承知の通りえー、原子力規制委員会のですね、え、検討委員会において議論がなされ、専門家の中で議論がなされですね、こういった研究がなされているという状況でございます。
さらにあの、パブリックコメントに於きましてもですね、同様のご指摘などをですね、いただいておりますけれども、
このようなお答えをさせていただいているところでございます。


満田:
パブリックコメントでも再三出したんです。
ところがことごとく無視されてしまったということなんです。
おそらく50%とか、そういったことのような記憶ですが、
屋内退避と合わせればいいじゃないですか。
なんでそこまで頑強にヨウ素剤の準備をしないんですか?
だってUPZの外も避難はあり得るとしていますよね。

これ使えるんじゃね


山本:
まず屋内退避の効果ですが、
これはちょっとこちらですね。
IAEAの影響の話でございますけれども、
ま、参考までということでございますが、
IAEAの出典によりますればですね、まあ、屋内退避の効果ということで、
遮蔽効果についてはですね、ま、木造であれば、ま、放射性プルームの何パーセント、10%低減。
そして環境(会場笑い声)の影響に対して何%か60%ということ。
石造りの建物への退避については放射性プルームの何%の影響に対して40%程度。
周辺環境中の沈着各種から何%の影響に対して80%低減。
ま、このようなものが示されているところでございます。


満田:
ここは後で確認させていただきます。
避難訓練について地元の皆さんから確認とかコメントがあったらお願いします。

https://youtu.be/jteLd2Qecvc?t=33m18s
男性:
避難訓練なんですけど、平成25年、2013年10月に参加している住民が薩摩川内市といちき串木野市だけなんです。
薩摩川内市が172人。
いちき串木野市が83人なんですよ。
それ以外の市、町は参加していないわけです。
「再稼働の前には避難訓練をやらない」と県知事が言っているんですよ。
本当にどうなるのかな?という思いで。
それで、ヨウ素剤について一番心配していたのは、
3歳以上は錠剤を配ることになっているんだけれども、市役所に保管しているだけなんですよ。
「配り方は決まってません」と。聞けば返事をするだけなんです。
それで、特に心配しているのは3歳児以下なんです。
いちき串木野市からは返答がなくて、●の保健所にあるんですね。
で、事故が発生して初めて水で溶かすという準備を始めるわけです。
で、平成25年の訓練の時には単に、担当者が溶かして作る、そこまでしかやってないわけですよ。
誰が配るのか?と。

規制委員会の指針においては、集合場所や避難所に行くことになっているんだけれども、
じゃあ、その3歳児以下についてはどうするのか?と聞いたらば、
「県の担当者が避難所に持っていきます」ということなんです。

で、県の趣味レーションがあります。
「30km圏内を抜け出すまでに最大28時間かかります」という結果なんですよ。
それは幹線道路は通行できます、というのが大前提です。
道路は使えます。
通常通り。
渋滞は発生しません!
交通事故も起きません!
そういうのを聞いてため息ばかりしか出ないという感じなんですけど、

だから本当に事故時を想定しているのか?という考えの上で、
とりあえず辻褄っていう、それもないんですよ。

これはいちき串木野市が作った原子力災害防災計画です。
当然ながら、県も●も承知だと思いますが、
安定ヨウ素剤の服用というところでは、
「服用時期、配布場所などについては、事故時に避難経路沿いの施設や救護所を中心に県と協議して決定します」
だから、事故時まで決定しないんですよ。
避難経路沿いの施設なんて、これ決まっていないんです。

これでいいんですか?
内閣府。
現状は「もうダメだと諦めるしかない」と。


満田:
ちょっと最後の質問だけ。
避難経路沿いの場所とか救護所で。
救護所も一箇所も決まっていませんでしたよね。
決まっていない所で配れるのか?という…


非常に柔軟に考えている
喜多:
救護所についてはですね、まだ具体的な場所については決まっていないということでございまして、
その、えー、そのときのですね、
これはあの、皆様方からご批判いただいている「風下へは避難できない」とかあります。
それからその、いくつも出ていますが、実際に道路が使えないケース。
いろいろ考えられていますので。
避難経路については今、現在の計画では、二つの経路をさせていただいていますけれども、
いずれの経路になるかによって、決まる場所が変わってくる可能性もあるし、
救護所につきましてもその時の状況


それからあの、避難計画も決まっていますが、
これもご批判が出ている風下側で使えないケースもあるのではないかということ。
それから今の道路の状況で使えなケースがあるのではないかということで、
必ずしも限定しているわけではないはずでございます。


この辺りは非常に柔軟に考えているというのは、あの


ーー:会場大きくどよめく



満田:じゃあ、事故が起こってから決めるということですか?

喜多:
原則の所が使えればそこですが、使えない場合は当然対応するというのが、
今までのご質問に対する回答でございます。
ですから、現在あります所というのは、たまたまというのは、特に支障がなければそちらの方に避難することになると思いますんで、
そこへ持っていくということになります。


満田:じゃあ、

喜多:
それからそれができない場合については、
えー、別の場所になりますので、ゴニョその場所に持っていくということになります。


満田:
使える場所についてはあらかじめ備蓄しておくということでしょうか?

喜多:
そういうことで今ありますのは、それぞれの保健所と、
ようするに30km相当になりますもしくはその周辺にあります保健所ですとか、
それぞれの避難先、もしくはえー、えー、すみません、
それぞれの地域の市役所、それからえー、避難先の近くの保健所といった所に備蓄されているというのが状況でございます。


満田:
備蓄されているんですか?
避難先の近くの保健所にも備蓄されていますか?


喜多:
こちらによりますと、指宿の保健所ですとか、●ですとか、●ですとか、・・
こちらの保健所にも置かれているということです。

満田:もうすでに置かれているんですか?

喜多:備蓄している都いう風に聞いておりますけれども、

満田:現在備蓄されているということですね?

喜多:というふうに、あのー、備蓄しているという風に聞いております。

満田:備蓄というのは、避難所の近くの保健所においてあるということですね?

喜多:
そうですね、30km相当の保健所に、一応そこにごにょごにょですけれども、
私が聞いているのは●の外の基本的には避難先の市町村の所を含めて、19箇所ですかね、

満田:避難先の市町村の保健所、全部で19箇所に安定ヨウ素剤が備蓄されていると

喜多:すみません、関係市町村、あの、9つの市町村です。
9つの市町村の他に10箇所の保健所。
10箇所の保健所は避難先を含めた所でございます。

ーー:粉末のヨウ素剤は県内の10箇所の保健所に3000人分保管しているということは聞いています。
問題は飲ませることが可能なのか?ということ。
本当にね、子どもの感受性は高いんでしょ?
何倍ですか?

喜多:
細かい数字までは私は承知していませんけど、
まぁ数倍だと聞いております。

ーー:35倍ぐらいだよ。


つづく








川内1号、燃料装填が完了 九電、157体原子炉に
河北新報 2015年07月10日金曜日
 
九州電力は10日未明、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉への核燃料の装填作業を完了したと明らかにした。九電は今後の検査で問題がなければ8月中旬の再稼働を想定している。東京電力福島第1原発事故を受けて施行された原発の新規制基準下で初の再稼働となる。
 
装填作業は7日から始まり、燃料を1体ずつ原子炉に入れていき、10日午前0時12分に最後となる157体目の装填を終えた。九電は協力会社の社員を含め約50人を動員し、24時間態勢で作業に当たった。
 
九電は8月10日ごろに原子炉を起動させ、8月13日前後に再稼働と定義する送電開始を予定している。





川内原発燃料装填〜住民の命より再稼働優先〜6/29川内原発避難計画に関する政府交渉(一部文字起こし)



2014年8月 原子力規制を監視する市民の会
【仰天!】「要援護者施設の避難先は決まっていなくてもよい」「避難計画は不要」!?…鹿児島県にあわせて国の指針を捻じ曲げる規制庁の無責任ぶり
「原発避難問題に関する政府交渉 in 東京」(8/21)報告

(避難計画に関して、無責任でわけがわからない喜多氏の答弁内容が書いてあります)









<福島県立医大>くも膜下出血で脳死の40代女性臓器提供




県立医大で40代女性が脳死判定 臓器の摘出手術行われる
FNNLocal (福島15/07/10)

脳死1

県立医大病院で、40代の女性が「脳死」と判定され、家族の承諾を受けて、臓器の摘出­手術が行われた。

脳死2

日本臓器移植ネットワークによると、脳死と判定されたのは、くも膜下出血で、県立医大­病院に入院していた40代の女性。

臓器提供1

法律に基づき、脳死と判定された女性は、臓器提供の意思を示していなかったが、家族の­承諾を受けて、臓器の摘出手術が行われた。

摘出された臓器は、大阪や京都などの病院に運ばれたほか、県立医大病院でも、腎臓の移­植手術が行われる。

臓器提供2

2010年の臓器移植法の改正で、家族の承諾があれば、臓器の提供が可能となり、

臓器提供3

県内­で脳死による臓器の提供は、3例目となる。






くも膜下出血。
40代で脳死。





<福島県大熊町>連絡先不明約1160人のうち、約800人が死亡〜福島第一原発中間貯蔵施設予定地の地権者〜大熊町では白血病で死ぬ人が増えている〜





所在不明の800人死亡か 中間貯蔵の地権者 連絡先把握は全面積の8割
福島民報 2015年6月27日

東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設予定地の地権者で連絡先が把握できていない約1160人のうち、約800人が死亡しているとみられることが26日までの環境省の調べで分かった。同省は地権者に応じた対応方針を基に用地交渉を前進させる考えだが、相続人の把握などさらなる難航は避けられない見通し。連絡先を把握している地権者の所有地と、国などの公有地を合わせた面積が、予定地全体の8割を占めることも明らかになった。

地権者の内訳と対応方針は【表】の通り。26日に東京都内で開かれた放射性物質汚染対処特措法施行状況検討会の席上、同省が示した。
 
死亡したとみられる地権者のうち、死亡が判明しているのは約500人で、残りの約300人は登記記録の年代から死亡したと推測されると判断した。同省は、死亡した地権者の相続人の連絡先確認を進めているが、土地などが分割されて相続されるケースもあり、用地交渉件数がさらに増えることも予想されるという。
 
連絡先を把握している地権者約1210人の所有地の面積は合わせて約10.2平方キロで、国などの公有地の面積約2.3平方キロを加えると、予定地面積約16平方キロの8割を占める。同省は用地交渉の担当者を、連絡先を把握している地権者と、把握できていない地権者の担当に分け、連絡先を把握している地権者への説明を着実に進める方針。

( 2015/06/27 09:59 カテゴリー:主要 )

phpThumb_generated_thumbnail_20150710063806b9f.jpeg



全部の地権者が2365人。
そのうち連絡が取れない地権者が1160人。
800人が死亡で360人が連絡とれず。
現在連絡が取れない360人ももしかしたら重病か死亡している可能性だってある。

800人の地権者が死亡していることは言わないが、同じ内容の福島でのニュース。
ただ、上記の新聞記事では地域が特定できなかったが、↓でわかった。

竹下復興相、大熊町の復興拠点視察「廃棄物早期運び出しが必要」
FNNLocal (福島15/06/29)

v1

福島・大熊町の復興拠点を視察した竹下 亘復興相は、復興には、廃棄物の早期の運び出しが必要との認識を示した。
大熊町の復興拠点の建設予定地。

v2.png

大熊町大川原地区の復興拠点は、2015年内の着工を目指している。

v3.png

しかし、廃棄物を運び込む中間貯蔵施設をめぐっては、1,000人を超える地権者と連­絡が取れないなど、交渉が難航していて、除染で出た廃棄物は、置かれたままとなってい­る。
こうした状況を視察した竹下復興相。
復興拠点の整備を前に進めるためには、中間貯蔵施設の本格的な運用を急ぐ必要があると­の認識を示した。

v4.png
竹下復興相は「中間貯蔵施設をしっかりと動かして、除染で出た廃棄物の運び出しを急が­ないといけない。環境省の尻をたたいてでもやらないと、復興が進まない。なんとしても­やってくれと、要望を続ける」と述べた。
大熊町は、5年後をめどに、復興拠点を完成させる方針で、国や県などが、中間貯蔵施設­の地権者とどう交渉を進めていくか、 難しい問題が残されている。





大熊町だった。


大熊町では白血病で沢山死んでいる


あの、いまここにちょっと資料があるんですけど、
郡山市富久山町。
私の甥っ子も自主避難しています。
ここは、セシウム137は22万ベクレルです。
セシウム134は5.5万ベクレルです。
それで、ここに住めって言うんですか?
これは郡山の実態です。
あと福島も同じです

皆さん帰りに、私はプリントをしてきましたので。
間違えてカラーコピーしちゃったんでお金かかりましたけど。
だけどこれが、米沢も大変なんです。
米沢、福島、この実態で皆さん「帰れ」と言われますか?
自分の息子さんとか自分の娘さんとか、皆さん帰らせられますか?
いまはわからない。
だけど将来においてどのようなことになるかわからない。

たとえば大熊町なんか、いま私の周りでなぜか白血病が増えています。
白血病の方が女の人も男の人も死んでいます。
「これはどういうことですか?」と、私は言いたいです。


福島県が、大熊町が、勝手に原発を引き受けたんだから、あなた方はそのままそこにいろ、なんて話はないですし、
福島県をなくしたくないから、たぶん内堀(福島県知事)さんは「帰れ帰れ」と言われていると思うんですけれど、
ここの国の主権者は国民です。
主権者が悲しんで苦しんでいるのに、なぜ主権者の話にきちんと耳を傾けてくれないんでしょうか。

いまこの場で帰したら、あなた方本当に大変なことになりますよ。
これは罪ですよ、本当に。
罪と罰で、将来どのような罰を受けるか、これはわからないです。
大きくなった子供たちが、もしかしたら国に対してものすごく反抗する人を育てていくようなものじゃないかなと、私は常々思います。

住宅の、
線量がこんなに下がらないんだから本当に、きちんと補償してください、お願いします。


※上記動画はここから→避難者への無償住宅供与および避難指示解除方針に関する政府交渉
2015年7月2日
https://youtu.be/dtlH7tQaOys?t=3m37s


表に出てこないだけで、原発事故以降多くの人々が死んでいる。

浪江町でも、同じようなことが起こっているようだ。


和解前の死亡343人に 浪江町の原発事故ADR
河北新報 2015年07月02日木曜日
 
東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県浪江町約1万5千人が慰謝料増額を求め原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、町は2日、申立人のうち343人が5月末までに亡くなったと明らかにした。センターは賠償増額を認める和解案を示しているが、東電は拒否し続けている。
 
昨年11月末時点で申立人のうち238人が死亡しており、その後も高齢者や避難生活で体調が悪化した人ら、和解を見届けずに亡くなった人が増えた。町は速やかな和解案の受け入れを東電に求めている。




昨年12月〜5月末で105人死亡していることになる。

浪江町住民集団申し立て 東電、和解案あらためて拒否
FNNLocal (福島15/07/02)

namie 1

和解案について、東京電力があらためて拒否した。
福島・浪江町は、2日の全員協議会で、6月29日に行った東京電力との損害賠償の交渉­について、議員に説明した。

namie2.png

これは、浪江町の住民およそ1万5,000人が、東京電力に対し、損害賠償の増額を求­めたもので、国の紛争解決センターは、現在の月額10万円に5万円の増額をする和解案­を示している。
しかし、東京電力は、この和解案について、あらためて拒否する意向を示したという。






相次ぐ死亡〜登山中意識を失い…(岩手)





登山していた女性が意識失う 防災ヘリで救助も搬送先で死亡
FNNLocal (岩手15/07/04)

3日、岩手・西和賀町の和賀岳で、登山をしていた67歳の女性が意識を失い、防災ヘリ­に救助されたが、搬送先の病院で亡くなった。

1

死亡したのは、青森・十和田市の無職・西村光子さん(67)。
警察によると、西村さんは3日午後4時半ごろ、登山仲間2人と西和賀町の和賀岳を下山­中に、意識を失って倒れたという。
西村さんは、およそ2時間後に防災ヘリによって救助されたが、搬送先の病院で死亡が確­認された。

2

西村さんに目立った外傷はなく、病死したとみられている。
西村さんは、3日午前8時半ごろに登山を始めたが、数時間後に体調不良を訴え、仲間と­別れて、途中で休憩していたという。
夏山シーズンが始まり、警察では、登山の際は、体調管理にも注意するよう呼びかけてい­る。




2日後

奥州市の焼石岳で登山中の74歳男性が意識失い死亡 病死か
FNNLocal (岩手15/07/05)

5日朝、岩手・奥州市の焼石岳で、登山をしていた74歳の男性が意識を失い、亡くなっ­た。
県内では、3日も、下山中の60代の女性が倒れ、亡くなっている。

やま3

亡くなったのは、北海道・北斗市の無職・安間 元(あんま・げん)さん(74)。
安間さんは5日午前5時30分ごろ、仲間13人と奥州市の焼石岳を登り始めたが、入山­から20分ほどたった所で体調不良を訴え、意識不明の状態になったという。
その後、搬送先の病院で、死亡が確認された。

やま4

安間さんに目立った外傷はなく、病死とみられている。
県内では、3日も、西和賀町の和賀岳を下山していた60代の女性が意識を失って亡くな­っている。
本格的な夏山シーズンを迎え、警察では、登山の際には十分な休息を取り、体調管理に注­意するよう呼びかけている。





郡山市のアパートで生後1カ月の男の赤ちゃん死亡〜遺体に外傷なし

郡山市のアパートで生後1カ月の男の赤ちゃん死亡
FNNLocal (福島15/07/08)

福島・郡山市のアパートで、生後1カ月の男の赤ちゃんが死亡しているのが見つかった。­警察が、死亡した経緯を慎重に調べている。

郡山1

死亡していたのは、郡山市横塚のアパートに住む、生後1カ月の佐藤心星(しんせい)ち­ゃん。
警察によると、7日午後6時半ごろ、ベビーベッドで心星ちゃんがぐったりしているのを­、帰宅した父親が見つけて、119番通報した。
救急車が駆けつけた時、心星ちゃんは、すでに心肺停止の状態で、およそ2時間後に死亡­が確認された。

郡山2

一夜が明けて、アパートでは、両親が立ち会っての現場検証や、聞き込み捜査が行われた­。
近所の住民は「きのう、救急車が来たのでわかったが。亡くなったとは、わからなかった­」と話した。

捜査関係者によると、父親の帰宅前まで、1人で世話をしていた母親は、心星ちゃんの様­子について「泣き声が聞こえなくなって、静かになったと思った」と話しているという。
遺体には目立った外傷はなく、今のところ死因は特定されていないという。
警察では、心星ちゃんが死亡した経緯を慎重に調べている。




福島市の米基準値超え195ベクレル/kg




福島市の農家で生産した自家消費用のコメが基準値超え
FNNLocal (福島15/07/09)

米1

福島のコメを安心して食べてもらうための生命線、コメの全袋検査。1kgあたり100­ベクレルの基準を超えたケースは、2012年度が71件、2013年度が28件と、徐­々に減り、2014年度は0件と、基準超えのコメはなしと思われていた。
しかし、9日になって、1件の基準超えが判明した。

米3

農家が自分の家で消費するため、除染などの対策をとらずに作付けしたコメだった。
基準値を超えたコメが見つかったのは、福島市飯野町。

米4

6月29日、ある農家が測定所に持ち込んだ玄米から、1kgあたり、195ベクレルの­放射性セシウムが検出された。

米5

2014年、この地区で基準を超えたコメはなく、農家は驚きを隠せない。
農家は「信じられない。だんだん少なくなってきたと、みんな喜んでいる時期だから」と­話した。
なぜ、今になって基準超えがわかったのか。

9日午後、コメの検査を担当する福島市が、緊急会見で経緯を明らかにした。
基準超えのコメは、農家が自分の家で消費するために作付けしたもので、全袋検査には出­していなかった。
福島市では、農家に作付けをするかどうかの意向調査を行い、「作付けする」と回答した­農家に、放射性物質の吸着剤を配布しているが、この生産者は「作付けしない」と回答。
その後、知人から譲り受けた苗を、除染をしていない水田に作付けしていた。

米6

福島市の担当者は「本人も、このような高い数値が出たことに、驚きと戸惑いを感じてい­る」と話した。
福島市では、周辺の水田で収穫されたコメは、全袋検査で基準を超えたものはなく、除染­をせずに作付けしたことが原因とみている。






「10μSv/hまで外で遊んでも大丈夫」と事故直後から言っている御用学者高村昇が相談受付支援センターを開所(川内村)




川内村に放射線に関する相談受けつける支援センター開所
FNNLocal (福島15/07/09)

大学などと連携し、放射線被ばくの対策や、住民の相談を受けつける新たな支援センター­が、福島・川内村にオープンした。
高村昇

長崎大学の高村 昇教授
福島の震災からの復興の1つの、ま、あーー、
住民と、行政と、ま、専門家がですね、一体となって復興を進­める、
ひとつの、ま、モデルケースとしてですね、評価を、あ、していただいております。

安心

新たに開所したのは、東日本大震災後、県内で放射線対策や支援を行っている長崎大学と­、公益財団法人が協力して設立した支援センター。

センターには、村で2台目となるゲルマニウム半導体検出器が導入され、住民たちが農地­の土壌や水を持ち込んで、詳細な調査を行うこともできる。

また、コミュニティースペースとして、住民に利用してもらい、放射線に関する、さまざ­まな相談を受けつけるという。

安心2

川内村には、震災後、長崎大学から派遣された保健師が常駐していて、今後はセンターと­ともに、住民の支援をさらに進めていくことにしている。




高村昇という方は山下俊一と一緒に
2011年事故直後から福島で「福島の線量は体に影響はない」と活動している人です。

福島市の広報紙「市政だより」4/21に疑問がいっぱいです
福島市の広報紙 2011年4月21日

ここに住み続けて大丈夫?
「健康リスクが出ると言われる100mSvまで累積される可能性はありません。
そして同じ100という線量でも、1回で100受けるのと、1を100回分けて受けるのとでは影響が全く違います。
少しずつならリスクははるかに小さいのです」

小学校の子供について
「1時あたりの空間線量が10マイクロシーベルト以下であれば外で遊ばせて大丈夫です
もちろん普段通りの通学も問題ありません」

「洗濯物についても、取り込む時に少し丁寧に埃を払う程度で問題ありません。布団干しも同様に大丈夫です。
換気システムを切るなど神経質になる必要はありません」




事故直後の福島市の広報紙から現在に至るまで福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーのままでいます。

福島民報の「放射線 放射性物質 Q&A」アーカイブでは、様々な質問に高村昇さんが答えていますので、どのようなことを言っているのか、見てみるのもいいかもしれません。
このような人に相談しても、何の解決にもならないだけではなく、さらに事態の悪化を招くだけだと私は思います。


<楢葉町避難解除>高木陽介副経済産業相「放射線を安心と思うかは心の問題だ」

楢葉町避難解除へ:副経産相「安心は心の問題」
毎日新聞 2015年07月06日 22時24分(最終更新 07月07日 09時14分)

20150707k0000e040153000p_size6.jpg
福島県楢葉町議会の全員協議会で「避難指示解除の環境は整った」と語る政府原子力災害現地対策本部の高木陽介本部長=楢葉町で2015年6月17日、栗田慎一撮影


帰れぬ避難解除地区 分断された生活圏
 
政府の原子力災害現地対策本部(本部長・高木陽介副経済産業相)は6日、東京電力福島第1原発事故(2011年3月)で全町避難となった福島県楢葉町に、避難指示を9月5日午前0時に解除すると伝達した。
町民の間には水道水源のダム湖に高濃度の放射性セシウムが沈殿したまま解除されることへの不安が強いが、高木氏は伝達後の記者会見で「安心は心の問題だと思う」と述べ、町民の間に不信感が高まっている

政府は先月、「8月のお盆前」の解除方針を示していたが、町議会や町民から「生活環境の整備が不十分」との反発が強く、無料バスの運行本数拡大など「追加支援策」の準備を理由に約1カ月間遅らせた。
避難指示の解除は昨年4月の田村市都路(みやこじ)地区、同10月の川内村東部に続き3例目で、全町村避難の県内7町村では初。
政府は楢葉町を双葉郡復興の拠点と位置づけ、残る自治体の避難指示解除を急ぐ。

一方、会見で水道水源を巡る町民の不安について質問された高木氏は、水道水の放射性セシウムは検出限界値未満であることなどを指摘し「放射線の考え方は人それぞれ異なる。安心と思うかは心の問題だと思う」と述べた。

この発言に町民は反発を強めている。帰還に向け住宅再建を終えた60代男性は「帰る気持ちがうせる発言だ。住民の自己責任だと言うつもりだろうか」と批判した。50代女性も「古里に戻りたいという気持ちを理解できるのなら、あんな発言は出てこない」と話した。【栗田慎一】


 ◇安全への不信、帰郷の壁

「やっぱり政府は信用できない」。楢葉町から避難し、小学3年の一人息子と実家のある東京都武蔵野市で避難生活を送る遠藤昇さん(43)がため息をついた。
町民の安全・安心を求める声に、政府が耳を傾けていないと思うからだ。

震災直後、妻克子さん(40)は仕事の都合で単身、福島県いわき市にとどまった。
一方、楢葉町内の「道の駅」で調理師として働いていた昇さんは、幼稚園児だった長男昇汰君(9)の健康を考え「父子避難」を決めた。

昇汰君は今、避難先の学校が楽しくて仕方ない。
仲の良い友達がたくさんできて「武蔵野の学校を転校したくない」と言う。
震災から4年以上たち、避難生活が日常生活に変わりつつある。

一方で、「古里に帰って家族で暮らしたい」との思いは日に日に強まる。6月下旬に政府が東京で開いた解除に向けた住民懇談会に昇汰君を連れて参加したのは、息子にも楢葉の現状を知ってもらい、帰郷への思いを忘れないでほしいとの願いからだった。

しかし、政府の対応には違和感を覚える。
水道水源のダムの底には1キロ当たり1万ベクレル超の放射性セシウムが沈殿しているとされる。

昇さんは訴える。「政府に水道に使う上水は安全だと言われても安心できますか。子を持つ僕らの世代が戻らないと、古里は復興しない。だからこそ、戻りたいし、政府には安全な環境を全力で整えてほしい」【栗田慎一】





<それでも安全です>楢葉町木戸ダムの底にはセシウムが1万5000ベクレル/kg

そして、高木本部長は、実際に浄水場で処理された水を飲んで安全性をアピールしていました。
木戸ダム6





楢葉に帰っても 日常戻るのか 国、夏にも避難指示解除

2015年7月5日

東京電力福島第一原発事故ですべての町民が避難を強いられている福島県楢葉町で、国は避難指示を今夏にも解除する方針を示している。理由は「生活できる環境は整った」という。だが、町の現状を見る限り、暮らしに欠かせない水や田畑の汚染、買い物や通院の不便など、住民が納得して町に帰ろうと思える状態になったのか、疑問が残る。 (大野孝志、山川剛史)

クリックすると大きく見ることができます↓
IMG_0930.jpg



続きを読む